「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the SONG

石田長生が初めて日本語のブルースを感じたという西岡恭蔵の「プカプカ」

2017.07.08

Pocket
LINEで送る


ギターが歌えるということを石田長生に教えてくれたのは、ジャズのケニー・バレル・トリオによる演奏だった。
1970年の初来日コンサートを観に行った高校生の石田はその時に、サイドメンとして同行していたジム・ホールの演奏に驚かされたのだった。

「ギターが歌をうたっているのに驚いたんや」


ジム・ホールのように歌うギターを目指してジャズの道に進んでいった石田を、ブルースの道へと導いてくれたのはB.B.キングである。
その時のライブ盤は日本で発売された。



1971年の来日公演で体験したB.B.キングの強烈なチョーキングテクニックと、歌ったり泣いたりしているギターのテクニックに圧倒されて、石田はブルース・ギタリストとして生きようと道を定めたという。

それからはギター一筋に励んで切れ味のいいビート感とテクニック、ブルースマンの精神と音楽への情熱で、関西では引っ張りだこのギタリストになっていった。

どんなときも気取りもてらいもなく人の温もりを漂わせている自然体の石田は、ジャンルを横断してミュージシャンやシンガーと出会いながら、”石やん”の愛称でプロデューサーとしても活躍した。
そしてキャリアを積むにつれてギターを弾くだけでなく、自分でもたくさんの歌をうたうようになっていった。
さらにはソングライターとしても活動するなど、決して長くはなかったがじつに充実した生涯を終えたのだった。

1995年に出た個人的史的な選曲のアルバム『JUKE BOX』は、好きな歌をうたったフェイバリット・ソング集を思わせる作品だ。



石やんは23歳の時に半年間、アメリカに渡ってテネシー州のメンフィスに住んでいたことがある。
メンフィス・ソウルのBooker T & The MGsによるインストルメンタル曲「THE HORSE 」で始まり、2曲目にRCサクセションの「トランジスタ・ラジオ」へと続く流れは、忌野清志郎と石やんに共通する音楽のルーツだったメンフィスつながりによる選曲だ。

そして「トランジスタ・ラジオ」のイントロは、先ずアニマルズの「朝日のあたる家」から始まる。
さらには歌の中で10数曲、石やんは自分が実際にラジオで聴いていた頃のヒット曲のフレーズを織り込んで、ギターで楽しませてくれる。

4曲目に入れたブルーハーツの「青空」ついては、ライナーノーツにこんな出会いを書いていた。

偶然、ホテルの部屋で見たテレビの番組。
若いバンドがスタジオ・ライブをやっていた。
ボーカルの奴は舌をペロペロ出したり、目をぎょろつかせて飛び跳ねていた。
そしてこの曲を演った。
次の週、この曲が入っているCDを俺は買った。


憧れていたザ・バンドの代表曲「ザ・ウェイト(THE WEIGHT )」では、バンに楽器とメンバーを積んで日本中を蟻のように這って廻ったツアー生活を歌詞にしている。

 The Weight (日本語詞:石田長生)

 辿り着いたのは 小っぽけなホテル
 この街に泊まろう 旅はまだ続く
 Hey! Mr.フロント 部屋はあるかい
 笑顔が答える 満室でございます
 荷物が重い 俺の肩に 
 今夜だけは ゆっくり眠りたい


それを忌野清志郎の直弟子にあたる三宅伸治と、ブルーハーツの甲本ヒロトをゲストに迎えて存分に歌う。



アルバムの最後を飾ったのはザ・ディランⅡの西岡恭蔵が書いて、仲間たちの間で歌い継がれてきた名曲の「プカプカ」だった。
最初はシングルのB 面で発表されたザ・ディランⅡの「プカプカ」は、今ではすっかり日本の代表的なスタンダードになっている。
石やんはライナーノーツにこんな文章を残してくれていた。

ベトナム戦争、学園闘争、ヒッピーブーム。
あの頃は決して明るい時代じゃなかった。
ギタリストの俺は色んなシンガー達と演奏した。
西岡恭蔵さんとその頃逢った。
彼のこの曲に始めて日本語のBLUESを感じた。


そう、石やんにとっては1972年に発表された「プカプカ」こそが、日本語でブルースを感じさせた最初の曲だったのである。


ちなみに「プカプカ」のA面だった「男らしいってわかるかい」は、ザ・バンドの「アイ・シャル・ビー・リリースト」に日本語詞を付けた曲だ。
そしてザ・バンドの1stアルバム『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』に、「ザ・ウェイト」とともに収められていた。

聴きたい人がいて、歌いたい人がいるかぎり、歌は決して死ぬことはない。
石やんのギターと歌声による「プカプカ」にも、いつまでも生きていてほしいものだ。


「プカプカ」についてのコラムは、こちらからご覧いただけます

(1)「プカプカ」のモデルとなったのは激動の時代を駆け抜けたジャズ・シンガーの安田南だった
(2)カウンター・カルチャーが台頭した70年代「プカプカ」を歌い継いだのは役者やダンサーが多かった
(3)「プカプカ」を歌っただけでなくアンサーソングまで作った女優の桃井かおり



(このコラムは2015年7月17日に公開されたものです)


石田長生『The Best of Ishiyan』
ZICCA RECORDS

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[TAP the SONG]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ