TAP the ROOTS

「思い出のサマーブリーズ」とともに平穏なひとときを

2017.08.17

Pocket
LINEで送る

 ジム・シールズとダン・クロフツは1950年代後半から音楽活動をしていた。テキサス出身の彼らが参加していたグループ、チャンプスは1958年に「テキーラ」というヒット曲を残している。



 だが、1965年にグループが解散すると、ふたりはセッション・ミュージシャンとして様々なアーティストと活動するようになる。
 そのうちのひとりが、ジーン・ヴィンセントだった。
 1956年に「ビー・バップ・ア・ルーラ」を大ヒットさせて一躍時の人となったジーンは、エディ・コクランやバディ・ホリーなどと一緒に、イギリス・ツアーを行っている。デビュー前のジョン・レノンやポール・マッカートニーも観客の中にいた。だが、彼らに影響を受けたビートルズなどのイギリスの若いバンドがアメリカに上陸する頃には、ジーンの人気にも陰りが見え始めた。
 ブリティッシュ・インヴェイジョンと呼ばれた時代である。ビートルズがアメリカ上陸を果たした1965年は、まさしくシールズ&クロフツが参加していたチャンプスが解散した年に重なる。グループを失ったふたりと、往年の人気を失ったかつてのロカビリースターの組み合わせでは、幸運が訪れるはずもなかった。
 ビートルズの解散が近づいた1969年。もしくは、イーグルスが「スピリッツがなくなった」と象徴的に歌った1969年、ふたりはシールズ&クロフツとしてデュオでの再スタートをはかる。



だが、ヒット曲に恵まれるのは、3年後のことだった。


ごらん
窓のカーテンが揺れている
金曜の晩
窓の向こうには微かな明かり
何の問題もないことを知る


「思い出のサマーブリーズ」は、激動の60年代を乗り越えたアメリカの、ほんのひと時の平和を思わせる曲である。


サマーブリーズ
ステキな気分
僕の頭の中
ジャスミンの中
吹いてくる


 ジャスミンは夏の花だ。
 夏。金曜日の夕刻。家には明かりが灯り、優しい家族と週末が待っているという幸福。
「とてもシンプルな歌だよ」とジム・シールズは、メロディ・メーカーのインタビューで語っている。「仕事から帰ってきた男が犬の鳴き声を聞く、みたいなね。多くの人が安心を求めているのさ」

 不穏な夏だからこそ、平和な歌を聞きたくなるのだ。



Seals & Crofts『Summer Breeze』
Warner

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

    関連記事が見つかりません

[TAP the ROOTS]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑