TAP the CHART

ダイアナ妃が亡くなった1997年、レディオヘッドの『OKコンピューター』は登場した

2015.07.16

Pocket
LINEで送る

「TAP the CHART」第15回は、1997年を取り上げます。まずはシングルとアルバムの年間チャートTOP 10から。

【1997年のBillboard年間チャート】

★TOP 10 SINGLES

❶Something About the Way You Look Tonight/Candle in the Wind 1997 / Elton John
❷Foolish Games/You Were Meant for Me / Jewel
❸I’ll Be Missing You / Puff Daddy featuring Faith Evans and 112
❹Un-Break My Heart / Toni Braxton
❺Can’t Nobody Hold Me Down / Puff Daddy featuring Mase
❻I Believe I Can Fly / R.Kelly
❼Don’t Let Go (Love) / En Vogue
❽Return of the Mack / Mark Morrison
❾How Do I Live / LeAnn Rimes
❿Wannabe / Spice Girls

1995年にリリースしたアルバムがロングヒットしたジュエル


★TOP 10 ALBUMS
❶Spice / Spice Girls
❷Tragic Kingdom / No Doubt
❸Falling into You / Celine Dion
❹Space Jam / Soundtrack
❺Pieces of You / Jewel
❻Blue / LeAnn Rimes
❼Bringing Down the Horse / The Wallflowers
❽Life After Death / The Notorious B.I.G.
❾Secrets / Toni Braxton
❿No Way Out / Puff Daddy and the Family

スクリーンショット(2015-07-14 16.50.37)
【1997年の主な音楽的出来事】
○レディオヘッドが3作目となる『OK Computer』をリリース。イギリスで1位になったこのアルバムは、90年代ロックの最高傑作というだけでなく、あらゆるジャンルを吸収消化した劇的なサウンド世界が体験できる革新的な作品。トム・ヨークの声、ジョン・グリーンウッドのギターによる崩壊と空間の美学が完成した。

○東海岸のラッパー、ノートリアスB.I.G.が、雑誌社のパーティに出席した後、駐車場で銃撃されて死亡。享年24。前年の西海岸ラッパー、2PACの死に対する報復と言われるが、相次ぐラッパーの死はヒップホップ界最大の悲劇だった。パフ・ダディはポリスの「見つめていたい」をサンプリングした「I’ll Be Missing You」を捧げた。

○8月31日に交通事故で亡くなったダイアナ元英国皇太子妃の国民葬が9月6日に行われ、参列したエルトン・ジョンが「Candle in the Wind」を歌って捧げた。全世界で大ヒット。

○プロディジーの『The Fat of the Land』がアメリカでナンバー1に。テクノ/クラブシーンがロックを取り込んだ結果、ジャンル分け不能な革新的なサウンドになった。

○アイザック、テイラー、ザックの3兄弟で結成されたハンソンがブレイク。アルバム『Middle of Nowhere』は変声期の哀切甘美な声で歌い上げた奇跡的な名盤。

○女性アーティストのみの巡回コンサート『リリス・フェア』が、女性版ロラパルーザをイメージしたサラ・マクラクランの企画によって開始。ナタリー・マーチャント、シェリル・クロウ、ジュエル、フィオナ・アップル、トレイシー・チャップマン、インディゴ・ガールズ、ショーン・コルヴィン、ジョーン・オズボーン、ポーラ・コール、スザンヌ・ヴェガなどが勢揃いした。

○日本のフェスカルチャーの幕開け。第1回フジロックが山梨県で開催。レッチリ、レイジ、フー・ファイターズなどの海外アーティストに加え、国内アーティストも参加。台風の影響でトラブルが続出して2日目が中止となった。2015年には19回目の開催を迎える。

○スパイス・ガールズが世界的ブレイク。

○ノー・ダウト、ジュエル、ウォールフラワーズといったロングヒットが続く中、マッチボックス・トゥエンティーもこの年ブレイク。フロントマンのロブ・トーマスの才能が広く認知される。

○ローリング・ストーンズが3年ぶりの新作『Bridges to Babylon』をリリース。ワールドツアーを開始。
○フリートウッド・マックが全盛期のメンバーでMTVアンプラグドで復活ステージ。収録した『The Dance』がナンバー1に。
○U2が新作『Pop』をリリース。「ポップマート・ツアー」を開始。レイジやオアシスが前座を務めた。
○ガース・ブルックスがセントラルパークでフリーコンサートを開催。25万人が集まる。
○ザ・ヴァーヴが『Urban Hymns』をリリース。
○レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンが初来日公演。
○リンプ・ビズキットがデビュー。
○サウンドガーデンが解散。
○ダイナソーJr.が解散。

○1997年に亡くなったミュージシャン
ノートリアスB.I.G.(3月9日)
ローラ・ニーロ(4月8日)
ジェフ・バックリィ(5月29日)
ロニー・レイン(6月4日)
ジョン・デンバー(10月12日)
マイケル・ハッチェンス(11月22日)
ニコレット・ラーソン(12月16日)
ジミー・ロジャース(12月19日)

【1997年のBillboard1位獲得シングル/アルバム】○内数字は獲得した週。
★SINGLES
Un-Break My Heart/Toni Braxton ⑪*前年4週分含む
Wannabe/Spice Girls ④
Can’t Nobody Hold Me Down/Puff Daddy featuring Mase ⑥
Hypnotize/The Notorious B.I.G. ③
MMMBop/Hanson ③
I’ll Be Missing You/Puff Daddy and Faith Evans featuring 112 ⑪
Mo Money Mo Problems/The Notorious B.I.G. featuring Puff Daddy and Mase ②
Honey/Mariah Carey ③
4 Seasons of Loneliness/Boyz II Men ①
Something About the Way You Look Tonight/Candle in the Wind 1997/Elton John ⑭*翌年2週分含む

1997年のナンバー1ヒットは10曲。

★ALBUMS
Tragic Kingdom/No Doubt ⑨*前年2週分含む
Gridlock’d/Soundtrack ①
Unchained Melody: The Early Years/LeAnn Rimes ①
Secret Samadhi/Live ①
Howard Stern Private Parts — The Album/Soundtrack ①
Pop/U2 ①
The Untouchable/Scarface ①
Nine Lives/Aerosmith ①
Life After Death/The Notorious B.I.G. ④
Share My World/Mary J. Blige ①
Carrying Your Love with Me/George Strait ①
Spice/Spice Girls ⑤
Wu-Tang Forever/Wu-Tang Clan ①
Butterfly Kisses (Shades of Grace)/Bob Carlisle ②
The Fat of the Land/The Prodigy ①
Men in Black: The Album/Soundtrack ②
No Way Out/Puff Daddy and the Family ④
The Art of War/Bone Thugs N Harmony ①
The Dance/Fleetwood Mac ①
Ghetto D/Master P ①
You Light Up My Life — Inspirational Songs/LeAnn Rimes ③
Butterfly/Mariah Carey ①
Evolution/Boyz II Men ①
The Velvet Rope/Janet Jackson ①
The Firm — The Album/The Firm ①
Harlem World/Mase ②
Higher Ground/Barbra Streisand ①
ReLoad/Metallica ①
Sevens/Garth Brooks ⑤*翌年2週分含む

【1997年の全米ベストセラーアルバム】
○2000万枚/シャニア・トゥエイン『COME ON OVER』
○1400万枚/バックストリート・ボーイズ『BACKSTREET BOYS』
○1100万枚/サウンドトラック『TITANIC』
○1000万枚/ノートリアスB.I.G.『LIFE AFTER DEATH』
○1000万枚/セリーヌ・ディオン『LET’S TALK ABOUT LOVE』
○1000万枚/ガース・ブルックス『SEVENS』

【1997年のグラミー賞】
最優秀レコード/ショーン・コルヴィン「Sunny Came Home」
最優秀アルバム/ボブ・ディラン『Time out of Mind』
最優秀ソング/ショーン・コルヴィン「Sunny Came Home」
最優秀新人/ポーラ・コール

【1997年のMTVアワード】
ビデオ・オブ・ジ・イヤー/ジャミロクワイ「Virtual Insanity」

年度ごとの音楽の出来事やヒットが分かる!〜TAP the CHARTのバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the CHART]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑