TAP the SONG

「九月になったのに」~歌や音楽でしか伝えられないボロボロの天使たちの叫び

2017.09.01

Pocket
LINEで送る

竹中直人は中学3年生の頃、ラジオから流れた歌を聴いてRCサクセションの大ファンになり、熱心にライブへ足を運ぶようになった。
RCサクセションは竹中にとって、ヤマハの生ギターFG500をがむしゃらにかきならし、大きなウッドベースを持ったボロボロの3人組だった。

そんな竹中の書いたエッセイは、初期のRCサクセションが持っていた魅力を伝えてくれる。

今からもう20年も前になるか、ぼくは彼らのコンサートに出かけていった。破廉ケンチの病的に、脳ズイをシゲキする、左ききのリードギター! そして暗く重いはぎしりをしたくなるような林小和生のウッドベース! そしてはちきれんばかりにギターをかきならし、三人さんにの中で唯一心をゆるしてくれそうな、それでいて、かたくなに心を閉ざしてしまったら、あまてらす大みかみのように、美しく、力強く、そして切ない、ボロボロのキヨシローのうた声に私の魂は、ブルブルとふるえたのだ!!


竹中の魂をブルブルとふるわせたのは「九月になったのに」、1972年12月発表の2ndアルバムに収められていた楽曲である。

「九月になったのに」
 作詞:忌野清志郎 作曲:肝沢幅一

 九月になったのに
 いい事なんかありゃしない
 九月になったのに
 何も変りゃしないのさ
 相変らずむし暑いし
 相変らず夜は眠れない
 相変らずだよ


ライブで「九月になったのに」を聴いた竹中は、必死になって唄うRCサクセションから確かなメッセージを受け取った。
それは歌や音楽でしか伝えられない、天使たちの叫びだった。

おれの人生はその頃、不安のかたまりだった。どうしていいのかがわからなかった。いや今もそうだ。そんなおれに彼らは不安のままでいい、そのままでいいんだというパワーを、必死に教えてくれたのだ。
どんなにギンギンにショーアップされたロックンロールのRCよりも、暗い照明の中で、必死で生ギターをかきならし、必死で叫んでいる三人の男たち、今でも目をつぶると「九月になったのに」を必死に唄う三人の姿が目に浮かんでくる。必死に見えた、必死の三人組だった。彼らはぼくにとってのボロボロの天使たちだったのだ。


破廉ケンチのギター、忌野清志郎のギター、小林和生のウッドベース、そして3人の声が大合唱となる。

 そちらはどうですか?
 君はどうですか?
 そちらも九月になりましたか?
 九月はまだですか?




 
俳優から映画監督になっていく竹中と忌野清志郎の、公私にわたる交友が始まったのは多摩美術大学に入ってからのことだ。
古井戸の加奈崎芳太郎に紹介してもらって面識ができた竹中は、8ミリの自主映画を製作したとき忌野清志郎に出演してもらった。

ところが中央線の社内を撮影中、電車が揺れてカメラが倒て壊れたために、結局その映画は完成しなかったという。
しかしそれ以来、ライブに行って顔を合わせると、「竹中、あの8ミリ映画はどうした」と言ってもらえるような関係になった。

その言葉を胸に抱いて、竹中はいつか一緒に映画を作るんだと夢をふくらませてきた。
そして1994年に監督した映画『119』で、ついに念願だった劇中音楽を担当してもらうことができたのだ。

それが日本アカデミー賞の最優秀音楽賞に選ばれて、喜びを分かち合うことにもなった。

その後も忌野清志郎は竹中が映画を撮るたびに、「竹中、映画を撮っているそうじゃないか。出番はないか」と、いつも駆けつけてくれた。

2005年の『サヨナラCOLOR』ではゲスト出演したうえに、竹中のたっての希望で主題歌「サヨナラCOLOR」をハナレグミとともに歌った。

〈参照コラム〉国分寺三中の先輩・忌野清志郎と後輩・ハナレグミのデュエット~「サヨナラCOLOR」

しかし「ボロボロの天使たち」はその後、ドラムを加えてエレキバンドを目指し、1977年にはオリジナル・メンバーの破廉ケンチがやめている。

新生RCサクセションの快進撃が始まるのは1979年からだが、そこに至るまでの過渡期に記録された貴重なライブ音源からは、忌野清志郎が確かな方向性をつかみつつあることが伝わってくる。



「九月になったのに」
LIVE 1976.12.7 京都府立体育館


(注)竹中直人のエッセイ「九月になったのに」は、ロックンロール研究所編集「生卵―忌野清志郎画報」(河出書房新社) からの引用です。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the SONG]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑