TAP the ROOTS

ホワイ・ミー~死後に発掘された2人のレジェンドによるデュエット

2014.10.30

Pocket
LINEで送る

出来の悪い子ほど可愛い、という親がいる。

クリス・クリストファーソンは、けっして出来のいい男ではない。
「クリスが酔っ払ってない時なんて、見たことないよ」
彼の友人は口々に言う。

kristofferson_beer

だが、アメリカのポップチャートで最後にゴスペル・ソングが1位になったのは1973年のことで、その曲「ホワイ・ミー(・ロード)」は、クリス・クリストファーソンの曲なのである。

♪何故、主よ、この私に?
 これまで私の為してきたことは何であれ
 与えられし祝福のひとつにでも値したでしょうか
 何故、主よ、この私に?
 あなたから受ける愛、そして優しさに値するような何かを
 この私にできるというのでしょうか

 主よ、私をお救いください、荒んでいるのです
 お助けください、イエスよ、私の魂はあなたの手の中にあるのです♪


神はアル中の男を愛したのだろう。
「ホワイ・ミー」はチャートのナンバーワンに輝いただけでなく、エルヴィス・プレスリーをはじめとする多くのシンガーに歌われることとなる。

それにしても、クリストファーソンは不思議な男である。
英国オックスフォード大学に留学したかと思えば、アメリカに戻ってきてスタジオの清掃員になって、歌手デビューの可能性を探ったりもする。
デビューのきっかけは、彼がジョニー・キャッシュに手渡したデモテープだったのである。(TAP the STORY「クリス・クリストファーソン〜空からの“売り込み”」
そう、神がクリストファーソンを愛したように、敬虔なクリスチャンでもあったジョニー・キャッシュもクリストファーソンを愛した。

kristofferson&cash

今から、5年ほど前、2009年の話である。
ニューヨークの倉庫で、1本の録音テープが見つかった。
それはジョニー・キャッシュとレイ・チャールズがデュエットする「ホワイ・ミー」だった。

発見者は、レイ・チャールズ財団のスタッフである。
彼らは、音源だけでなく、ジョニー・キャッシュがレイ・チャールズに充てた手紙も見つけ出している。
ジョニー・キャッシュは。1981年12月11日付けの手紙で、こう書いている。

「君とひとつの曲を録音したと、みんなに話すことができるのは大変に光栄なことだ。君がこのテープを気に入ってくれればと思う。(中略)もしよければ、君の許諾次第では、この曲をシングルとしてリリースしたいと思っている。印税は半々ということでどうだろうか」


キャッシュが録音したトラックに、レイ・チャールズがハーモニーを加える、という形で、この曲は完成した。
ジョニー・キャッシュとレイ・チャールズは、キャッシュのテレビショー時代からの仲である。

発券された曲は、翌2010年、「Rare Genius : The Undiscovered Masters」というタイトルのアルバムのフィナーレを飾る曲として発売された。


Ray Charles『Rare Genius : The Undiscovered Masters』
Concord Records

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the ROOTS]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑