「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the NEWS

Where have all the flowers gone?花はどこへ行った〜ピート・シーガーが思い描いた“理想の世界”とは?

2022.01.27

Pocket
LINEで送る



この「Where have all the flowers gone?(花はどこへ行った)」は“アメリカンフォークの父”と呼ばれた男、ピート・シーガーの代表作であり、反戦歌として広く知られている。
1955年にシーガーが作詞作曲したもので、ロシアの作家ミハイル・ショーロホフの小説『静かなドン』で引用されているコサック民謡の歌詞にヒントを得たのだという。

あしの葉はどこへいったの?少女たちが刈り取った
少女たちはどこへいったの?少女たちは嫁いでいった
どんな男に嫁いでいったの?ドン川のコサックに
そのコサックたちはどこへいったの?戦争へいった


当時、シーガーはこの部分を読んで心を動かされ、飛行機の中で20分ほどで曲を書き上げたという。
コサック民謡を下敷きにしたその歌詞は当初3番までしかなかった。

花はどこへ行ったの?長い時を経て
花はどこへ行ったの?長い時が流れて
花はどこへ行ったの?少女達がみんな摘んでいってしまった
人々はいつになればそれを理解するのだろう…


シーガーは1960年に発表した自身のアルバム『Rainbow Quest』に収録したメドレーの中で、この歌を初めて録音する。
それからしばらくの間、シーガーはこの歌のことを忘れていたという。
そのまま埋もれてしまう運命だったこの歌は、ジョー・ヒッカーソンという男によって新たな命を吹き込まれることとなる。
アメリカの民族音楽研究家・収集家で作詞家でもあったヒッカーソンは、この歌と出会ったとき、不思議な魅力と共に、何か物足りなさを感じたという。

「歌詞が3番までで終わってしまうのはもったいない。その先の物語を少し書き足してみたい。」

あの兵士はどこへ行ったの?長い時を経て
あの兵士はどこへ行ったの?長い時が流れて

その墓場はどうなったの?長い時を経て
その墓場はどうなったの?花畑になった

花はどこへ行ったの?長い時を経て
花はどこへ行ったの?少女達がみんな摘んでいってしまった
人々はいつになればそれを学ぶのだろう…


ヒッカーソンは、花→少女→若者→兵士→墓地→花というように、花で始まり一回りして花に戻って終わるような歌詞を書き加えた。
書き加えられた歌詞を読んだシーガーもその出来映えを気に入り、ヒッカーソンを“共作者”として認めて1961年に著作権を登録し直したという。
同曲はその後、キングストン・トリオやピーター・ポール&マリー歌唱によってヒットする。


この曲は、60年中頃から70年代初頭に激化していったベトナム戦争への反戦歌として世界中に広まっていく。
シーガーは生前、こんな言葉を残している。

「多くの人が自分たちにできることを少しずつ考えて世界は形成されていくんだ。」

それは、シーガーが思い描いていた“理想の世界”なのかもしれない…。

<引用元・参考文献『国境を越えて愛されたうた』竹村淳著/彩流社>


 







こちらのコラムの「書き手」である佐々木モトアキの音楽活動情報です♪
宜しくお願い致します。






『山部“YAMAZEN”善次郎×佐々木モトアキ ダブルネーム弾き語りTOUR “ちょっと長い関係の歌旅2022”】


1月15日(土)八幡DELSOL café
1月22日(土)福岡ROCK食堂(昼公演)
1月22日(土)福岡ROCK食堂2階Honey Bee(夜公演)
1月23日(日)行橋Rock ‘n Roll Bar Memphis 
1月29日(土)大阪 新世界ヤンチャーズ
1月30日(日)和歌山OLD TIME
2月5日(土)久留米 農と音2号店 
2月6日(日)佐賀 雷神 
2月18日(金)横浜THUMBS UP
2月19日(土)静岡・御前崎Cook House椿
2月20日(日)名古屋ROLLINGMAN
2月22日(火)金沢JealousGuy
2月23日(水・祝)新潟Mush
3月4日(金)沖縄・コザ CROSSOVER CAFE’ 614
3月5日(土)沖縄・那覇Drunk CINDERELLA
3月6日(日)沖縄・宮古島 雅歌小屋
3月19日(土)下北沢ニュー風知空知
3月20日(日)茨城・水戸Jazz Bar Bluemoods
3月21日(月・祝)埼玉・所沢MOJO
3月25日(金)広島LIVE café Jive
3月26日(土)岡山Desperado
3月27日(日)徳島Music Bar Ricky
4月15日(金)小郡ジラソーレ
4月16日(土)熊本八代7th chord 
4月17日(日)大牟田 陽炎
4月21日(木)仙台HIGHBURY
4月22日(金)福島Harvest
4月23日(土)岩手・二戸 HOUSE OF PICNIC 
4月24日(日)秋田・湯沢BASEMENT
4月28日(金)東広島pasta amare 
4月30日(土)福岡Bassic.(ライブ&スペシャルスライドショー)

↓チケットご予約&公演詳細・共演者情報はこちら
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12713121312.html






【歌ものがたり2022春〜雨ニモマケズ風ニモマケズ】


1月16日(日)長崎・タンゲ食堂
2月8日(火)福岡・大牟田Casual Bar Version
2月12日(土)東京・高円寺MOONSTOMP   
2月13日(土)埼玉・川越 大黒屋食堂  
2月26日(土)福岡・薬院 遊来友楽 
2月27日(日)北九州・黒崎 居酒屋 中村屋
3月12日(土)群馬・前橋 呑竜横丁 
4月2日(土)兵庫・宝塚・IL grazie
4月3日(日)京都・四条大宮高辻 夜想 ※詳細未定
4月9日(土)茨城・古河LIVESTATION ”L” ※詳細未定

↓チケットご予約&公演詳細・共演者情報はこちら
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12660299410.html




佐々木モトアキの楽曲「You」のミュージックビデオです♪
映像編集、ポートレート(写真)撮影共に、佐々木モトアキ本人が手掛けております。
とてもシンプルな技法ですが、何よりも登場する皆さんの表情が素敵です✨
人が“目を閉じている”表情。
その“瞼(まぶた)に浮かんでいる”誰かの顔。
繋がってゆく“一人ひとりの想い”が、100通りの、いや1000通りのドラマを描いてくれています。





佐々木モトアキ
執筆、動画編集、音楽・食・商品・街(地域)に関わるPRなどなど…様々なお仕事承ります。

例えば執筆・編集のお仕事として、、、
「ロック」「ジャズ」「ブルース」「R&B」「シャンソン」「カントリーミュージック」「フォークソング」「歌謡曲」「日本の古い歌」など、ほぼオールジャンルのページ企画・特集に対応いたします。
ライブイベントの紹介・宣伝文や、アーティストの紹介文なども対応できます。
音楽以外のライティングとして、WEBページの作成・リニューアル、各種パンフレット作成に伴う「店舗のご紹介」「メニューご紹介」「企業・会社のご紹介」「商品のご紹介」などなど様々なPRに関わるお仕事も承ります。


音楽、人、食、商品、街(地域)…私たちが関わるものすべてには“ものがたり”があります。
あらゆるものに存在する、ルーツや“人の想い”を伝えながら「誰が読んでもわかりすい読み物」をお作りいたします✒︎
お気軽にご依頼のご相談・ご連絡ください♪
sasa@barubora.jp
090-2669-2666

【佐々木モトアキ プロフィール】
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12648985123.html

【TAP the POP佐々木モトアキ執筆記事】
http://www.tapthepop.net/author/sasaki

Pocket
LINEで送る

関連するコラム

[TAP the NEWS]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ