TAP the NEWS

トム・ウェイツの名曲、サンディエゴ・セレナーデ〜その美しいメロディと珠玉の詩〜

2015.06.21

Pocket
LINEで送る

「トム・ウェイツのベスト・ソング TOP10」を英The Guardianが発表(amassより)
「トム・ウェイツ(Tom Waits)のベスト・ソング TOP10」を英国の新聞The Guardianのサイトが発表。同紙のサイトがシリーズ展開しているベストリスト企画「10 of the best」のトム・ウェイツ編です。

トム・ウェイツが米TV番組『Late Show with David Letterman』で新曲を披露(amassより)
トム・ウェイツ(Tom Waits)が米TV番組『Late Show with David Letterman』に出演しパフォーマンスを披露。曲は同番組の司会デイヴィッド・レターマンのために書き下ろした新曲「Take One Last Look」。

Mojo99-MichaelPutland-TWM

歌のタイトルなどでよく耳にする“セレナーデ”とは如何なるものなのか、皆さんはご存知でしょうか?
セレナーデ──それは一般的に、女性がいる部屋の窓辺に向かって男性が夕べ(夜)に歌う“愛の歌”の意味を持つという。
元々はドイツ語に語源があるという説が有力と云われている。
St[a]ndchen読みは「シュテントヒェン」。※[a] は、上に点が二つが来る [¨],ア・ウムラウト
これはStand(シュタント)という名詞の縮小形である。
Stand には「立っている状態」とか「売店」などの意味があるので、転じて「小さな売店」となり、「立っている状態」から「ちょっと立っている状態」、すなわち「立ち話」とか、立って歌を唄う「セレナーデ」の意味になったと云われている。
ドイツではSerenade と書いて「ゼレナーデ」と読み、最初が「セ」でなく「ゼ」となる。
英語だとserenade(セリネイド)、フランス語だと s[e]r[e]nade(セレナード)で「セレナーデ」とは読まない。※[e] はeの上に鋭アクセント[´]が付いた文字
音楽用語では「小夜曲」という訳語を当てるのだが、曲のタイプ・種類のことともう一つ、建物の窓辺にいる女性に向かって男性が恋の歌を唄いかけたり演奏することを意味するというのだ。
さらにルーツを辿ると、元々はイタリア語の serenata(セレナータ)から来た言葉で、発祥はイタリアなのだと云う。
serenata は、serenare(セレナーレ)という動詞の過去分詞派生形容詞の女性形の名詞化で“静めた・落ち着かせた”などの意味を持つ。
恋の歌や曲を演奏して“静めた”とは少し変だが…夜の静けさと関係があるのかも知れない。
高鳴る胸を抑えきれずに唄う情熱的なラブソングとは違って…セレナーデには夜の静けさがよく似合う“切なさ”や“哀しみ”が込められているのだろう。

♪「San Diego Serenade」/トム・ウェイツ


この曲は1974年にトム・ウェイツが発表した2ndアルバム『The Heart of Saturday Night(土曜日の夜)』に収録されたもの。
彼がまだ25歳の時の作品である。
アルバムはビルボードのアルバムチャートで最高201位とそんなに売れず、この曲自体シングルカットされたこともないのだが、ファンの間では“隠れた名曲”として長く愛され続けている。
大切なものは失ってみてはじめて気づくもの…。
喪失感、苦い経験、辛い別れ…そんな心の傷跡にそっと寄り添ってくれるこの珠玉のメロディ。
「Never~till…」という言葉が何度も繰り返される悲哀に満ちた歌詞をじっくりと味わいながら聴いてみて欲しい。


Never saw the mornig till I stayed up all night
夜通し起きてでもいなければ 朝なんて見たこともなかった
Never saw the sunshine till I turned out the light
灯をともすまで 太陽さえ見たことがなかった
Never saw my hometown till I stayed away too long
ずっと離れて暮らしてみるまで 故郷があることにも気づかなかった
And never heard the melody till I needed a song
歌を必要とするまで メロディさえ聴いたことがなかった

Never saw the white line till I was leavin’ you behind
おまえを残して旅立つまで 白い線なんか見たこともなかった
Never knew I needed you till I was caught up in bind
退屈で仕方なくなるまで おまえを恋しいと思ったことさえなかった
And never spoke I love you till I cursed you in vain
おまえの名前を口にするまで 「愛してる」とさえ言ったこともなかった
Never felt my heart strings till I nearly went insane
気が狂いそうになるまで 心の糸に触れてみたこともなかった



カリフォルニアの南部に位置するサンディエゴは、トムが多感な十代を過ごした想い出の場所である。
この街にあるナポレオンのピザハウスで、彼は閉店後の雑役をしていた。
そうやって夜の裏街で繰り広げられるドラマの数々を見聞きしたことが、彼の楽曲のモチーフや場面描写に活かされているのだ。
トムが描き出す世界で一貫してきたのは、世の中からはみだした人達への愛情溢れる視線だった。
彼の歌の舞台は、色々な人達がたむろする深夜のバーであったり、華やかな表通りから外れた路地の一角であったり、さびれたモーテルであったりというのが圧倒的に多い。
そして、そこで息を潜めながらも、したたかに生きている人達への“優しい視線”に満ち満ちたものだった。
音楽的にも1970年代初期に登場したロサンゼルス周辺のシンガーソングライターの中で、トムは特異な個性の持ち主だった。
当時、カントリーロック調の演奏をバックに、爽やかな歌声で魅力を発揮するアーティストが多い中にあって、トムはそういった主流から逸脱したスタイルを確立させていた。
それはジャズやブルースなどもしたたかに吸収した唯一無二の“トム・ウェイツ節”とも云える歌世界だった。

♪「San Diego Serenade」/トム・ウェイツ(TV Show@ London 1979)



Never saw the East Coast till I moved to the West
西部に行ってみるまで イースト・コーストさえ見たことがなかった
Never saw the moonlight till it shone off your breast
おまえの胸が映し出されるまで 月の光も見たことがなかった
And never saw your heart till someone tried to steal it away
誰かが奪っていこうとするまで おまえの心さえ見ていなかった
Never saw your tears till they rolled down your face
おまえの頬が濡れるまで 涙さえ知らなかった

Never saw the mornig till I stayed up all night
夜通し起きてでもいなければ 朝なんて見たこともなかった
Never saw the sunshine till I turned out your love light
おまえが愛の灯をともすまで 太陽さえ見たことがなかった
Never saw my hometown till I stayed away too long
ずっと離れて暮らしてみるまで 故郷があることにも気づかなかった
And never heard the melody till I needed a song
歌を必要とするまで メロディさえ聴いたことがなかった


トム・ウェイツ『The Heart of Saturday Night(土曜の夜)』

トム・ウェイツ『The Heart of Saturday Night(土曜の夜)』

(1974/アサイラムレコード)


さて今週は「セレナーデと言えばこの一曲!」を紹介して下さい♪
皆様からのコメント欄への投稿をお待ちしております。
洋楽・邦楽・性別・世代を超えて“音楽と出逢う”歓びを、皆さんで分かち合いませんか?
「私ならこの一曲!」
YouTube動画のURLをコメント欄に貼付けて、歌詞の内容や選曲理由と共に「一曲」聴かせて下さい。
投稿方法がわからない方は、直接メッセージでご返信(メール投稿)下さい。
曲名/アーティスト名と選曲理由だけの投稿でもかまいません。
info@tapthepop.net
コメント欄の方へ代理投稿させていただきます。
宜しくお願い致します。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the NEWS]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑