「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the SONG

中島みゆきの「狼になりたい」で描いた人間模様のやるせなさ~〈吐きすて〉の歌の系譜④

2020.04.22

Pocket
LINEで送る

1979年にリリースされた中島みゆきのアルバム『親愛なる者へ』の収録曲に、24時間営業の飲食店を舞台にした『狼になりたい』という歌がある。

「♫ 夜明け間際の吉野屋では」と始まるこの曲を、ぼくが初めてNHKのスタジオで聴いたのはアルバムが発売になる直前だった。
歌い出しの1行目の歌詞で驚かされると同時に、心のなかで快哉をあげたことを覚えている。

日本にもついに一幕物の舞台劇、それもリアルな現実を描いて歌えるシンガー・ソングライターが登場してきたのだ。

「狼になりたい」
作詞・作曲:中島みゆき

夜明け間際の吉野屋では
化粧のはげかけたシティ・ガールと
ベィビィ・フェイスの狼たち
肘をついて眠る

なんとかしようと思ってたのに
こんな日に限って朝が早い
兄ィ、俺の分はやく作れよ
そいつよりこっちのが先だぜ

買ったばかりのアロハは
どしゃ降り雨で よれよれ
まぁ いいさ この女の化粧も
同じようなもんだ

狼になりたい 狼になりたい
ただ一度


牛丼屋チェーンの店内における情景描写と、居合わせた客の心象風景、そこにある鬱屈や屈折、それらを自分の心のなかで語ったり、あるいは登場人物の代わりにつぶやいたり――。
そんなことばの断片が中島みゆきの歌声で綴られていく。

歌詞のイメージをふくらませる石川鷹彦のアレンジは包容感と緊張感があり、サウンドも印象に残るものだった。

NHK-FMで夜の10時台にオンエアしていた「サウンドストリート」という音楽番組でオンエアすると、リスナーからハガキで「心を撃ち抜かれた」とか、「頭をぶっ叩かれたようです」といった反応が寄せられた。

%e8%a6%aa%e6%84%9b%e3%81%aa%e3%82%8b%e8%80%85%e3%81%b8

向かいの席のおやじ見苦しいね
ひとりぼっちで見苦しいね
ビールをください ビールをください
胸がやける

あんたも朝から忙しいんだろ
がんばって稼ぎなよ
昼間・俺たち会ったら
互いに「いらっしゃいませ」なんてな


主人公の心の奥で溜まっていくやるせない気持ち、「みんないいことしてやがるのに‥‥」という妬みと不満――。
そんな気分を抱えたまま溜め込んで、それでも日々の暮らしを続けて生きている人々――。

人形みたいでもいいよな
笑えるやつはいいよな
みんな、いいことしてやがんのにな
いいことしてやがんのにな
ビールはまだかぁ


唐突に「ビールはまだかぁ!」ということばが店内に響く。
吐き捨てるようなその怒声から、中島みゆきのロック・スピリッツが感じられる。

俺のナナハンで行けるのは
町でも海でもどこでも
ねぇ あんた 乗せてやろうか
どこまでもどこまでもどこまでも
どこまでも

狼になりたい 狼になりたい
ただ一度
狼になりたい 狼になりたい
ただ一度


一瞬だけ想像のなかで思い浮かべる、希望的な未来――。
そんなつかのまの明るさもまた、「どこまでも」ということばを4回も繰り返すうちに、どうしようもないあきらめに覆われてしまう。

中島みゆきは日常で使われる話し言葉と字数がふぞろいの歌詞で、主人公の内面だけでなく、登場人物一人ひとりの気配まで感じさせて歌う。

そこから理不尽で酷薄な社会が、否応なく顏をのぞかせてくる。


(注)本コラムは2016年9月23日に公開されました。

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[TAP the SONG]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ