TAP the NEWS

All Of Me〜ジャズ界の巨人や歌姫たち、そしてメロコアの雄や日本のアイドルまでが歌った失恋ソング〜

2016.07.06

Pocket
LINEで送る

♪「All Of Me」/ ルイ・アームストロング


All of me why not take all of me
Can’t you see I’m no good without you
どうして全部持っていってくれないの?
あなた無しではなんの意味もない

Take my lips I want to lose them
Take my arms I’ll never use them
あなたにキスできない唇なんていらないわ
あなたに抱きつけない腕なんて必要ないわ


今からさかのぼること約85年前…1931年、アメリカで「All Of Me」というトーチソング(失恋歌)が生まれた。
ジャズのスタンダードナンバーとして知られ、古今東西、数多のステージでセッションされ、様々なミュージシャン達から愛されてきた曲である。
歌詞では、身体の部分をあれこれと挙げながら「全部あなたにあげるから、身体ごと連れ去って!」「どうして私のすべてを奪ってくれないの?」と、去ってゆく恋人にすがる未練節が綴られている。
曲が誕生した翌年の1932年に、ルイ・アームストロングが歌ってビルボード・チャートのトップを飾るという大ヒットとなったほか、人気女優ジョーン・ベネットが主演した映画『ケアレス・レディー(Careless Lady)』で使われたことなどもあって瞬くうちに広まったという。

$(KGrHqNHJE!FGNWPL!p5BRnoBGT6Ww~~60_35

♪「All Of Me」/ビリー・ホリデイ


♪「All Of Me」/エラ・フィッツジェラルド

その後、ビリー・ホリデイやエラ・フィッツジェラルドンなどジャズ界の歌姫たちが歌い継ぐ中、曲の誕生から20年後の1952年にはフランク・シナトラが映画『ダニー・ウィルソン物語(Meet Danny Wilson)』の劇中で歌い、ふたたび注目を浴びることとなる。

meet-danny-wilson-movie-poster-1951-1020491811

♪「All Of Me」/フランク・シナトラ

この曲は、セイモア・シモンズとジェラルド・マークスという二人の男によって作詞作曲されたものだ。
2010年度米ソングライターの『名声の殿堂』で“Towering Song”に選出されている。

セイモア・シモンズ (1896 – 1949)は、アメリカのミシガン州デトロイト出身の作曲家でラジオプロデューサーでもあった。
第一次大戦従軍から復帰後、多方面で活動しながら色々な作者と曲作りをした男である。
またジェラルド・マークス(1900 – 1997)も、シモンズと同じくミシガン州の出身の作曲家で、ブロウドウェイやハリウッド向けの作曲活動を中心に映画音楽なども手掛けた才人であった。

c0163399_13141519
(↑こちらは90年代にリリースされた本曲の60周年を記念してリリースされた編集盤のジャケットです。アーティスト名だけ見ても凄い面子!残念ながら現在入手困難です)

そんなプロの“ソングライティングチーム”が手掛けた楽曲を、初めて歌ったのがベル・ベイカーというユダヤ系の女優・歌手だった。
1931年、デトロイトにあるフィシャー劇場での出来事だった。
当時38歳で夫を亡くしたばかりの彼女は、この歌詞の内容に自己の境遇を重ね…歌いながら舞台上で泣き崩れたというエピソードが残っている。
その臨場感溢れる歌声がラジオで放送されて、多くのリスナーの心を打ったという。

Im-Alone-Because_I-Love-You_Belle-Baker
また、この曲を最初にレコードに録音したのは“アメリカの歌の恋人”(Ameica’s Sweetheart of Song)と呼ばれて人気を博していたルース・エッティングという人だった。
彼女はギャングとの結婚・離婚等スキャンダラスで数奇な一生を送り、後に“トーチソング(失恋歌)の女王”とも呼ばれた歌手・女優である。

ruth-etting-0039-600
時は流れ…1996年、この歌を“メロコアの雄”と呼ばれたアメリカのパンクバンドNOFX(ノーエフエックス)がカヴァーしてシングルカットしたバージョンが話題となった。
近年では、エリック・クラプトンが最新作『OLD SOCK』(2012年)に収録し、ポール・マッカートニーと息の合った“大人のハーモニー”を披露している。
日本でも多くのジャズシンガーの他に、ブルースの大御所・憂歌団や、ボサノバの歌姫・小野リサ、元モーニング娘。の加護亜依などジャンルを超えたアーティストたちがこの曲を歌い継いでいる。

「All Of Me(私のすべて)」――その珠玉のメロディーには、デキシーランドジャズ、スウィング、ビバップ、ボサノヴァ、カントリー、ブルース、ロック、そしてパンクまで、まさに“All (すべて)”の音楽ファンのハートを奪ってしまう不思議な魅力があるという。

Your goodbye left me with eyes that cry
How can I go on dear without you
「さよなら」と言われ、残るのは瞳だけ…
これじゃ、泣くことしかできないわ
あなた無しでどうしろと言うの?

You took the part that once was my heart
So why not take all of me
私のハートは もうあなたのもの
だったら、身体ごと全部持っていけばいいのに!



♪「All Of Me」/ NOFX(ノーエフエックス)



♪「All Of Me」/ウィリー・ネルソン


♪「All Of Me」/エタ・ジェイムス


♪「All Of Me」/ 木村充揮+内田勘太郎 with ROCK MEIKAN HOUSE BAND


♪「All Of Me」/ 加護亜依

ルイ・アームストロング『All Of Me』

ルイ・アームストロング『All Of Me』

(2007/Golden Options)


エリック・クラプトン『OLD SOCK』

エリック・クラプトン『OLD SOCK』

(2013/ Polydor)


Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the NEWS]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑