「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

ミュージックソムリエ

世の中に供給される作品の数、及び情報は膨大な数になり、簡単に聴く事が出来ても、あまりにも沢山の情報の中で本当に良いものや自分の人生を豊かにしてくれる音楽に出会えるとは限りません。
音楽を聴く喜び、音楽に出会う楽しみを気がつかないまま生きて行く人も今後、増えていくかもしれません。
良い音楽に出会った時、誰かに伝えたい、その感動を共有したい。

私達は知識、好奇心、情熱を持って皆さんに良い音楽を様々な生活の場で伝えていきたいと思っています。
2012年11月に「ミュージックソムリエ」が誕生。ミュージックソムリエ・ベーシックの講座を受講した方の中から上級試験を希望する方に”ミュージックソムリエ”の試験を受験、合格した方にミュージックソムリエとして活動していただいています。ミュージックソムリエは全ジャンルの中からそれぞれ得意とする分野を極めていきながら、日常の生活の場と音楽の接点を増やす機会を作っていきます。

■ミュージックソムリエの活動
○生活雑誌「からだにいいこと」”音楽レコメンドサイト”
○OK MUSIC”ミュージックソムリエが選ぶこんな時に聴きたい音楽”
その他、個々のミュージックソムリエが個々にラジオやブログその他で活躍中です。
■なお ミュージックソムリエ協会は、全国のCDショップ店員が選ぶ「CDショップ大賞」を開催しています。

ミュージックソムリエ が最近聴いてるアルバム

ミュージックソムリエ の記事一覧

ミュージックソムリエ

The XX 〜ビートルズの時代から続く「バンド」だからこそ生まれる音楽〜

1962年にビートルズがデビューして以降、若者たちが集まり共に音楽を作り出す「バンド」という形態は、世界的なスタンダードになった。 それまでは一人のカリスマ的な…

ミュージックソムリエ

グリーン・デイにステージに上げられたことから始まったバンド、THE 1975

2010年代、ソロ・アーティストやラッパーが全盛の音楽シーンの中で、世界的な人気を得た数少ないバンドのひとつ、The 1975(ザ・ナインティーンセブンティーン…

ミュージックソムリエ

「俺のスタジオに来て、机の上でラップをしていたんだ」〜大胆さと革新的な発想でチャンスを掴みとったカニエ・ウエスト〜

ヒップホップとR&Bアーティストが、全盛の音楽シーンでは、かつてロックスターの一挙手一投足に多くの音楽ファンが注目したように、ラッパーやR&…

ミュージックソムリエ

新人アーティストと間違えられた、ポール・マッカートニー 〜衰えぬ音楽の探究心が生んだカニエ・ウエストとのコラボレーション〜

ビートルズとしてデビューして以降、50年以上ポップ・ミュージックの世界で活躍し続けているポール・マッカートニー。 時代に応じて新しい音楽を追求してきた彼は、20…

ミュージックソムリエ

「追憶のハイウェイ61」を聴いて「歌うたい」として目覚めた斉藤和義 〜「歌うたいのバラッド〜

1993年(平成5年)にシンガーソングライターとしてデビューした斉藤和義は、元々ギタリストになりたかったという。 彼が中学と高校時代を過ごした70年代末から80…

ミュージックソムリエ

「21世紀のボブ・ディラン」と称賛され、若い世代の希望になったケンドリック・ラマーの衝撃

 ヒップホップとR&Bがビルボードの年間チャートで、初めてロックの売り上げを抜いたことが話題となったのは2017年のことだ。  その売り上げを支えてい…

ミュージックソムリエ

エルヴィスの「Can’t Help Falling In Love」にロックの魂を吹き込んだHi-Standard

「キング・オブ・ロックンロール」として知られるエルヴィス・プレスリーが1961年にリリースした「Can’t Help Falling In Love」(邦題『好…

ミュージックソムリエ

シカゴからカーティス・メイフィールドのように希望の音楽を鳴らす男~チャンス・ザ・ラッパー

2017年のグラミー新人賞の発表は、世界の音楽シーンにちょっとした衝撃を与えた。 受賞したのは当時25歳、ヒップホップ・アーティストのチャンス・ザ・ラッパーだっ…

ミュージックソムリエ

時を超えてコラボレートした2人のポップスター 〜マイケル・ジャクソンとドレイクの「Don’t Matter To Me」〜

ポップミュージックの歴史において新たなスタンダードが生まれる時、そこには革新的なアイデアを生み出すミュージシャンの存在がある。 ロックンロールを世界に広めた「キ…

ミュージックソムリエ

サザンオールスターズのように、茅ヶ崎から新たな日本語のポップスを生み出したSuchmos

日本のポップスは、海外から入ってきたポップスを日本らしく解釈することによって進化してきた。 その中でも「洋楽的なメロディの中で日本語をどう響かせるか」ということ…

ミュージックソムリエ

ジョン・レノンやマイケル・ジャクソンのような「救いの音楽」を作り出した ラッパー 〜ロジック「1-800-273-8255」〜

かつてジョン・レノンは「Happy Xmas(War Is Over)」で「戦争は終わる 君が望めば」と歌い、マイケル・ジャクソンは「We Are The Wo…

TAP the ERA 1989-2019

J-POPという言葉と共にMr.Childrenは成長していった➀ 〜「CROSS ROAD」で見せた日本の新しいポップスの可能性〜

J-POPという言葉が生まれたのは1988年の末だと言われている。 当時開局したばかりのJ-WAVEが洋楽の影響を受けた日本のポップスや、洋楽と肩を並べられる楽…

1 / 612345...>>

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ