「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

中野 充浩

「東京ポップカルチャー研究家」「都市生活コラムニスト」「事業開発プロデューサー」
文筆家/編集者/企画家/脚本家/作詞家/コピーライター/選曲家

中野充浩(なかの みつひろ)
1968年神戸市生まれ、大阪と東京で育つ。1989年、学生時代より文筆家として活動。同世代に関するノンフィクション・コラム・エッセイを、『PLAYBOY日本版』『週刊プレイボーイ』『BART』(集英社)『ポパイ』(マガジンハウス)『エスクァイア日本版』『i-Dジャパン』(UPU)『バァフアウト!』(ブラウンズブックス)などの雑誌で企画・取材・執筆。他に短編小説、映画・TVドラマ・Vシネマの脚本(東映ほか)、ラジオ番組の企画構成やナビゲーター(J-Wave)など。

2000年より10年間、出版社の編集部/広告部、メディア系ベンチャーに勤務(一部業務委託)。主な仕事にフリーマガジン/カスタム出版の開発監修(マツモトキヨシ*フリーマガジンの草分け「デジマガ」/フジテレビ*業界初番組連動「めざましマガジン」/ユニマット「ジョイーレ」/エクシング「ポケメロ」/スターアライアンス「R25」ほか)、デジタルサイネージ型店舗設置メディアの開発運営とコンテンツの企画監修(マツモトキヨシ/ローソン/ガスト)、新雑誌の開発監修(角川書店)、ティーン向けファッション誌の編集(英知出版)、モバイルコンテンツの企画編集(角川書店)、クロスメディア広告の営業企画(主婦の友社/リクルート)、ナイトスポット連動型ファッションショーの企画運営(主婦の友社)、公開オーディションイベントの企画運営と総合プロデュース(ローソン)など。

2010年よりWebメディアの運営(『TAP the POP』『Music Imidas』)、雑誌・書籍での執筆のほか、プロジェクト単位で事業開発や企画プロデュース業務を行う。
2020年より日本発の新たなポップカルチャー事業、日本の未来を担う全国の高校生世代に向けたEdTech事業などを始動。

●著書に『デスペラード』(1995年/ソニー・マガジンズ)、『バブル80'sという時代』(1997年/アスペクト)、『うたのチカラ』(2014年/集英社)、脚本に『となりのボブ・マーリィ』(1995年/東映)など。

●note(コラム・エッセイ・小説)
https://note.com/neuromancer

★お知らせ
*Webマガジン『Tokyo Wise』にて、「Tokyo Pop Culture Graffiti〜Tokyoに描かれた時代と世代の物語 1983-2015」を連載中。
http://tokyowise.jp/category/rensai/tokyopopculture

*日本テレビ『教師役の陣内孝則が推定家賃70万の一軒家でひとり暮らしをしていた時代…とマツコ』監修・出演(2019年8月/2020年5月再放送)

*日本テレビ『角川春樹が薬師丸ひろ子に機関銃を乱射させた時代…とマツコ』出演(2020年8月)

【事業開発分野】
日本発のポップカルチャーの開拓、キャリア教育/金融教育の改革、EdTech及びeラーニングの活性、それに伴う人財の発掘と育成、東京と地方間・企業間シナジーの創出、子と親から考える日本の親孝行(cotooya*商標登録)など。

【企画プロデュース分野】
Webメディア/会員制メディア、プラットフォーム/アプリ、デジタル/動画コンテンツ、企業/店舗ブランディング、ティーン/中高生マーケティング、イベント/講演、キャラクター/グッズ、商品開発/店舗設計、雑誌/フリーマガジン、書籍/コミック、映画/ドラマ、テレビ/ラジオ番組など。

【執筆分野】
1980〜2010年代の東京の都市文化・若者文化・ポップカルチャー全般及びその変遷、世代と時代と東京の関わり、バブル世代や高校生の動向をはじめ、洋楽・洋画・TVドラマ・ベンチャー企業・人財採用・都市生活・ステップファミリーにも詳しい。他に小説や脚本、漫画や絵本の原作など。

********************************************
お仕事の依頼、取材・出演の依頼はこちらまで
nakano@tapthepop.net

中野 充浩 が最近聴いてるアルバム

中野 充浩 の記事一覧

TAP the SCENE

アウトサイダー〜渋谷の街で1本の青春映画が公開されて若い世代の間で伝説になった

映画館の暗闇から明るい陽射しの中へ踏み出した時、俺は二つのことを考えていた…… 真っ白なノートに主人公ポニーボーイがそんな言葉を綴り、夕陽に染まったスクリーンか…

TAP the SCENE

君がいた夏〜ジョディ・フォスターが余りにも美しいノスタルジー映画の傑作

少年少女時代に、年上のお兄さんやお姉さんに恋した経験がある人は少なくないと思う。完全な大人の世界ではないが、かといって自分たちの世界でもない。自分たちが分かる部…

TAP the SCENE

デスペラード〜メキシコ人はいつも映画では悪人だから、そんな状況を変えたかった

僕らはインディ・ジョーンズやルーク・スカイウォーカーに憧れて育ったけど、メキシコ人はいつも映画では悪人だったから、そんな状況を変えたかったんだ。 1990年代半…

TAP the SCENE

スタンド・バイ・ミー〜少年時代のイノセンスと友情を描いた心からの名作

子供の頃の想い出を一つの物語にまとめられないかと、ずっと考えていた。そこには愉快な話もたくさんあるけど、悲しい出来事もある。一緒に過ごした仲間たちは目的もなく、…

TAP the SCENE

炎のランナー〜ヴァンゲリスのシンセサイザーと英国トラッドの香り

2012年のロンドン五輪。開会式や閉会式に登場するアーティストの演奏や様々な文化的/歴史的事象での名曲使用に、多くの音楽やロックファンはきっと反応したことだろう…

TAP the SCENE

イングロリアス・バスターズ〜「復讐制裁劇」で歴史を書き換えたタランティーノ監督作

クエンティン・タランティーノ──映画・音楽・コミックなど膨大なポップカルチャーを吸収分析するコレクター気質と、それを消化して創作活動へと変えていく作家性を併せ持…

TAP the SCENE

ダーティ・ダンシング〜ダンスの躍動感や恋の歓喜が表現された伝説のオープニングシーン

今から思えば、80年代の日本の若者文化(とりわけ都市圏の高校生文化)は、まだまだアメリカの影響が色濃く残っていたと思う。信じられない話だが、「“白いアメリカ”の…

TAP the SCENE

ザ・ビーチ〜楽園を探し求めるネット世代のバックパッカーの夢と現実

1999年、書店の海外文芸コーナーで『ザ・ビーチ』という新刊小説を手に取ったのを今でも覚えている。何の情報もないまま、ただ暇つぶしのつもりで出向いた本屋の片隅で…

TAP the SCENE

アリスのレストラン〜アーロ・ガスリーの歌を映画化した“あの時代”の放浪風景

アリスのレストランは何でもある アリスのレストランに行けば何でも手に入る 行ってみて 線路から1キロ足らずだよ これは、アーロ・ガスリーが1967年にリリースし…

TAP the SCENE

イントゥ・ザ・ワイルド〜アラスカの荒野に消えた青年が孤独な旅で綴り続けた心の言葉

1992年、夏。アメリカの最北部アラスカ州の荒野。捨てられた古いバスの中で一人の若者の遺体がヘラジカのハンターによって発見された。名前はクリストファー・マッカン…

Extra便

チャーリー・セクストンの20年〜復活する男の肖像

1985年。若くてハンサムで背が高く、歌もギターも驚異的にうまい。そんな才能に溢れた17歳がシングル「Beat’s So Lonely」とアルバム『…

TAP the SCENE

ワイルド・アット・ハート〜愛する女のために歌った圧倒的な「ラブ・ミー・テンダー」

恋人たちの逃避行を扱った映画と言えば、ニコラス・レイ監督の伝説的な『夜の人々』をはじめ、ボニー&クライドで有名な『俺たちに明日はない』、テレンス・マリ…

4 / 85<<...23456...>>

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ