TAP the NEXT

のん──音楽に込められたまっすぐな表現。待望のファースト・アルバムが完成

2018.05.07

Pocket
LINEで送る

真夜中に叫びだした 私の中の野生よ
新しい歌を歌ってる
遠くへ連れてってよ Overdriveきかせて
ささくれた音で 踊らせて

変身させて BABY スーパーヒーローになりたい
新しい歌を歌ってる
シャラララ 新しい歌を歌ってる
(「スーパーヒーローになりたい」より)


1993年生まれ、現在24歳の〈のん(本名・能年玲奈)〉。2016年10月より現在の名義での活動をスタート。アニメーション映画『この世界の片隅に』(原作・こうの史代、監督・片渕須直)の主人公すずの声の演じて大きな賞賛を集めたことも記憶に新しい彼女は、女優としての活動と並行して、〈創作あーちすと〉を名乗ってアートや映像など、さまざまなアプローチで表現活動を行っている。中でも力を注いでいるのがミュージシャンとしての活動だ。

学生時代からバンドを組んでいたというほどの音楽好きである、のん。2017年3月に放映されたCMでキリンジ「エイリアンズ」をアカペラで歌い、その清廉な歌声が話題となった。同年8月に自ら代表を務める音楽レーベル〈KAIWA(RE)CORD〉を設立。音楽活動開始のお披露目となる、「タイムマシンにおねがい」(サディスティックミカバンド)と「I LIKE YOU」(RCサクセション)のカバーを収録したカセットテープと7インチシングルを発表。11月には高野寛が作詞・作曲・編曲を手掛けたファースト・シングル「スーパーヒーローになりたい」でCDデビューを果たした。

CDリリースと前後して、若手女性ミュージシャンたちとバンド〈のんシガレッツ〉を結成。年末には自身がオーガナイズする初の音楽イベント〈のん、KAIWA フェス Vol.1 ~音楽があれば会話が出来る!〉を開催するなど、ライブ活動も本格化していく。翌2018年1月1日には、彼女が主演したドラマ『あまちゃん』で音楽を担当していた大友良英が編曲を手掛けたセカンド・シングル「RUN!!!」を発表した。そしていよいよ、ファースト・アルバム『スーパーヒーローズ』を5月9日にリリースする。

既発のシングル曲を含む全12曲が収録されたアルバム『スーパーヒーローズ』には、矢野顕子、真島昌利、尾崎亜美、高橋幸宏、大友良英といった豪華な作家陣が楽曲を提供。また、のん自身が作詞・作曲を手がけた楽曲も5曲収録。また、土屋昌巳、鈴木慶一、屋敷豪太、根岸孝旨、佐橋佳幸、小原礼といったベテラン・ミュージシャンたちがレコーディングに参加する一方で、彼女のライブを支える〈のんシガレッツ〉のメンバーとの演奏曲も収められている。

のん自身が詞曲を手がけたナンバーは、彼女が抱く悩みや葛藤、あるいは希望や欲望など、ピュアな心情をさらけ出すロックンロールが続く。まっすぐな感情と直結したようなイノセントな歌唱も強いインパクトを残している。そこに挟み込むように収められたのは、豪華作家陣による楽曲たち。彼女の歌声の可憐な美しさが際立つ尾崎亜美作の「スケッチブック」や、のんが敬愛してやまない忌野清志郎の声をフィーチャーした矢野顕子作の「わたしはベイベー」など、のんというシンガーが持つ表現力の豊かな可能性を引き出すような楽曲群も魅力だ。

デビュー・アルバムが完成しレパートリーもグッと増えた、のん。アルバム自体の充実もさながら、今後展開されるであろう〈のんシガレッツ〉とのライブで、のんというシンガーが楽曲がどのように進化させていくかもとても楽しみだ。

従順にはなれない
私の心は生きてる
お気に入りのギターで
真っ直ぐに歌ってもいいじゃない

軽い言葉をかけあうだけじゃ 物足りない
シャララ 笑い飛ばせば
全てが追い風になるのよ
(「ストレート街道」より)



のん『スーパーヒーローズ』

のん
『スーパーヒーローズ』

(KAIWA(RE)CORD)




Live Schedule
「のんシガレッツ / ファースト・ライブ」

5月8日(火)東京・渋谷クラブクアトロ
出演:のんシガレッツ
Special Guest:大友 良英、高野寛、弓木英梨乃(KIRINJI)
http://www.club-quattro.com/shibuya/

「YATSUI FESTIVAL! 2018」
6月16日(土)東京・渋谷 TSUTAYA O-EAST他
*大友良英スペシャルビッグバンドにフィーチャリング・ゲストとして登場
http://yatsui-fes.com/


official website
http://nondesu.jp/

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the NEXT]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑