Extra便

スティーブ・ガッドとウィル・リーに「君がリーダーだから」と導かれた25歳、桑原あいが世界へ進む道

2017.02.04

Pocket
LINEで送る

幼少の頃から天才エレクトーン少女として称賛されていた桑原あいが、ピアノに転向したのは中学生の後半からだった。
だが当初は「自分の下手さに絶望」してしまい、そこからの苦労は並大抵ではなかったという。

クラシックから始めたんですけど、脳みそが完全にもうエレクトーンになっていたんですね。
鍵盤楽器を14歳まで、10年間くらいやってきて「こんな下手なのか!?」ってなったんです。


「もう私は完全にピアノを弾けるまで、ピアノ以外の楽器を弾かないぞ」という気持ちで、精神を集中させてクラシック・ピアノのレッスンに通った。
そして高校を卒業した後の2010年4月、企画・演出・作曲のすべてを自身で手がけるファースト・ライヴを開き、新しい表現に挑む音楽家として注目を集めた。

2011年5月〜8月にかけてはヤングアメリカンズのドイツ公演にピアニストとして参加、ドイツに長期滞在して演奏活動を行っている。
2012年5月には1stアルバム『from here to there』をリリース、翌年4月に発表した2ndアルバム『THE SIXTH SENSE』はタワーレコードのジャズチャートで1位になる。

自身がリーダーとなるトリオの活動を中心にしつつも、3rdアルバム 『the Window』 をリリースした2014年からはジャンルにとらわれず、ソロピアノ、with ストリングなど自由なかたちで活動の幅を広げた。

その後、モントルー・ジャズ・フェスティバル in 川崎ではソロピアノ・コンペティションで優勝、2015年の7月にはスイスで行われた本場のモントルーでも、ソロピアノ・コンペティションに日本人代表として出場した。

そこでクインシー・ジョーンズと出逢ったことから、突き当たっていた壁を乗りこえて桑原は「The Back」という作品を書いた。

そこから世界への道が開けていった。
2016年に入るとアメリカでの単独武者修行やLAでのライブなどを経て11月から、ニューヨークのシアーサウンドで2年ぶりとなるアルバム制作に取り組んだ。

そこにはドラムのスティーヴ・ガッドとベースのウィル・リー、来日時に桑原と知り合って気に入ってくれた二人が待っていた。
レジェンドというべき最強のメンバー迎えたアルバム『Somehow, Someday, Somewhere』は、こうしてトリオでレコーディングが行なわれた。



アルバム・タイトルにもつながるレナード・バーンスタインの「Somewhere」を筆頭に、ビル・エヴァンス、ボブ・ディラン、ミシェル・ペトルチアーニのカヴァーと、自身のオリジナルが5曲収録された。

桑原はかつてピアノについてこう語ったことがある。

ピアノは、ピアノ自身が人間と同じようにいろんな感情を持っている生き物ですが、そのピアノに実際命を吹き込んであげるのがアーティスト側の使命だと思っています。
もはや「私がピアノなの」となれるのが理想なんです。


そんな理想がレコードになったともいえるアルバムの最後を飾ったのは、もちろんクインシーとの出逢いから生まれた「The Back」だった。

ライナーノーツの最後に桑原はこんな一文を寄せている。

今回もプロデューサーをはじめ、たくさんのスタッフさんが力を貸してくれました。家族は精神的に支えてくれました。何よりもスティーブとウィルは、私に信じられないほどの音楽の栄養をくれ、光を浴びせてくれました。


スティーブ・ガッドと桑原あいは

そして応援してくださる皆様がいるから、音楽をすることが出来ます。ありがとう。
クインシーの大きな背中が、今でも脳裏に焼き付いています。私は、あの背中を一生忘れることはないでしょう。


スティーブとウィルが「君がリーダーだから」と導いてくれたのは、クインシー・ジョーンズによって開かれた桑原あいが世界へ進む道だった。


(注)文中の発言は〈SPICEインタビュー – ジャズミュージシャン 桑原あいの現在とこれから ~”冬の陣 With Strings”に向けて~〉からの引用です。詳しくはリンク先でお読みください。
最後の文章はアルバム『Somehow, Someday, Somewhere』のセルフ・ライナーノーツに収められています。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[Extra便]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑