TAP the CHART

アステアとロジャースが初めて踊った1933年、ビリー・ホリデイがデビュー

2018.04.04

Pocket
LINEで送る

「TAP the CHART」110回は、1933年を取り上げます。

【1933年のTOP 10 HITS】
❶The Last Round-Up / George Olsen
❷Stormy Weather / Leo Reisman
❸Love Is The Sweetest Thing / Ray Noble
❹You’ve Getting to be a Habit With Me / Guy Lombardo with Bing Crosby
❺Lazybones / Ted Lewis
❻The Last Round-Up / Guy Lombardo
❼Forty-Second Street / Don Bestor
❽Stormy Weather / Ethel Waters
❾Did You Ever See a Dream Walking? / Eddy Duchin
❿Shadow Waltz / Bing Crosby

*参考/Joel Whitburn監修『Pop Memories 1900-1940』。ナンバー1ヒットのうち、1位の獲得週が多かったもの順に掲載(同点の場合、チャートに留まった週が多い方を優先)。

【1933年の主な音楽的出来事】
◯ビング・クロスビーとガイ・ロンバートの「You’ve Getting to be a Habit With Me」がヒット。


◯エディ・デューチン楽団の「Did You Ever See a Dream Walking?」がヒット。

◯エセル・ウォーターズの「Stormy Weather」がヒット。

◯デューク・エリントン楽団の「Sophisticated Lady」がヒット。

◯ミュージカル映画『空中レビュー時代』で、フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースのコンビがデビュー。脇役ながらも評判を呼び、翌年から二人の主演作が作られるようになる。

◯デルモア・ブラザーズが「Brown’s Ferry Blues」を録音。

◯カーター・ファミリーが「Gold Watch and Chain」を録音。

◯ビリー・ホリデイがデビュー。
◯カントリー音楽の父、「歌うブレーキマン」ことジミー・ロジャースが死去(5月26日)。
◯1920年から施行された禁酒法はこの年の12月で廃止された。

【1933年のナンバー1ヒット】○内数字は獲得した週。
You’ve Getting to be a Habit With Me/Guy Lombardo with Bing Crosby ④
Forty-Second Street/Don Bestor ③
Stormy Weather/Leo Reitman ⑧
Stormy Weather/Ethel Waters ③
Shadow Waltz/Bing Crosby ②
Lazybones/Ted Lewis ④
Love Is The Sweetest Thing/Ray Noble ⑤
The Last Round-Up/George Olsen ⑨
The Last Round-Up/Guy Lombardo ③
Did You Ever See a Dream Walking?/Eddy Duchin ③

1933年のナンバー1ヒットは10曲。

年度ごとの音楽の出来事やヒットが分かる!〜TAP the CHARTのバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the CHART]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑