TAP the NEXT

Nia

2014.10.06

Pocket
LINEで送る

「やわらかな夜」や「Happy Valley」などのヒットでも知られる男女2人組ユニット、orange pekoe。そのボーカリストとして活躍するナガシマトモコが、デビュー13年目にして始動させたソロ・プロジェクトが〈Nia〉だ。

orange pekoeではブラジル音楽やスウィング・ジャズをポップに昇華したスタイルで聴かせていたが、このソロ・プロジェクトで真正面から取り組んだのは、彼女がデビュー以前より影響を受けていたというソウル・ミュージック。エリカ・バドゥやディアンジェロらを筆頭とする、90年代後半のネオ・ソウル・ムーヴメントが持っていた、クールかつメロウなグルーヴを、2014年の現在にアップデートしたようなサウンドで、ナガシマは新境地に挑む。

学生時代からの友人であり、日本人で初めて米国BLUE NOTEとディールを結んだことでも注目されるトランぺッター=黒田卓也を作曲・アレンジ・プロデュースに迎えてブルックリンで録音された、このファースト・アルバム。アレサ・フランクリンのピアニストも務めるクリス・パワーズなど、腕利きのミュージシャンたちが集結したサウンドが媒介となり、彼女が胸の奥に秘めていたソウルを巧みに引き出している。抑制の効いたボーカルは、ナガシマトモコという女性が歩んできた経験や、そこで感じてきたであろう様々な想いがにじみ出て、重層的なグラデーションを描いている。

〈Nia〉とはゲール語で「輝き」を意味し、同じスペルでスワヒリ語では「決意」を意味するという──ボーカリストとして豊穣なキャリアを重ねてきたナガシマトモコが、今だからこそ表現することが出来る歌。決意に満ちた輝きは、決して派手に光るのではなく、青白い炎のようにクールに燃え立っている。

NIA_H1_FIN_0
Nia『NIA』
(キングレコード)


Nia official website
http://www.nia-web.com/


「I Really Miss You」フル試聴


Nia アルバム『NIA』documentary film


TOKYO ROUND ABOUT -Our Favorite Bourbon Maker’s Mark-
-Nia Release Party-

11月6日(木)東京・渋谷 NOS ORG
ACT:Nia   
BAND:黒田卓也(tp)、mabanua(dr)、金子巧(p)、小林シンジュ(ba)、MEG(cho)、Hiro-a-key(guest vo)
DJ:Wax Poetics Japan Crew、Tetsurou Fujimoto、me-low(NOS)
詳しくは、Nia official website をご参照ください。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

    関連記事が見つかりません

[TAP the NEXT]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑