「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

Extra便

初来日したカーペンターズが屈辱を味わった日本武道館における第1回世界歌謡祭

2018.01.12

Pocket
LINEで送る

1970年11月20日から日本武道館で開催された第1回東京国際歌謡音楽祭(世界歌謡祭)は、日本で初めて行なわれた国際的なポピュラー音楽コンテストである。
世界の38か国から選ばれた44アーティストが参加して、コンテストのために作られたオリジナル曲を競うという試みだった。

司会は坂本九と作家の藤本義一、監修役の音楽プロデューサーとして名を連ねたのは石丸寛、いずみたく、中村八大、服部克久の4人。
この音楽祭の意義について、服部克久は事前に「日本のポピュラー曲を世界という鏡にうつして、その位置を知る貴重な機会」だと語っていた。

大きな円形舞台の中央には原信夫とシャープス・アンド・フラッツ、宮間利之とニューハードが揃っている。
日本を代表するビッグバンドとオーケストラを作曲者が指揮し、歌手が歌って2日間の予選を行なう。
その合格者によって最終日に本選が行われて、グランプリを競うという仕組みだった。

審査員のなかに音楽の専門家をがいないという審査方法は、このイベントを企画したヤマハ音楽振興会の会長だった川上源一の発案である。
海外参加国の各大使館から推薦された17人、日本の協賛企業各社推薦による27人、合わせて44人の審査員はいずれもアマチュアの音楽愛好家だった。

普段からプロの音楽家の多くがコマーシャリズムに毒されていると感じていた川上は、音楽業界内のヒエラルキーなどに関係なく、アマチュアの審査員が素直に自分の感性で判断することによって、ほんとうにいい楽曲が発見されることを望んでいた。

11月20日(金)予選 16:00開場18:00開演21:00終演
11月21日(土)予選 16:00開場18:00開演21:00終演
11月22日(日)本選 11:00開場13:00開演17:00終演

初日のコンテストで花をそえたゲストは伊東ゆかり、ピンキーとキラーズ、アメリカから迎えたThe Original Cast(オリジナル・キャスト)、そしてCarpenters(カーペンターズ)の4組だった。

初来日のカーペンターズは7月22日に「遙かなる影(Close to you)」が全米チャートで1位になったばかりで、続く「愛のプレリュード(We’ve Only Just Begun)」もヒットし、アメリカではもっとも旬で有望な若手アーティストだ。
ただし日本ではまだほとんど名も知られていない状態で、来日したのはリチャードとカレンのほかにはバンドのメンバーとマネージャーだけで、いつも一緒に仕事をしているステージ・クルーが同行していなかった。



20日は大型イベントの第1回目で初日ということもあって、開演時間から進行に大幅な遅れが出て始まった。
そして終演予定が21:00だったのに、カーペンターズに舞台が用意されたのは10時をまわっていたという。

ステージ上ではメンバー自らが大急ぎでセッティングする有様で、キングレコードの担当ディレクターだった寒梅賢氏がこう回想している。

ステージングをみていた私のところに、「カレンが呼んでいる」との声がかかり、飛んで行ったところ、ドラムスのセッティングを手伝って欲しいとの頼みでした。二人で金づちを持ち、創り上げました。楽しかった。


だが、楽しいのはそこまでで、それからは悪夢のような体験になったという。
8000人ほどいた観客は世界歌謡祭を見に来た一般客と協賛企業に関わりのある人たちで、カーペンターズの名前を知っている人がほとんどいなかったのだ。
寒梅氏の言葉を続ける。

確かではありませんが、カーペンターズの音が出たのは夜10時半過ぎ。恐ろしい光景が始まりました。今では考えられませんが、カーペンターズの演奏が始まった途端、お客が帰り始めたのです。帰りの電車のこともあったのでしょう。私はその時、ステージ横にいたのですが、ステージからは武道館の階段を出口に向かって歩くお客の後ろ姿しか見えません。長く音楽業界に生きてきて、一生一に回の経験でした。


しかし、そうした屈辱を味ったにもかかわらず、カーペンターズのライブは見事なものだったという。
彼らは自分たちが日本に来た真の目的を忘れずに、最悪ともいえる状況の中で全力を尽くしたのだ。

ほとんど帰ってしまったお客の他に音楽業界のオピニオン・リーダーたちがいました。音楽評論家、ラジオ・ディレクター、TVディレクター、日本のミュージシャン、作曲家、アレンジャーの先生方です。皆の想いは一つ。レコードであの完璧ナサウンドがライブで実現できるかどうか、でした。リチャードは素晴らしかった。あの音がしっかり出ました。


寒梅氏はその日の体験で、「日本でナンバー1にして見せる。一人も帰らない武道館コンサートをやって見せる」と固く決心したと述べている。

ところで3日間にわたって行われた「世界歌謡祭」の最終日には、予想だにしなかった大番狂わせが起こった。
観客から圧倒的な拍手を浴びて本命視されていた雪村いづみの「涙」が、なぜか準グランプリの最優秀歌唱賞に終わったのである。

そして全員がアマチュアの審査員によってグランプリに選ばれたのは、イスラエル代表のヘドバ&ダビデという無名のデュオがヘブライ語で歌った「ANI HOLEM AL NAOMI(I Dream of Naomi)」だった。

翌日の東京中日スポーツ新聞にはこんな記事が掲載された。

「まさに絶唱いづみ」
全般には多くの問題点を残す

イスラエルから参加した「ナオミの夢」がグランプリを獲得したことは、いささか意外の感をまぬがれなかった。
「ナオミの夢」は、たしかに明るい感じのテンポのある曲だが、ほかにはこれという取りえがない。アマチュアばかりで構成された審査員団のひとつの限界が、このグランプリ曲になってあらわれたといえるだろう。
しかしそれにしても、参加四十四曲、あまりにも同じような曲が多すぎた。ロックのエイト・ビートに、メロディーははじめたんたんと後半急速に盛り上がっていく、いわゆるカンツォーネふうのものが、全参加曲の八割以上。入賞と歌唱賞を同時に受けたユーゴスラビアの「夢の世界」など、その典型的な例で、こうまで同じ曲調のものばかり並ばなければ、十分グランプリの可能性もあった。招待国を決めるテープ審査の段階で、もうひと工夫ほしかった。
歌唱賞のグランプリをとった雪村いづみの「涙」(中村八大曲)は、場内の感動をさそったベストワン。ヨーロッパの映画音楽を思わせる美しいメロディーと巧みな伴奏アレンジが伴って、武道館という大きな会場を考慮にいれた中村の計算も、みごと成功。雪村いづみも絶唱というにふさわしく、私個人としては、この曲に作曲のグランプリも贈呈したい。
(牛窪成弘)


コンテスト終了後に東京で日本語の詞を加えてレコーディングが行われた「ナオミの夢」は、翌年の1月25日に発売されるとオリコンのチャートで1位を記録する大ヒットになった。

1970年の時点でカーペンターズを発見できなかった日本は、”明るい感じのテンポのある曲だが、ほかにはこれという取りえがない”と新聞に評された「ナオミの夢」を選んだのだ

カーペンターズの魅力に日本の音楽ファンが気づくのは、それから2年後のことになる。




<参考コラム>
寒梅賢氏の発言は、以下のコラムによるものです。
初来日したカーペンターズの武道館での“明”と“暗” 【大人のMusic Calendar】

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[Extra便]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ