TAP the CHART

『嘆きの天使』が公開された1930年、デルタ・ブルーズのサン・ハウスが歴史的録音

2018.04.24

Pocket
LINEで送る

「TAP the CHART」113回は、1930年を取り上げます。

【1930年のTOP 10 HITS】
❶Stein Song (University of Maine) / Rudy Vallee
❷Dancing With Tears in My Eyes / Nat Shilkret
❸Body and Soul / Paul Whiteman
❹Little White Lies / Fred Waring
❺You’re Driving Me Crazy! (What Did I Do?) / Guy Lombardo
❻Three Little Words / Duke Ellington
❼When It’s Springtime in The Rockies / Ben Selvin
❽Chant of the Jungle / Roy Ingraham
❾Happy Days Are Here Again / Benny Meroff
❿When It’s Springtime in The Rockies / Hilo Hawaiian Orchestra

*参考/Joel Whitburn監修『Pop Memories 1900-1940』。ナンバー1ヒットのうち、1位の獲得週が多かったもの順に掲載(同点の場合、チャートに留まった週が多い方を優先)。

【1930年の主な音楽的出来事】
◯ハリー・リッチマンの「Puttin’ on the Ritz」(アーヴィング・バーリン作曲)がヒット。


◯ルース・エッティングの「Ten Cents a Dance」がヒット。

◯ホーギー・カーマイケルが自作「Georgia On My Mind」を録音。

◯デューク・エリントンの「Three Little Words」がヒット。

◯サン・ハウスが不滅の「Preachin’ Blues」など6曲を初録音。

◯キャノンズ・ジャグ・ストンパーズが「Walk Right In」を録音。

◯ミシシッピー・シークスが「Sitting on Top of the World」を録音。

◯ジミー・ロジャーズが「Blue Yodel No.9 (Standin’ on the Corner)」を録音。ルイ・アームストロングが参加。

◯ドイツのベルリンではマレーネ・ディートリヒを一躍スターにした映画『嘆きの天使』が公開。同年、アメリカのハリウッドへ渡る。

◯「On the Sunny Side of the Street」(明るい表通りで)が初録音。
◯カーター・ファミリーが「Worried Man Blues」を録音。
◯悪魔のイメージでその名を馳せたセント・ルイスのブルーズマン、ピーティ・ウィートストローが録音を開始。

【1930年のナンバー1ヒット】○内数字は獲得した週。
Chant of the Jungle/Roy Ingraham ③
The Man from the South/Ted Weems ①
Happy Days Are Here Again/Benny Meroff ③
Puttin’ on the Ritz/Harry Richman ①
Happy Days Are Here Again/Ben Selvin ②
Stein Song (University of Maine)/Rudy Vallee ⑩
When It’s Springtime in The Rockies/Hilo Hawaiian Orchestra ②
When It’s Springtime in The Rockies/Ben Selvin ③
Dancing With Tears in My Eyes/Nat Shilkret ⑦
Little White Lies / Fred Waring ⑥
If I Could Be With You One Hour Tonight/McKinney’s Cotton Pickers ②
Body and Soul/Paul Whiteman ⑥
Three Little Words/Duke Ellington ③
You’re Driving Me Crazy! (What Did I Do?)/Guy Lombardo ④

1930年のナンバー1ヒットは14曲。

年度ごとの音楽の出来事やヒットが分かる!〜TAP the CHARTのバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the CHART]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑