TAP the SCENE

ベルベット・ゴールドマイン〜デヴィッド・ボウイがいたグラマラスな日々

2016.10.19

Pocket
LINEで送る

1971年のロンドン。それまでのヒッピー時代への決別の意を込めてエスニックな衣装を脱ぎ捨てたマーク・ボランは、サテンやラメの衣装に身を包んでフォーク音楽から転換した艶やかなロックンロールを演り始めた。ボランのバンドであるTレックスは、すぐさまポップスターとなる。

それから1年後の72年。今度は奇しくも同い年で同じような境遇にいたデヴィッド・ボウイが女装愛好家たちのことを歌って、新たな時代の到来を告げる──その後3年間、イギリスの音楽シーンやポップカルチャーのメインストリームとなる「グラム・ロック」「グリッター・ファッション」の幕開けだった。

これをきっかけに最先端の若者文化の震源地は、アメリカ西海岸から再びロンドンに舞台を移す。ボランもボウイも60年代後半はほぼ無名に近い存在だったが、ショウビジネスとホモセクシャルのパワーを手に入れて眩しく生まれ変わったのだ(二人とも10代の頃は洒落者=モッズだった)。特にボウイは渡米時に出逢ったルー・リードやイギー・ポップに衝撃を受けたのち、自ら「ジギー・スターダスト」に扮することによってこのムーヴメントのリーダー的存在へと祭り上げられていく。

音楽やファッションだけでなく、思想、SF、世紀末感、ポップアート、30〜50年代のハリウッド女優のイメージなどが融合したこのスタイリッシュなうねりは、ロキシー・ミュージック、ゲイリー・グリッター、スージー・クアトロ、スレイド、スウィートらを登場させた。アメリカではニューヨーク・ドールズがデビュー。あのエルトン・ジョンでさえグラム・ファッションに傾倒していたほどだ。

しかし、1973年7月。ボウイはステージでの引退を宣言(ジギー・スターダストとして)。グラム帝国は一気に失速することになる。ツアーが絶頂を極めている頃、ボウイは「自分はステージの上で暗殺される」と公言していたそうだ。

『ベルベット・ゴールドマイン』(VELEVET GOLDMINE/1998)は、こうしたグラマラス・ピープルの伝説にオマージュを捧げ、再構築した映画だった。タイトルはデヴィッド・ボウイが1971年に録音した同曲よりつけられた。主演はイギー・ポップを彷彿とさせるカート・ワイルド役のユアン・マクレガー。そしてボウイの化身とも言える大役ブライアン・スレイドを演じたジョナサン・リース・マイヤーズ。二人を追いかける若き新聞記者アーサー役にはクリスチャン・ベール。

1984年のニューヨーク。27歳の新聞記者アーサーは上司からある事件の真相を探るように言われる。それは70年代のグラム・ロックの顔役として「マックスウェル・デイモン」というキャラクターで人気絶頂にあったブライアン・スレイドの追跡調査。イギリス人のアーサーは元エージェントや元妻マンディに取材をしていくうちに、自らの青春時代=グルーピーとして夢中になっていたグラム・シーンを回想する。74年のステージで偽装殺人を演じて以来、姿を消した伝説のロック・ミュージシャンは今どこに? そして調査を進めるうち、アーサーはブライアンの現在の姿を知って衝撃を受けるのだった……。

この作品がただの回顧的な音楽映画に終わらなかったのは、失踪の謎を追うミステリーのプロットと19世紀の英国人作家オスカー・ワイルドを導入したことだろう。耽美世界や退廃趣味で文学界に衝撃をもたらしたワイルドと、100年近く経って登場するグラム・ロックのスターたちが紡ぐお伽話のようにも思える。オスカー・ワイルドの手にあった謎のエメラルドの石が、その後ブライアンからカート、カートからアーサーの手に引き継がれていくのが印象的だ。

予告編


ユアン・マクレガー扮するカート・ワイルドはイギー・ポップそのものだった

『ベルベット・ゴールドマイン』

『ベルベット・ゴールドマイン』


*日本公開時チラシ
131870_1
*参考/『ベルベット・ゴールドマイン』パンフレット、『イギリス族物語』(ジョン・サベージ)

*このコラムは2016年1月14日に公開されました。

評論はしない。大切な人に好きな映画について話したい。この機会にぜひお読みください!
名作映画の“あの場面”で流れる“あの曲”を発掘する『TAP the SCENE』のバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the SCENE]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑