TAP the SCENE

ティファニーで朝食を〜名曲「ムーン・リバー」を歌ったオードリー・ヘプバーン主演作

2018.05.09

Pocket
LINEで送る

その印象的なタイトル、そしてオードリー・ヘプバーン主演作として知られ、映画ファンをはじめ今も多くの人々から愛され続ける『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany’s/1961)。

ヒロインのホリー役には当初セクシーで色気漂うマリリン・モンローという話もあったが、娼婦という設定に女優生命に傷がつくという理由で断られてしまう。そこで今度はオードリーにこの役がまわってくるのだが、彼女はモンローとは真逆の可愛らしく気品がある妖精のようなイメージ。

こちらも当然のように代理人からは難色を示されるが、1958年に発表されたトルーマン・カポーティの原作小説を映画用にアレンジした独自のストーリーが魅力を放ったこともあり、結果的に30歳代に突入したオードリーのキャリアを磨くことに成功した。

この映画の名シーンと言えば、何よりもあの冒頭の光景を思い浮かべる人が多い(上画像)。早朝、NY5番街のティファニー本店前でコーヒー片手にクロワッサンを頬張るオードリーの姿に、ヘンリー・マンシーニの甘美なメロディ「ムーン・リバー」が重なるあのシーン。

長い映画史に残る秀逸なオープニングだ。これだけで『ティファニーで朝食を』はロマンチック・コメディのクラシックに到達したと言っても過言ではない(ちなみにこのシーンは撮影初日に撮られた)。舗道に立つのは、オードリー・ヘプバーンでなければならなかった。

ミッキー・ルーニー演じる日系人の滑稽な描写が人種差別的だとして物議を醸し出した時期もあったが、ティファニーでわずか10ドルの買い物をしようとするところ、NY近辺の840匹から選ばれた“名前のないネコ”との数々の絡み、そして窓辺でギターを弾きながら「ムーン・リバー」を歌う……今ではそんなことは気にならない。

漂う二人
世界を見ようと 胸をはずませて
共に追う 遥かな虹
その河の角に待つ 幼い想い出の友
ムーン・リバー 心の夢


名曲「ムーン・リバー」(ジョニー・マーサー作詞/ヘンリー・マンシーニ作曲)を一度も耳にしたことのない人はいないだろう。映画会社の重役は試写を観て、あろうことか窓辺の歌唱シーンをカットしようと提案。オードリーは「そんなの許さないわ!」と強く抵抗したという。なのでサントラ盤を入手する際は、ぜひオードリーの歌声が入っているバージョンを。

物語は、NYの同じアパートに住むホリー(オードリー・ヘプバーン)と売れない作家ポールとの出逢いを軸に、「ティファニーのような落ち着いた静けさに包まれていると、悪いことなど起こるはずがない」と信じ、人生を自由気ままに楽しもうとするホリーを取り巻く都会の人々、次第に彼女を愛していることに気づくポールの姿を描く。ラストシーン。ネコを探すために雨の中でびしょ濡れになった二人の抱擁が、どこまでも余韻を残す。

ティファニーは言うまでもなくNYで設立された世界規模の宝石店だが、1837年9月の初日の売り上げは4ドル95セントという伝説を持つ。1987年に150周年を迎えた際、女優はこんな手紙を店に贈った。

ティファニーへ

美は永遠の喜び。ティファニーの輝きは衰えることがない。
150年に渡り、あなたの名前は、“美・気品・恒久”の代名詞。
あなたの宝石のおかげで私たちの人生は輝き、
銀製品のおかげで食卓は光に包まれた。

そして私を朝食にも招いてくれたわ。
クロワッサンを食べたことは、私の大切な想い出。

お誕生日おめでとう。
でも150歳を迎えたのに、シワ一つないのには嫉妬しちゃう。
品位は年を取らない。

忠実な友より


予告編


オードリーが歌った「ムーン・リバー」

『ティファニーで朝食を』

『ティファニーで朝食を』


*日本公開時チラシ

*参考・引用/『ティファニーで朝食を』パンフレット、DVD特典映像

評論はしない。大切な人に好きな映画について話したい。この機会にぜひお読みください!
名作映画の“あの場面”で流れる“あの曲”を発掘する『TAP the SCENE』のバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the SCENE]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑