TAP the CHART

1979年はブロンディのヒット、そしてザ・クラッシュの最高傑作と2トーンスカが登場した

2015.10.15

Pocket
LINEで送る

「TAP the CHART」第21回は、1979年を取り上げます。まずはシングルとアルバムの年間チャートTOP 10から。

【1979年のBillboard年間チャート】

★TOP 10 SINGLES

❶My Sharona / The Knack
❷Bad Girls / Donna Summer
❸Le Freak / Chic
❹Da Ya Think I’m Sexy? / Rod Stewart
❺Reunited / Peaches & Herb
❻I Will Survive / Gloria Gaynor
❼Hot Stuff / Donna Summer
❽Y.M.C.A. / Village People
❾Ring My Bell / Anita Ward
❿Sad Eyes / Robert John

1979年の年間TOP100。TOP10は38分59秒以降。


★TOP 10 ALBUMS
❶52nd Street / Billy Joel
❷Spirits Having Flown / Bee Gees
❸Minute by Minute / Doobie Brothers
❹The Cars / The Cars
❺Breakfast in America / Supertramp
❻Live and More / Donna Summer
❼Pieces of Eight / Styx
❽Bad Girls / Donna Summer
❾Parallel Lines / Blondie
❿Blondes Have More Fun / Rod Stewart

スクリーンショット(2015-10-12 20.38.16)

【1979年の主な音楽的出来事】
○NYパンクシーン出身のブロンディが大ブレイク。「Heart of Glass」が全米1位に。

○12月、ザ・クラッシュが『London Calling』をリリース。ロック史上最も重要なアルバムの一つとなる。

○スペシャルズがデビュー。ザ・セレクター、マッドネス、ザ・ビートらと2トーンスカのムーヴメントが起こる。

○マイケル・ジャクソンとクインシー・ジョーンズのコンビが『Off The Wall』をリリース。3年後の『Thriller』へ向けての第一歩だった。

○ディスコ・クイーンのドナ・サマーがナンバーワンヒットを連発。

○シュガーヒル・ギャングの「Rapper’s Delight」がヒップホップとして最初のヒットを記録。

○クリッシー・ハインド率いるプリテンダーズがデビュー。

○ベット・ミドラー主演の映画で、ジャニス・ジョプリンをモデルにした言われる『ローズ』が公開。
(こちらをお読みください)
ローズ〜すべての歌い手とロックを心から愛する人々に捧ぐ

○原発反対を訴える『ノー・ニュークス:ミューズ・コンサート』が9月に開催。ジャクソン・ブラウン、ボニー・レイットが先頭に立って、ブルース・スプリングスティーンやトム・ペティらも参加。

○カンボジア難民救済のためのチャリティ・コンサートが12月に開催。ポール・マッカートニー、ザ・フー、クイーン、ザ・クラッシュらが参加。

○キース・ムーン亡き後、新たにケニー・ジョーンズをメンバーに迎え入れたザ・フーが新生デビュー。バンドの歴史を綴ったドキュメンタリー映画『キッズ・アー・オールライト』も公開された。

○ドラッグ裁判から解放されたキース・リチャーズがロン・ウッドと組んだニュー・バーバリアンズで全米ツアーを開始。

○元セックス・ピストルズのベーシスト、シド・ヴィシャスがヘロイン過剰摂取が原因でNYのホテルで死去。享年21。

○パット・ベネターが1stアルバム『In the Heat of the Night』をリリース。1980年代前半で最も人気のあった女性アーティスト。

○レッド・ツェッペリン『In Through the Out Door』リリース
○AC/DC『Highway to Hell』リリース
○イーグルス『The Long Run』リリース
○ニール・ヤング『Rust Never Sleeps』リリース
○マリアンヌ・フェイスフル『Broken English』リリース
○スーパートランプ『Breakfast in America』リリース
○J.D.サウザー『You’re Only Lonely』リリース
○トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ『Damn the Torpedoes』リリース
○チープ・トリック『At Budokan』リリース
○スロッビング・グリッスル『20 Jazz Funk Greats』リリース
○ギャング・オブ・フォー『Entertainment!』リリース
○ポップ・グループ『Y』リリース
○ゲイリー・ニューマンがイギリスで大ブレイク
○ブームタウン・ラッツの「I Don’t Like Mondays」が大ヒット
○ザ・ナックの「My Sharona」が大ヒット
○B-52’sがデビュー
○U2がアイルランドでデビュー
○EL&P解散
○ボブ・マーリィ来日公演

○1979年に亡くなったミュージシャン
ダニー・ハサウェイ(1月13日)
シド・ヴィシャス(2月2日)
ニーノ・ロータ(4月10日)
ローウェル・ジョージ(6月29日)
ヴァン・マッコイ(7月6日)
ミニー・リパートン(7月12日)
ジミー・マッカロク<ウイングス>(9月27日)

【1979年のBillboard1位獲得シングル/アルバム】○内数字は獲得した週。
★SINGLES
Too Much Heaven/Bee Gees ②
Le Freak/Chic ⑥*前年3週分含む
Da Ya Think I’m Sexy?/Rod Stewart ④
I Will Survive/Gloria Gaynor ③
Tragedy/Bee Gees ②
What a Fool Believes/The Doobie Brothers ①
Knock on Wood/Amii Stewart ①
Heart of Glass/Blondie ①
Reunited/Peaches & Herb ④
Hot Stuff/Donna Summer ③
Love You Inside Out/Bee Gees ①
Ring My Bell/Anita Ward ②
Bad Girls/Donna Summer ⑤
Good Times/Chic ①
My Sharona/The Knack ⑥
Sad Eyes/Robert John ①
Don’t Stop ‘Til You Get Enough/Michael Jackson ①
Rise/Herb Alpert ②
Pop Muzik/M ①
Heartache Tonight/Eagles ①
Still/Commodores ①
No More Tears (Enough is Enough)/Barbra Streisand and Donna Summer ②
Babe/Styx ②
Escape (The Piña Colada Song)/Rupert Holmes ③*後年1週分含む

1979年のナンバー1ヒットは24曲。

★ALBUMS
Barbra Streisand’s Greatest Hits Vol.2/Barbra Streisand ③
52nd Street/Billy Joel ⑧*前年7週分含む
Briefcase Full of Blues/Blues Brothers ①
Blondes Have More Fun/Rod Stewart ③
Spirits Having Flown/Bee Gees ⑥
Minute by Minute/Doobie Brothers ⑤
Breakfast in America/Supertramp ⑥
Bad Girls/Donna Summer ⑥
Get the Knack/The Knack ⑤
In Through the Out Door/Led Zeppelin ⑦
The Long Run/Eagles ⑨

【1979年の全米ベストセラーアルバム】
○2300万枚/ピンク・フロイド『THE WALL』*2枚組カウント
○800万枚/マイケル・ジャクソン『OFF THE WALL』
○700万枚/イーグルス『THE LONG RUN
○700万枚/AC/DC『HIGHWAY TO HELL』

【1979年のグラミー賞】
最優秀レコード/ドゥービー・ブラザーズ「What a Fool Believes」
最優秀アルバム/ビリー・ジョエル『52nd Street』
最優秀ソング/ドゥービー・ブラザーズ「What a Fool Believes」
最優秀新人/リッキー・リー・ジョーンズ

新人賞のリッキー・リー・ジョーンズ

年度ごとの音楽の出来事やヒットが分かる!〜TAP the CHARTのバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the CHART]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑