Special

ビートルズ特集

今年で来日50周年を迎え、映画「エイト・デイズ・ア・ウィーク」も公開されたビートルズ。1962年のデビューから解散までわずか8年という短い活動期間で、ロック…

news_140216_title

TAP the NEWS

チョコレートの歌〜清志郎とチャボの出会い〜

チョコレートから始まった出会い…そして“特別な再会” 1970年代になってすぐに、二人は渋谷の音楽喫茶『青い森』で出会う。 程なくして、チャボは実に多忙な日々を…

sampha-banner

TAP the NEXT

サンファ──深みのある歌声と斬新なサウンドで注目のUK R&Bシンガー

サム・スミスの次を担うとの呼び声も高い、UKのR&Bシンガー/ソングライター/プロデューサーの〈サンファ〉。カニエ・ウエストやドレイク、フランク・オー…

extra_140430

Extra便

ウィリー・ネルソンとウェイロン・ジェニングス〜カントリーのアウトローたち

1960年代のカントリー界は、商業的成功を第一に掲げたクセのない甘くポップなサウンドが主流となっていた。テネシー州ナッシュビルがすべてをコントロールしていたが、…

meandmrsjones

ミュージックソムリエ

不倫は文化?センセーショナルなラヴソング〜ビリー・ポール「ミー・アンド・ミセス・ジョーンズ」

近頃は有名人の不倫スキャンダルとなると、メディアのバッシングも凄まじく、インターネット上での一般の人からの批判や攻撃も容赦がない。「ゲス不倫」などというあまり美…

ビートルズカーネギーホール2

TAP the DAY

音楽の殿堂として知られるカーネギーホールでビートルズが開催したコンサート

デビューから1年たらずのうちにイギリスで最も人気があるグループになったビートルズのマネージャー、ブライアン・エプスタインはアメリカ進出にあたっていくつかの作戦を…

5124149816_54bae109d3_b

街の歌

The Dark End of the Street〜多くのアーティストが歌い継いできた“不倫ソング”の意外な誕生秘話とは!?〜

通りの暗がりで いつも俺たちは逢う 居てはいけない場所で物影に隠れ 二人の過ちを隠すために暗がりで生きる 俺とおまえ通りの暗がりで…俺とおまえ この「Dark …

bob-dylan-george-harrison-may-1-1970-660x330

TAP the NEWS

I’d Have You Anytime〜ジョージ・ハリスンとボブ・ディランによる“共作歌詞”はこうして生まれた〜

この「I’d Have You Anytime」は作詞の一部をボブ・ディランが協力し、イントロを含むリードギターでエリック・クラプトンが参加という豪…

スクリーンショット 2016-02-10 20.36.00

TAP the DAY

ホイットニー・ヒューストンが一番大切にしていた歌「Greatest Love of All」

2012年2月11日。48歳という若さで悲劇的な死を遂げてしまったホイットニー・ヒューストン。あれから5年が経った今でも、街や店、ラジオやテレビからふとした瞬間…

story_170211

TAP the STORY

ベックの27歳~愛しのガールフレンドに捧げた1枚

「彼女は一文無しで無名だった頃の僕を知っている。 誰よりも先に僕を好きになってくれた。 そこが重要なんだ」 1997年の2月、ベックは2枚目のメジャー・アルバム…

グリン・ジョンズ

TAP the SONG

ローリング・ストーンズの名曲「レディ・ジェーン」を自ら歌ったエンジニアのグリン・ジョンズ

1959年にIBCスタジオの見習いエンジニアの仕事を得たグリン・ジョンズは、ローリング・ストーンズのロードマネージャーだったイアン・スチュワート(ステュ)と親友…

風吹く丘で

TAP the SONG

追悼・青山ミチ~「亜麻色の髪の乙女」としてよみがえった「風吹く丘で」

2017年2月8日の朝、音楽評論家で作詞家でもある湯川れい子さんが、自身のツイッターでこうつぶやいた。 今から青山葬儀場で、石坂敬一さんのお別れ会です。そこに今…

chart_1958

TAP the CHART

エルヴィスが入隊した1958年、チャック・ベリーが「ジョニー・B.グッド」をリリース

「TAP the CHART」第59回は、1958年を取り上げます。まずはシングルとアルバムの年間チャートTOP 10から。 【1958年のBillboard年…

Inxs-OriginalSin

TAP the ROOTS

名プロデューサー、ナイル・ロジャースによって歌詞を変えられたINXSの「オリジナル・シン」

 1960年代がアメリカの若者にとって革命の10年だったように、オーストラリアの若者にとっては、1970年代は新しい季節だった。若者たちは、大学近くの安アパート…

日劇ウェスタンカーニバル

TAP the DAY

ジャズブームが終息して日本でロックンロールが爆発した「日劇ウェスタンカーニバル」

1950年に勃発した朝鮮戦争で日本は朝鮮半島に出兵するアメリカ軍の補給物資を全面的にまかない、破損した戦車や戦闘機の修理から戦死した将兵の遺体処理までを請け負う…

lock_primary

TAP the SCENE

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ〜スティングも出資した英国映画の傑作

「寝る前に10分だけ脚本を読もうと思って手にしたら、結局朝まで読み耽ってしまった。リッチーに電話するのが待ち遠しかったよ。とにかくカラフルでオリジナリティのある…

color_red

TAP the COLOR

BLUESに回帰した“永遠のギター・クレイジー”〜ゲイリー・ムーア

★ダウンロード/ストリーミング時代の色彩別アルバムガイド 「TAP the COLOR」連載第172回 さすらいのギタリストの中でも、特に孤高の存在であり続けた…

scene_140910

TAP the SCENE

タクシー・ドライバー〜大都会の孤独の中で愛を失った男がある日実行した壮絶なこと

都会で生きていると、孤独になることがある。それは避けられない試練として存在する。 例えば東京の都心。他の場所からやって来る人々でこの都市は形成されている。彼らの…

The-Specials-resize

TAP the LIVE

各地で騒動を巻き起こしたスペシャルズの初来日

1980年頃にロンドンを中心にして音楽とファッションで一大ブームを巻き起こしたスペシャルズ。 初来日を果たしたのはブーム真っ只中だった1980年6月のことだ。 …

sakatamanabu_banner

TAP the NEXT

坂田学──人気ドラマーが10年の時間を費やし完成させた、充実の歌ものポップ・アルバム

遠い記憶を拾い集める おじいさんの手をたぐり寄せるように 子供の頃の記憶はなくても 見えない場所に今も残っている  (中略) 木の奥で 声が聞こえる 木の奥で …

bob-marley-live-30ボブ・マーリー

TAP the SONG

「なあ、泣くな、泣かないでくれ」とボブ・マーリーが祈る「ノー・ウーマン・ノー・クライ」

1975年の6月から始まった初のワールド・ツアーで、ボブ・マーリー&ウェイラーズは北米各地にある400人キャパのクラブを回って公演をしていた。 ところが6月18…

スポンサーリンク

6 / 100<<...45678...>>
Pagetop ↑