TAP the CHART

1971年はジョン・レノンが「Imagine」を、マーヴィン・ゲイが「What’s Going On」を歌った

2016.03.26

Pocket
LINEで送る

「TAP the CHART」第31回は、1971年を取り上げます。まずはシングルとアルバムの年間チャートTOP 10から。

【1971年のBillboard年間チャート】
★TOP 10 SINGLES
❶Joy to the World / Three Dog Night
❷Maggie May/Reason to Believe / Rod Stewart
❸It’s Too Late/I Feel the Earth Move / Carole King
❹One Bad Apple / The Osmonds
❺How Can You Mend a Broken Heart / Bee Gees
❻Indian Reservation (The Lament of the Cherokee Reservation Indian) / Paul Revere & the Raiders
❼Go Away Little Girl / Donny Osmond
❽Take Me Home,Country Roads / John Denver
❾Just My Imagination (Running Away with Me) / The Temptations
❿Knock Three Times / Tony Orlando and Dawn

1971年の年間TOP100。TOP10は23分24秒以降。


★TOP 10 ALBUMS
❶Jesus Christ Superstar / Various Artists
❷Tapestry / Carole King
❸Close to You / Carpenters
❹Pearl / Janis Joplin
❺Abraxas / Santana
❻The Partridge Family Album / Partridge Family
❼Sweet Baby James / James Taylor
❽Tea for The Tillerman / Cat Stevenes
❾Greatest Hits / Sly & The Family Stone
❿ChicagoⅢ / Chicago

【1971年の主な音楽的出来事】
○ローリング・ストーンズが自身のレーベルを設立。シングル「Brown Sugar」とアルバム『Sticky Fingers』が大ヒット。ストーンズはこの頃、世界のポップカルチャーの中心だった。

○キャロル・キングの『Tapestry』が大ヒット。シンガー・ソング・ライターブームの象徴となる。

○ジャニス・ジョプリンの遺作『Pearl』が大ヒット。

○フェイセズとの活動を並行していたロッド・スチュワートの「Maggie May」が大ヒット。

○レッド・ツェッペリンが『Ⅵ』をリリース。「天国への階段」を含む本作は最も売れたハードロック・アルバムとなる。

○ジョン・レノンが『Imagine』をリリース。

○T.レックスが『Electric Warrior』をリリース。グラム・ロックの最初の名盤となる。

○マーヴィン・ゲイが『What’s Going On』をリリース。ダニー・ハサウェイ、カーティス・メイフィールド、スティーヴィー・ワンダー、ロバータ・フラック、ビル・ウィザースらが活躍した“ニュー・ソウル”における歴史的名作となる。

○ドアーズのジム・モリソンが死去。享年27。
○オールマン・ブラザーズ・バンドのデュアン・オールマンが事故死。享年24。
○サンフランシスコのフィルモア・ウエストが閉鎖。
○ジョージ・ハリソンの呼びかけでバングラデシュ難民救済コンサートがNYで開催。ボブ・ディランが参加した。
○ポール・マッカートニーがウイングスを始動させる。
○ジョージ・ジョーンズとタミー・ウィネットが最初のデュエットアルバム『We Go Together』をリリース。

○ピンク・フロイド、レッド・ツェッペリン、グランド・ファンク・レイルロード来日
○ビリー・ジョエルがデビュー
○サンタナに16歳の天才ギタリスト、ニール・ショーンが加入
○ジェファーソン・エアプレインからマーティン・バリンが脱退
○フリーが解散

○ビーチ・ボーイズ『Surf’s Up』リリース
○オールマン・ブラザース・バンド『At Fillmore East』リリース
○ジョニ・ミッチェル『Blue』リリース
○ドン・マクリーン『American Pie』リリース
○ザ・フー『Who’s Next』リリース
○イエス『Fragile』リリース
○スライ&ザ・ファミリー・ストーン『There’s a Riot Goin’ On』リリース

○1971年に亡くなったミュージシャン
ジム・モリソン(7月3日)
ルイ・アームストロング(7月6日)
キング・カーティス(8月13日)
ジーン・ヴィンセント(10月12日)
デュアン・オールマン(10月29日)
ジュニア・パーカー(11月18日)

【1971年のBillboard1位獲得シングル/アルバム】○内数字は獲得した週。
★SINGLES
My Sweet Lord/Isn’t It a Pity/George Harrison ④*前年1週分含む
Knock Three Times/Dawn ③
One Bad Apple/The Osmonds ⑤
Me and Bobby McGee/Janis Joplin ②
Just My Imagination (Running Away with Me)/The Temptations ②
Joy to the World/Three Dog Night ⑥
Brown Sugar/The Rolling Stones ②
Want Ads/The Honey Cone ①
It’s Too Late/I Feel the Earth Move/Carole King ⑤
Indian Reservation (The Lament of the Cherokee Reservation Indian)/The Raiders ①
You’ve Got a Friend/James Taylor ①
How Can You Mend a Broken Heart/Bee Gees ④
Uncle Albert/Admiral Halsey/Paul & Linda McCartney ①
Go Away Little Girl/Donny Osmond ③
Maggie May/Reason to Believe/Rod Stewart ⑤
Gypsys, Tramps & Thieves/Cher ②
Theme from Shaft/Isaac Hayes ②
Family Affair/Sly and the Family Stone ③
Brand New Key/Melanie ③*後年2週分含む

1971年のナンバー1ヒットは19曲。

★ALBUMS
All Things Must Pass/George Harrison ⑦
Jesus Christ Superstar/Various artists ③
Pearl/Janis Joplin ⑨
4 Way Street/Crosby,Stills,Nash&Young ①
Sticky Fingers/The Rolling Stones ④
Tapestry/Carole King ⑮
Every Picture Tells a Story/Rod Stewart ④
Imagine/John Lennon ①
Shaft/Isaac Hayes(Soundtrack) ①
Santana Ⅲ/Santana ⑤
There’s a Riot Goin’ On/Sly & the Family Stone ②

【1971年の全米ベストセラーアルバム】
○2300万枚/レッド・ツェッペリン『LED ZEPPELIN IV』
○1200万枚/ローリング・ストーンズ『HOT ROCKS』
○1000万枚/キャロル・キング『TAPESTRY』

【1971年のグラミー賞】
最優秀レコード/キャロル・キング「It’s Too Late」
最優秀アルバム/キャロル・キング『Tapestry』
最優秀ソング/キャロル・キング「You’ve Got a Friend」
最優秀新人/カーリー・サイモン

キャロル・キングが主要3部門を独占した

年度ごとの音楽の出来事やヒットが分かる!〜TAP the CHARTのバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the CHART]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑