「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the CHART

レコード産業が確立した1919年、ジョージ・ガーシュインが「スワニー」を作曲

2018.08.23

Pocket
LINEで送る

「TAP the CHART」126回は、1919年を取り上げます。

【1919年のTOP 10 HITS】
❶Till We Meet Again / Henry Burr & Albert Campbell
❷Beautiful Ohio / Henry Burr
❸Oh! What a Pal was Mary / Henry Burr
❹I’ll Say She Does / Al Jolson
❺A Pretty Girl is Like a Melody / John Steel
❻I’m Forever Blowing Bubbles / Ben Selvin
❼After You’ve Gone / Marion Harris
❽I’m Forever Blowing Bubbles / Henry Burr & Albert Campbell
❾Till We Meet Again / Nicholas Orlando
❿O Death, Where is Thy Sting? / Bert Williams

*参考/Joel Whitburn監修『Pop Memories 1900-1940』。ナンバー1ヒットのうち、1位の獲得週が多かったもの順に掲載(同点の場合、チャートに留まった週が多い方を優先)。

【1919年の主なヒットや音楽的出来事】
○マリオン・ハリスの「After You’ve Gone」


○アル・ジョルソンの「I’ll Say She Does」

○ベン・セルヴィン楽団の「I’m Forever Blowing Bubbles」

○ジョン・スティールの「A Pretty Girl is Like a Melody」

○ヘンリー・バーがヒットを連発。

○ジョージ・ガーシュインが「Swanee」を作曲・出版。翌年にアル・ジョルソンが取り上げて大ヒット。ガーシュインはこれでティン・パン・アレーで人気ソングライターの仲間入りを果たした。
○コロンビア、ヴィクター、HMVグラモフォン、エジソンなどレコード産業が確立。

【1919年のナンバー1ヒット】○内数字は獲得した週。
O Death, Where is Thy Sting?/Bert Williams ②
After You’ve Gone/Marion Harris ③
Till We Meet Again/Henry Burr & Albert Campbell ⑨
Till We Meet Again/Charles Hart & Lewis James ①
Till We Meet Again/Nicholas Orlando ②
Beautiful Ohio/Waldorf-Astoria Dance Orchestra ①
Beautiful Ohio/Henry Burr ⑨
I’m Forever Blowing Bubbles/Henry Burr & Albert Campbell ②
I’ll Say She Does/Al Jolson ⑥
It’s Nobody’s Business But My Own/Bert Williams ②
A Pretty Girl is Like a Melody/John Steel ⑤
I’m Forever Blowing Bubbles/Ben Selvin ④
Oh! What a Pal was Mary/Henry Burr ⑥

1919年のナンバー1ヒットは13曲。

年度ごとの音楽の出来事やヒットが分かる!〜TAP the CHARTのバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[TAP the CHART]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ