街の歌

ヨコハマの歌〜煙草が似合う俳優達が歌い継いだブルースのルーツ〜

2014.10.05

Pocket
LINEで送る

♪「YOKOHAMA HONKY TONK BLUES」/松田優作


ひとり飲む酒 悲しくて 映るグラスは ブルースの色
たとえばトム・ウェイツなんて聴きたい夜は YOKOHAMA HONKY TONK BLUES

ヘミングウェイなんかにかぶれちゃってさ
フローズンダイキリなんかで酔いしれてた
あんた知らない そんな女 YOKOHAMA HONKY TONK BLUES

飯を食うならオリジナルジョーズなんて 聞いたふうなことをぬかしてた
亜麻色の髪のサラって女さ YOKOHAMA HONKY TONK BLUES


この「YOKOHAMA HONKY TONK BLUES」は、俳優の藤竜也、原田芳雄、松田優作、石橋凌などが歌い継いできた“ヨコハマ”の名曲だ。
1960〜70年代というのは、戦後のベビーブームで生まれた団塊の世代による「新しい若者文化」が台頭してきた時代だった。
戦後生まれの若い世代が社会的な発言を始め、そこで一部の若者たちの発言と行動は反社会的なものにまでエスカレートしていく。
それと同時に、若者達は「新しい音楽」「新しいファッション」「新しい生き方」を模索していた。
そんな70年代が幕を降ろそうとしていたある日、人気俳優として頭角を現していた藤竜也がトム・ウェイツの曲にインスピレーションを受けて“ヨコハマ”を舞台に一編の歌詞を綴った。
その出来上がったばかりの歌詞を渡されのは、彼の高校の後輩でもあったゴールデン・カップスのエディ藩だった。エディは数日も経たないうちに野毛(横浜市の下町)の立ち呑み屋で競馬中継を見ながら曲をつけたという。
そんな“いかにも”な逸話が残っているのも実に“ヨコハマ”らしい。

♪「YOKOHAMA HONKY TONK BLUES」/エディ藩


922986_474411059298058_551985135_n

この歌詞の中で歌われている「オリジナルジョーズ」とは1953年創業の、横浜では最も古い老舗イタリアンレストランのことだ。
横浜市中区相生町3丁目、JR関内駅南口を出て徒歩5分の場所にあったその店は、2011年10月に惜しまれながら閉店した。
創業58年という長い歴史を持つこの老舗レストランに、今は亡き名優達も足を運んでいたという。

♪「YOKOHAMA HONKY TONK BLUES」/原田芳雄

♪「YOKOHAMA HONKY TONK BLUES」/石橋凌&宇崎竜童

♪「YOKOHAMA HONKY TONK BLUES」/山崎ハコ

あなたの影を 探し求めて ひとり彷徨った この街角
本牧あたりの昔の話さ YOKOHAMA HONKY TONK BLUES

革ジャンはおって ホロホロトロトロ バーボン片手に 千鳥足
ニューグランドホテルの灯りがにじむ センチメンタル ホンキートンク・マン

ひとり飲む酒 わびしくて 映るグラスは 過去の色
あなた恋しい たそがれの YOKOHAMA HONKY TONK BLUES


♪「Nobody Knows You When You’re Down and Out」/デレク・アンド・ザ・ドミノス


Once I lived the life of a millionaire.
Spent all my money; I just did not care.

かつて 俺は豪奢に暮らす金持だった
でも 全部使っちまった もう どうでもいいんだ

Took all my friends out for a good time;
bought bootleg whiskey, champagne and wine.

友達を大勢ひきつれて 遊びに行ったものさ
違法なウイスキーやシャンパン、ワインを飲み歩いた

Then I began to fall so low.
Lost all my good friends, I did not have nowhere to go.

そして 底の底まで落ちぶれたのさ
大勢の友達が離れていった 頼れる場所なんてないさ

I get my hands on a dollar again,
I’m gonna hang on to it till that eagle grins, yeah.

やっと1ドルを手にしたよ
これでなんとかやってくつもりさ 鷲の絵柄が笑うまでな

No, nobody knows you
when you’re down and out.

誰一人 お前のことなんか憶えてないさ
落ちぶれた時にはな

In you pocket, not one penny.
And as for friends, you don’t have any.

一文無しになったら
友達も皆 離れていくものさ

When you fin’lly get back up on your feet again,
ev’rybody wants to be your long lost friend.

また お金を手に入れて元に戻ったら
誰もが「昔の仲間よ!」て近づいてくるのさ

Said, it’s mighty strange, ‘out a doubt.
Nobody knows you,
nobody knows,
nobody knows you
when you’re down and out.

ホントにおかしいだろ でもホントだぜ
誰もお前のことなんか憶えてないさ 
誰一人な
誰も憶えてない
落ちぶれた時にはな


HL_DDS_0000000000223978

この曲のルーツをさかのぼると古い古いアメリカのブルースソングに辿り着く。
アメリカに禁酒法がしかれていた1923年、ボードビルの俳優だったジミー・コックスが書いた「Nobody knows you when you’re down and out(邦題:だれも知らない)」という曲である。
この歌詞に出てくるウイスキーやシャンパンやワインは当時の“もぐり酒場”で呑まれていたものだ。
そんな時代、彼が舞台で広めていったこの曲は1927年にボビー・ベイカーによって初めてレコード化され、その後1929年にベッシー・スミスが歌ったものが、当時好セールスを記録したという。
以降、ブルースマンのみならず多くのミュージシャン達に歌い継がれてきました。
ニーナ・シモンのようなジャズ畑の人、サム・クックやオーティス・レディングのようなゴスペル・R&B畑の人、デレク・アンド・ザ・ドミノス(エリック・クラプトン)やクラプトンの友人でもあったオールマン・ブラザーズ・バンドのデュアン・オールマン、そしてジャニス・ジョプリンやロッド・スチュワートなど白人ロック系のミュージシャンなどなど。
そして日本が誇るブルースバンド、YAMAZEN&THE BLUES FELLOWS feat.TAD MIURAの「ツイてる男の唄」や憂歌団の「ドツボ節」へと繋がってゆく。

♪「Nobody Knows You When You’re Down and Out」/ベッシー・スミス


♪「Nobody Knows You When You’re Down and Out」/ニーナ・シモン

♪「Nobody Knows You When You’re Down and Out」/サム・クック

♪「Nobody Knows You When You’re Down and Out」/オーティス・レディング

♪「Nobody Knows You When You’re Down and Out」/デュアン・オールマン&グレッグ・オールマン

♪「Nobody Knows You When You’re Down and Out」/ロッド・スチュワート&アレハンドロ・フェルナンデス

♪「ツイてる男の唄」/ YAMAZEN&THE BLUES FELLOWS feat.TAD MIURA

♪「ドツボ節」/憂歌団


酒と煙草がよく似合う日本の名優達が歌い継いだ“ヨコハマ”の名曲のルーツをさかのぼると、アメリカの禁酒法時代を背景に書かれた“落ちぶれた男の唄”に辿り着いた。
いつの世も、孤独な男のわびしい夜には酒場(ホンキートンク)とブルースが欠かせないってことだろうか…。

mzi.clehlykn.600x600-75
松田優作『TOUCH』
(1980/ビクターエンタテインメント)


さて、今週は「ヨコハマにまつわる歌」「横浜の街が歌われた曲」を紹介して下さい♪
皆様からのコメント欄への投稿をお待ちしております。
洋楽・邦楽・性別・世代を超えて“音楽と出逢う”歓びを、皆さんで分かち合いませんか?
「私ならこの一曲!」
YouTube動画のURLをコメント欄に貼付けて、歌詞の内容や選曲理由と共に「一曲」聴かせて下さい。
投稿方法がわからない方は、直接メッセージでご返信(メール投稿)下さい。
曲名/アーティスト名と選曲理由だけの投稿でもかまいません。
info@tapthepop.net
コメント欄の方へ代理投稿させていただきます。
宜しくお願い致します。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[街の歌]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑