「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

中野 充浩

中野充浩(なかの みつひろ)
「コンテンツ/メディア開発プロデューサー」「事業開発プロデューサー」「東京ポップカルチャー研究家」「都市生活コラムニスト」
文筆家/編集者/企画家/脚本家/作詞家/コピーライター/選曲家

●著書に『デスペラード』(1995年/ソニー・マガジンズ)、『バブル80'sという時代 1983-1994TOKYO』(1997年/アスペクト)、『うたのチカラ』(2014年/集英社)、脚本に『となりのボブ・マーリィ』(1995年/東映)など。

1968年神戸市生まれ、大阪と東京で育つ。1989年、学生時代より文筆家として活動。同世代のライフスタイルに関するノンフィクション・コラム・エッセイを数多くの雑誌で企画・取材・執筆。
・『PLAYBOY日本版』『週刊プレイボーイ』『BART』(集英社)
・『POPEYE』(マガジンハウス)
・『Esquire日本版』『i-D JAPAN』(UPU)
・『バァフアウト!』(ブラウンズブックス)ほか
他に短編小説、映画・TVドラマ・Vシネマの脚本(東映ほか)、ラジオ番組の企画構成やナビゲーター(J-Wave)など。

2000年より10年間、出版社の編集部/広告部、メディア系ベンチャーに勤務。編集者、メディア開発やコンテンツ企画のプロデューサーとして活動。
主な仕事(一部業務委託)
・フリーマガジン/カスタム出版の開発監修
「デジマガ」(マツモトキヨシ) *フリーマガジンの草分け
「めざましマガジン」(フジテレビ) *業界初番組連動
「ジョイーレ」(ユニマット)
「ポケメロJOYSOUND」(エクシング)
「R25」(スターアライアンス)ほか
・デジタルサイネージ型店舗設置メディアの開発運営とコンテンツの企画監修(マツモトキヨシ/ローソン/ガスト)
・コンビニと連動した新雑誌の開発監修(角川書店)
・ティーン向けファッション誌の編集(英知出版)
・モバイルコンテンツの企画編集(角川書店)
・クロスメディア広告の営業企画(主婦の友社/リクルート)
・ナイトスポット連動型ファッションショーの企画運営(主婦の友社)
・公開オーディションイベントの企画運営と総合プロデュース(ローソン)

2010年より良質な音楽や映画を紹介するWebメディア『TAP the POP』『Music Imidas』の運営及び1000本以上のコラムを執筆。また、雑誌・書籍での執筆、プロジェクト単位で事業開発や企画プロデュース業務を行う。

2020年からは「マンガで遊ぶ」をテーマにした日本発の新たなポップカルチャー事業、日本の未来を担う全国の高校生世代に向けた「お金×EdTech」事業を始動。また、中小企業やベンチャー企業のブランディング活動も行う。「自分(たち)の畑を耕して作物を実らせる」領域と「他社の畑に出向いて作物を実らせる」領域を往復する日々。

●note(コラム・エッセイ・小説)
https://note.com/neuromancer

★お知らせ
*Webマガジン『Tokyo Wise』で「Tokyo Pop Culture Graffiti〜Tokyoに描かれた時代と世代の物語 1983-2015」を連載中。
http://tokyowise.jp/category/rensai/tokyopopculture

*『TAP the POP』で「TAP the SCENE〜評論はしない。大切な人に好きな映画について話したい」を連載中。
http://www.tapthepop.net/category/scene

*日本テレビ『教師役の陣内孝則が推定家賃70万の一軒家でひとり暮らしをしていた時代…とマツコ』監修・出演(2019年8月/2020年5月再放送)

*日本テレビ『角川春樹が薬師丸ひろ子に機関銃を乱射させた時代…とマツコ』監修協力・出演(2020年8月)

【事業開発分野】
日本発ポップカルチャー事業の開拓、キャリア教育/金融教育の改革、EdTech及びeラーニングの活性、それに伴う人財の発掘と育成、東京と地方間・企業間シナジーの創出、子と親から考える日本の親孝行(cotooya*商標登録)など。

【企画プロデュース分野】
Webメディア/ブログ、オウンドメディア/会員制メディア、デジタル/動画コンテンツ、ソーシャルメディア/ライブ配信、プラットフォーム/スマホアプリ、雑誌/フリーマガジン、出版物/印刷物、書籍/コミック、テレビ/ラジオ番組、映画/ドラマ、イベント/講演、空間/店舗活用、キャラクター/グッズ、商品開発/ゲーム開発、企業/店舗ブランディング、SNSインフルエンサー/全国高校生マーケティング、人財紹介/プロジェクトチーム編成など。

【執筆分野】
1980〜2010年代の東京の都市文化・若者文化・ポップカルチャー全般及びその変遷、世代と時代と東京の関わり、バブル世代や高校生の動向をはじめ、洋楽・洋画・TVドラマ・ベンチャー企業・人財採用・都市生活・ステップファミリーにも詳しい。他に小説や脚本、漫画や絵本の原作など。

********************************************
お仕事の依頼・相談、取材・出演に関するお問い合わせはこちらまで
nakano@tapthepop.net
********************************************

*『TAP the POP』での中野充浩による音楽・映画・書籍に関するコラムやデータ記事はこちらから。1000本以上配信中!!
↓ ↓ ↓

中野 充浩 が最近聴いてるアルバム

中野 充浩 の記事一覧

TAP the SCENE

セルピコ〜警察の腐敗を内部告発することになった男の苦悩と孤独と執念

幼い頃から夢見た世界に飛び込んだら、そこは不正が蔓延る信じられない場所だった……世の中こんなことはよくある話だし、それが「大人になる」「社会のトレーニングを積む…

TAP the SCENE

オー・ブラザー!〜ブルーズやカントリーが育まれた南部の音風景をとらえた傑作

2枚目スター俳優として知られていたジョージ・クルーニーは当時、新しい映画の出演企画が持ち込まれると、それがコーエン兄弟のものだと知って脚本も読まずに役に飛びつい…

TAP the SCENE

華麗なるギャツビー〜愛する人を取り戻すために、ただそれだけのために

世界的な文学を振り返ろうとする時、1920年代のアメリカの好景気の幕開けと同時に華々しくデビューして、現在のポップスターやロックスター並みに新しい世代の代弁者に…

TAP the SCENE

卒業〜「結婚式の最中に花嫁を奪う映画」からの脱却

『卒業』(The Graduate/1967)を初めて観たのは、1980年代後半頃。レンタルビデオで借りてきたのが最初だったと思う。高校時代にデザイナーの叔父か…

TAP the SCENE

プラトーン〜誰のために戦っているのか分からなかったベトナム戦争の若者たち

1987年、バブル経済が幕開けたばかりの春。新宿・歌舞伎町の映画館から出てきた時の、あの何とも言えない気分のことを今でも覚えている。 学校帰りに何となく観ようと…

Extra便

伝説のブラインド・レモン・ジェファーソンは本当に“盲目”だったのか?

ブルーズの壮大な歴史を振り返ろうとする時、その幕開けである20世紀初頭の「カントリー・ブルーズ」を担った男たちの中には視力を奪われた者が多いことに気づく。ブライ…

TAP the SCENE

時計じかけのオレンジ〜キューブリック監督が封印して25年も再上映されなかった衝撃作

「最初はミック・ジャガーがアレックス役で、他のメンバーが仲間のドルーグ役をやるって話だった」 イギリスの俳優マルコム・マクダウェルがそう話すと、会場から笑いが起…

TAP the SCENE

スター誕生〜70年代型ロックスターの愛と別れを描くバーブラ・ストライサンド主演作

「ロックスター」という生き様からは、様々なイメージを思い浮かべることができる。セックス、ドラッグ、アルコール、派手なファッション、長髪、田舎の大豪邸、高級車、専…

TAP the SCENE

ドリームガールズ〜黄金期のモータウンとシュープリームスをモデルにした物語

マーティン・ルーサー・キング牧師らが先導した公民権運動は、1950年代中頃から始まって60年代前半には大きなうねりとなってアメリカに浸透したが、それはブラック・…

TAP the SCENE

シェルタリング・スカイ〜ポール・ボウルズとベルトルッチ監督が描く砂漠のロードムービー

『シェルタリング・スカイ』(The Sheltering Sky/1990)は、壮大なロードムービーであると同時に、砂漠に魅せられた男と女の愛の物語だった。 原…

TAP the SCENE

気狂いピエロ~「ヌーヴェルヴァーグの到達点」と称されたゴダールの最高傑作

──今から28年前の1987年。東京・早稲田にあった小さな映画館でゴダールの二本立てを上映していたので観に行った記憶がある。1本目はデビュー作の『勝手にしやがれ…

TAP the SCENE

サタデー・ナイト・フィーバー〜空前のディスコブームの裏にはトラボルタの哀しみがあった

それは雑誌に掲載された1本の短編記事から始まった。 1976年6月、ニューヨーク・マガジンに発表された『新しい土曜の夜の部族儀式』は、作家のニック・コーンが街中…

4 / 85<<...23456...>>

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ