「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the CHART

1902年はスコット・ジョプリンのラグタイムの名曲「ジ・エンターテイナー」が生まれた

2019.01.23

Pocket
LINEで送る

「TAP the CHART」146回は、1902年(明治35年)を取り上げます。

【1902年のTOP 10 HITS】
❶The Arkansas Traveler / Len Spencer
❷Bill Bailey,Won’t You Please Come Home? / Arthur Collins
❸In the Good Old Summer Time / J.W. Myers
❹On a Sunday Afternoon / J.W. Myers
❺Way Down in Old Indiana / J.W. Myers
❻Good Morning Carrie / Bert Williams & George Walker
❼The Mansion of Aching Hearts / Harry MacDonough
❽The Mansion of Aching Hearts / Byron G. Harlan
❾Under the Bamboo Tree / Arthur Collins

*この年はNo.1ヒットが9曲のみ。
*参考/Joel Whitburn監修『Pop Memories 1900-1940』。ナンバー1ヒットのうち、1位の獲得週が多かったもの順に掲載(同点の場合、チャートに留まった週が多い方を優先)。

【1902年の主なヒットや音楽的出来事】
○スコット・ジョプリンが「The Entertainer」を作曲。ラグタイムの名曲として70年後に映画『スティング』のテーマ曲になった。


○レン・スペンサーの「The Arkansas Traveler」

○アーサー・コリンズの「Bill Bailey,Won’t You Please Come Home?」(ビル・ベイリーよ、家へ帰っておくれ)。

○J.W.マイヤーズの「In the Good Old Summer Time」

○バート・ウィリアムスの「Good Morning Carrie」

○ミナ・ヒックマンの「Pretty Molly Shannon」

【1902年のナンバー1ヒット】○内数字は獲得した週。
Good Morning Carrie / Bert Williams & George Walker ⑤
The Arkansas Traveler / Len Spencer ⑪
On a Sunday Afternoon / J.W. Myers ⑥
Way Down in Old Indiana / J.W. Myers ⑤
Bill Bailey,Won’t You Please Come Home? / Arthur Collins ⑧
The Mansion of Aching Hearts / Byron G. Harlan ③
The Mansion of Aching Hearts / Harry McDonough ④
In the Good Old Summer Time / J.W. Myers ⑦
Under the Bamboo Tree / Arthur Collins ③

1902年のナンバー1ヒットは9曲。

年度ごとの音楽の出来事やヒットが分かる!〜TAP the CHARTのバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[TAP the CHART]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ