季節(いま)の歌

Before The Rain〜雨音も爽やかに聴こえるハーモニカの調べ〜

2015.06.21

Pocket
LINEで送る

「Before The Rain」/リー・オスカー



デンマークのコペンハーゲン出身のハーモニカの名手リー・オスカー(67歳)が、37年前に発表した名曲である。
1969年、彼はアニマルズ解散直後のエリック・バートンとの出会い新バンド“War(ウォー)”を結成する。
ジャズ、ロック、ファンク、レゲエ、リズム&ブルースを融合したクロスオーバーなバンドとして、長く音楽ファンから愛され続ける存在となった。
バンド活動と平行してソロプレイヤー・作曲家としても才能を発揮する。
TVのCMや番組のBGM、そして映画のサントラ用にリー・オスカーの楽曲が起用されることが多く、日本では1977年に資生堂の人気CM(うれしくて、バラ色)で「The Promised Land (約束の地)」が使われて一躍注目を浴びた。
40代から50代の人には、聴き憶えのある懐かしいメロディなのかもしれない。

「The Promised Land (約束の地)」/リー・オスカー 資生堂 CM(1977年)うれしくて、バラ色


今回ご紹介するこの曲は、彼がWar在籍時に出したソロアルバム『Before The Rain』(1978年)に収録されたもの。
バンドでのファンキーなアプローチは違い、抒情的な美しいハーモニカの音色が心を癒してくれる。

「Before The Rain」/リー・オスカー


1994年、彼を初めWarの主だったメンバーはプロデューサーであるジェリー・ゴールドスタインの元を離れる。
Warというグループ名の権利がジェリー・ゴールドスタインにあった為、彼らのヒット曲「Low Rider」からとった“Lowrider Band”として現在も活動している。
結局Warに残ったのがロニー・ジョーダン(keyboards)のみという事を考えれば、Lowrider BandこそがWar の本流と言えるだろう。

「Low Rider」/ War(ウォー)


リー・オスカーと云えば、ハーモニカの設計者としても知られており、彼の作ったハーモニカは日本でも発売されている。(現在の代理店は島村楽器)
【Lee Oskar Harmonicas】
http://www.leeoskar.com

Lee+Oskar
リー・オスカー『Before The Rain』

リー・オスカー『Before The Rain』

(1978/ Elektra)


<季節(いま)の歌>では、この時期、この季節、こんな日に「聴きたい・聴かせたい」一曲を(お題として)ご紹介します♪
是非、皆さんの「雨の歌といえばこの一曲」をコメント欄に投稿して下さい♪
洋楽・邦楽・性別・世代を超えて“音楽と出逢う”歓びを、皆さんで分かち合いませんか?
たくさんのシェア&ご投稿をお待ちしております♪

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[季節(いま)の歌]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑