「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the SCENE

天使のくれた時間〜都会で独身貴族として生きるか、郊外で家族と共に暮らすか

2019.07.26

Pocket
LINEで送る

都会暮らしと郊外暮らし。どちらも経験した人は多いと思う。例えば、地方から東京や大阪に出てきた人。都市出身だけど郊外にマイホームを購入した人など、いろんなケースが想像できる。

目に入る風景や行き交う人々の様子、気軽に立ち寄れる飲食店の数の違い、生活のリズムに戸惑ったことはないだろうか。特に都心のタワーマンションで自由気ままな独身生活を長年続けていて、結婚や子育てを機に郊外に移り住んだ場合など、それまでの世界観とのあまりの相違にちょっと面喰ってしまった。なんて人は少なくないはず。

都会では有効的だった過剰にキラキラしたもの、ギラギラしたものは郊外ではやはり煙たがられ、“あちら側”の価値観は“こちら側”では到底通用しにくい。フォトジェニックな光景なんかどこにも見当たらないし、クールなダンディズムを持ち出したところで、葉巻が吸える洒落たバーなんかないし、公園にいる子供や動物相手では空虚さだけが残ってしまう。今回はそんな話だ。

『天使のくれた時間』(The Family Man/2000)は、ニューヨークのど真ん中の高級アパートでリッチな独身貴族を続ける男が、正反対の環境=ニュージャージーの郊外の住宅街に投げ込まれるストーリー。と言っても、ブレット・ラトナー監督は1946年の名作『素晴らしき哉、人生!』をモチーフにしているので、大人のためのお伽話になっている。

「もしあの時、違う道を選んでいたら?」をテーマにした映画で思いつくのは、『ミスター・ノーバディ』だろう。この映画では3つの人生が交錯して観る者をどこまでも切ない気持ちにさせてくれたが、『天使のくれた時間』は最後には温かい気持ちになる。好みは人それぞれ。素晴らしい映画であることには間違いない。

主演はニコラス・ケイジ。『月の輝く夜に』(1987)、『ワイルド・アット・ハート』(1991)、『ハネムーン・イン・ベガス』(1993)、『リービング・ラスベガス』(1996)、『シティ・オブ・エンジェル』(1998)と毎回違った表情を見せてくれる俳優であり、人間ドラマやコメディだけでなく、アクション映画でも存在感を放つ幅の広さを持っている。この多彩なイメージに惚れ込んだ監督は、『天使のくれた時間』の主人公はニコラス・ケイジしかいないと思ったほど。

物語の始まりは1987年の空港。若きジャック・キャンベル(ニコラス・ケイジ)はウォール街での成功を夢見て、涙を浮かべる恋人のケイト(ティア・レオーニ)を振り切ってロンドン研修へ旅立った。「たとえ100年離れていても僕らの関係は変わらない」はずが、二人が再会することはなかった。

そして現在。ウォール街で成功を掴んだジャックは、大手金融会社の社長として優雅な独身生活を謳歌していた。ペントハウスに住み、フェラーリを乗り回し、遊び相手にも事欠かない。クリスマス・イヴも深夜まで働く彼だが、家族もなく一人で帰宅する姿には孤独感が漂っている。

そんなジャックにいつもとは違う不思議な出来事が起こる。立ち寄った終夜営業のスーパーで出逢った青年から、「これから起こることはあんたが招いたことだ」と告げられるのだ。

翌朝、見知らぬ家のベッドで目覚めるジャック。隣には13年前に別れたはずのケイトが眠っており、二人の子供と犬が走り回っている。「一体何が起きたんだ?」と驚くジャックだが、フェラーリはワゴン車に変わり、ペントハウスのドアマンも会社の警備員もジャックを不審者のように扱う。

隣人と話し込んでいるうちに、自分が何者であるかを知るジャック。ケイトの父親の店でタイヤのセールスマンをしており、スポーツの話題に夢中になり、保育園の送り迎えやオムツの交換に勤しむ良きファミリーマンだというのだ。ウォール街での勇姿とはあまりにもかけ離れた自分がいた。

金融会社の会長がタイヤの交換をしにやって来たことが縁で、転職して家族にリッチな生活をさせようと試みるジャック。しかしケイトはそんなことを望んでおらず、ジャックもいつの間にか家族のある生活に幸せを見出していた。

スーパーで出逢った青年から「輝きは永遠に続かない」と言われて、無事に元の世界に戻ったジャックだったが、彼の心には何かが芽生えていた。本当のケイトは独身でやり手の弁護士となっていて、パリへ移住する直前。13年前と真逆の状況の中、ジャックはケイトを追いかける。そして雪降るクリスマス・イヴの夜の空港で、二人は同じテーブルで向かい合いながら話をする……。

監督は「両方の生き方を体験し実感してもらうのがこの作品の狙いで、どちらが正しいとは決めていない」と言う。なお、サウンドトラックにはシール、クリス・アイザック、U2、エルヴィス・コステロ、トーキング・ヘッズ、ミスター・ビッグ、デルフォニックスらのナンバーを使用。できれば週末の深夜の時間帯に、一人でゆっくりと向き合い、何かを感じ取ってほしい作品だ。窓の外が都会であっても郊外であっても。

予告編


『天使のくれた時間』

『天使のくれた時間』


*日本公開時チラシ

*参考・引用/『天使のくれた時間』パンフレット

評論はしない。大切な人に好きな映画について話したい。この機会にぜひお読みください!
名作映画の“あの場面”で流れる“あの曲”を発掘する『TAP the SCENE』のバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[TAP the SCENE]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ