TAP the CHART

ボブ・ディランがブーイングを浴びた1965年、ストーンズが「満足できない」と歌った

2016.07.27

Pocket
LINEで送る

「TAP the CHART」第44回は、1965年を取り上げます。まずはシングルとアルバムの年間チャートTOP 10から。

【1965年のBillboard年間チャート】
★TOP 10 SINGLES
❶Wooly Bully / Sam the Sham and the Pharaohs
❷I Can’t Help Myself (Sugar Pie Honey Bunch) / Four Tops
❸(I Can’t Get No) Satisfaction / The Rolling Stones
❹You Were on My Mind / We Five
❺You’ve Lost That Lovin’ Feelin’ / The Righteous Brothers
❻Downtown / Petula Clark
❼Help! / The Beatles
❽Can’t You Hear My Heart Beat / Herman’s Hermits
❾Crying in the Chapel / Elvis Presley
❿My Girl / The Temptations


★TOP 10 ALBUMS
❶Mary Poppins / Soundtrack
❷Beatles ’65 / The Beatles
❸The Sound of Music / Soundtrack
❹My Fair Lady / Soundtrack
❺Fiddler On The Roof / Original Cast
❻Goldfinger / Soundtrack
❼Hello,Dolly! / Original Cast
❽Dear Heart / Andy Williams
❾Introducing Herman’s Hermits / Herman’s Hermits
❿Beatles VI / The Beatles

【1965年の主な音楽的出来事】

○ボブ・ディランはこの年、ロックに接近した2枚のアルバム『Bringing It All Back Home』 『Highway 61 Revisited』を発表。後者にはロック史上に輝く名曲「Like a Rolling Stone」を収録。7月のニューポート・フォーク・フェスティヴァルではエレキギターで演奏。観客からブーイングを浴びる。

○ローリング・ストーンズが「(I Can’t Get No) Satisfaction」をリリース。最初の全米ナンバーワン・ヒットに。

○ハイ・ナンバーズから改名したザ・フーがデビュー。「My Generation」がヒット。

○バーズの「Mr. Tambourine Man」が大ヒット。フォーク・ロックを牽引。

○ビートルズが『Rubber Soul』を発表。

○ビーチ・ボーイズの「California Girls」がヒット。

○ポール・バターフィールド・ブルース・バンドがデビューアルバム『The Paul Butterfield Blues Band』をリリース。

○スティーヴ・ウィンウッドが在籍していたスペンサー・デイヴィス・グループの「Keep On Running」が全英ナンバーワン・ヒット。

○フォー・トップス、シュープリームス、テンプテーションズらモータウン勢がこの年もヒットを連発。スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズの名曲「The Tracks of My Tears」が生まれる。

○オーティス・レディングが名盤『Otis Blue/Otis Redding Sings Soul』をリリース。

◯ウィルソン・ピケットの「In the Midnight Hour」がヒット。

○ゼムがデビューアルバム『The Angry Young Them』をリリース。
○グラハム・ボンド・オーガニゼイションが『The Sound of ’65』をリリース。
○ジェームス・ブラウンが『Papa’s Got a Brand New Bag』をリリース。
◯ジュニア・ウェルズがブルーズの名盤となる『Hoodoo Man Blues』をリリース。
○ソニー&シェールの「I Got You Babe」がヒット。
○ラヴィン・スプーンフルの「Do You Believe in Magic」がヒット。
○ラムゼイ・ルイスの「The In Crowd」がヒット。
○ヤードバーズからエリック・クラプトン脱退。ジェフ・ベック加入。
○B.B.キングがライヴ盤『Live at the Regal』をリリース。
○ベンチャーズが来日公演。空前のエレキ・ブームが巻き起こる。
◯ハービー・ハンコック『Maiden Voyage』リリース。

○1965年に亡くなったミュージシャン
アラン・フリード(1月20日)
ナット・キング・コール(2月15日)
ソニー・ボーイ・ウィリアムソン(5月25日)
アール・ボスティック(10月28日)

【1965年のBillboard1位獲得シングル/アルバム】○内数字は獲得した週。
★SINGLES
I Feel Fine/The Beatles ③*前年1週分含む
Come See About Me/The Supremes ②*前年1週分含む
Downtown/Petula Clark ②
You’ve Lost That Lovin’ Feelin’/The Righteous Brothers ②
This Diamond Ring/Gary Lewis & the Playboys ②
My Girl/The Temptations ①
Eight Days a Week/The Beatles ②
Stop! In the Name of Love/The Supremes ②
I’m Telling You Now/Freddie and the Dreamers ②
Game of Love/Wayne Fontana and the Mindbenders ①
Mrs. Brown, You’ve Got a Lovely/Herman’s Hermits ③
Ticket to Ride/The Beatles ①
Help Me, Rhonda/The Beach Boys ②
Back in My Arms Again/The Supremes ①
I Can’t Help Myself (Sugar Pie Honey Bunch)/Four Tops ②
Mr. Tambourine Man/The Byrds ①
(I Can’t Get No) Satisfaction/The Rolling Stones ④
I’m Henry VIII, I Am/Herman’s Hermits ①
I Got You Babe/Sonny & Cher ③
Help!/The Beatles ③
Eve of Destruction/Barry McGuire ①
Hang on Sloopy/The McCoys ①
Yesterday/The Beatles ④
Get Off of My Cloud/The Rolling Stones ②
I Hear a Symphony/The Supremes ②
Turn! Turn! Turn! (To Everything There Is a Season)/The Byrds ③
Over and Over/The Dave Clark Five ①

1965年のナンバー1ヒットは27曲。

★ALBUMS
Roustabout/Elvis Presley(Soundtrack) ①
Beatles ’65/The Beatles ⑨
Mary Poppins/Soundtrack ⑭
Goldfinger/Soundtrack ③
Beatles VI/The Beatles ⑥
Out of Our Heads/The Rolling Stones ③
Help!/The Beatles ⑨
The Sound of Music/Soundtrack ②
Whipped Cream and Other Delights/Herb Alpert’s Tijuana Brass ⑧*後年3週分含む

【1965年のグラミー賞】
最優秀レコード/ハーブ・アルパート&ザ・ティファナ・ブラス「A Taste of Honey」
最優秀アルバム/フランク・シナトラ『September of My Years』
最優秀ソング/「The Shadow of Your Smile (Love Theme From “The Sandpiper”) 」
最優秀新人/トム・ジョーンズ


年度ごとの音楽の出来事やヒットが分かる!〜TAP the CHARTのバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the CHART]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑