「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the DAY

エディット・ピアフを偲んで〜最期まで歌と愛に生きた人生、亡くなる一年前に結婚した20歳年下の夫

2019.10.11

Pocket
LINEで送る

私はおそろしい人生をおくってきました。
それは事実です。
でも、素晴らしい人生でもありました。
こんなことを言うのは他でもありません。
私は人生を…何よりも先ず、人生というものを愛してきたからです。


ピアフは自分に訪れる死を意識しながら書いた自伝にこんな言葉を綴っていた。
1963年10月10日、伝説のシャンソン歌手エディット・ピアフ(享年47)がフレンチ・リヴィエラ(南フランスにある保養地として知られる地中海沿岸の名称)にある小さな町プラスカシエの別荘で死亡した。
死因は肝臓癌と公表された。
パリで行われた彼女の葬儀の日には40,000人以上のファンが集まり、多くの飲食店や商店が弔意を表して休業し喪に服したという。
第二次世界大戦後、パリの交通が完全にストップしたのはピアフの葬儀の時だけだった。
その恋多き人生は、スター歌手として活躍する一方で、事故による怪我とリューマチ性関節炎、それらの痛みをやわらげるためのモルヒネ中毒との闘いに費やしたと言われている。
彼女は2回結婚しており、最初は37歳の時に歌手のジャック・パルと1952年〜1956年の間夫婦生活を送っている。
二度目は47歳の時に20歳年下のテオ・サラポと結ばれている。
テオは元美容師で、彼女と出会った頃は歌手・俳優に転身したばかりだった。
もともとテオがピアフの大ファンであったことが縁となり(彼女が他界する一年前の)1962年に夫婦となった。
テオは妻ピアフの死後、妻の残した多額の借金(700万フラン)を独力ですべて返済したという。


1949年、当時34歳だった彼女は最愛の恋人マルセル・セルダン(フランスのボクサー)と悲劇的な別れを経験している。
ニューヨークでの試合が決まった恋人マルセル・セルダンに対してピアフは「とても待てないの、早く会いに来て!」と手紙を書く。
マルセルは船の予約をキャンセルして飛行機でニューヨークに向かう。
しかし、その飛行機がアゾレス諸島上空で墜落事故に遭い…彼はそのまま帰らぬ人となる。
最愛の恋人を失った彼女は、あまりのショックから正気を保つことができず、酒と麻薬に溺れていってしまう。

「麻薬って、ほんとに地獄のお祭りよ。単調で、灰色で、汚いわ。それでも続けるしかないのよ…」


当時トップスターとして彼女が稼いでいた高額なギャラは、寂しさをまぎらわしてくれる取り巻きとの交友費と麻薬代にすべて消えていったという。
しだいに借金まで負うようになり、身体も精神もボロボロとなった彼女のもとに現れたのが、20歳年下のテオだった。
彼はピアフが癌で余命いくばくもないことを医師から聞いていたにも関わらず、彼女に結婚を申し込んだ。

「テオ、私の顔をよくごらんなさい!こんなボロ切れのような女のどこがいいっていうの?もう女なんてものじゃないわ!自分の足でちゃんと立つこともできない哀れな病人にすぎないのよ…こんな私と結婚なんかするものじゃないわ!」


「僕は君と結婚したいんだ。歳の差や病気のことで君は僕を幸せにできないと言うけど、僕は君を失うことのほうがもっと怖いんだ。今はまず自分がしっかり治療をすることだけを考えて欲しい。君の病気は僕が治してあげるよ!妻が病気で苦しんでいる時、そばにいて看病するのが夫の役目なんだ!今度のオランピア公演が終わったら結婚しよう!」


1962年9月、ピアフはスタッフからはステージに立つのは自殺行為と言われながらも5度目のオランピア劇場公演を成功させる。
そして10月9日、親友マレーネ・ディートリヒの介添えのもと、ピアフとテオは正式に夫婦となる。
1963年2月、彼女は最後の力を振り絞るかのようにテオと共にボビノ座で公演を行う。
翌月の3月18日、フランス北部リール市のオペラ座に出演したのが、生涯最後のステージとなった。
それらの公演は、歌の才能を持つテオを世に出すためのでもあった。
一年あまりの結婚生活の後、テオの歌手としての成功を見届けるように彼女はこの世を去ってゆく…



<引用元・参考文献『わが愛の讃歌―エディット・ピアフ自伝』エディット・ピアフ(著)中井多津夫(翻訳)/晶文社>
<引用元・参考文献『エディット・ピアフという生き方』山口路子(著)/ KADOKAWA 中経出版>

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[TAP the DAY]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ