TAP the SONG

〈吐きすて〉の歌の系譜=① 松本隆と大滝詠一の才能が出会った瞬間に生まれた「春よ来い」

2016.09.16

Pocket
LINEで送る

1973年9月21日、東京・文京公会堂で開かれたはっぴいえんどの解散コンサートで、ぼくは最初で最後になる彼らのライブを体験した。

すでに前年いっぱいで解散していたのに、その一夜だけのために大滝詠一、鈴木茂、細野晴臣、松本隆の4人がはっぴいえんどとしてステージに立ったのは、”はっぴいえんどファミリー”のアーティストたちのお披露目を意図していたからである。

〈参照コラム〉・はっぴいえんど解散と名づけた、ファミリーによる旅立ちコンサート

その日のライブを収録したアルバムのライナーノーツに、松本隆が自ら「はやすぎた回想録」を書いている。

正直に言って、ぼくら4人の誰もが、あの晩のコンサートに乗り気じゃなかった。
それは別れてから辿り始めた個々の道を歩くのにせいいっぱいで、一年もたたないうちにまた同じステージの上に立って何をしたらいいのかもわからなかったからだ。
ぼくもこの1年間というもの録音スタジオにはいりっきりのような気がしていたし、それは細野氏にしても同じ事だった。


%e3%81%af%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%81%84%e3%81%88%e3%82%93%e3%81%a9

解散コンサートが終わってライブ音源をレコードにするためにミックスしていたスタジオで、アンコールに登場したバンドを代表して、大滝詠一が客席に向かって、「もうこの4人でないと出来ない曲を、これから2曲続けてやります」と言ったところで、松本隆は思わず「いいね」と、一緒にいた鈴木茂に向かって言ったという。

当日のステージではその言葉に全く気づかず、スタジオで聴いて初めてそれを知ったのである。
言われた鈴木茂もまた「うん、いいね」とうなずいた。

アンコールの1曲目は「かくれんぼ」で2曲目が「春よ来い」、どちらも作詞が松本隆、作・編曲と歌が大滝詠一による作品だ。
「春よ来い」は大滝詠一の暮らしていた下宿に、松本隆が初めて遊びに行った夜にひょんなことで生まれた。

はじめて大瀧氏の狭い下宿に遊びに行った晩、ぼくはゴロッと寝そべって、彼のノートにいたずら書きをしたのである。
ついさっき読み終えたばかりの永島慎二の漫画が頭にこびりついていたからかもしれない。
そのいたずら書きに大瀧氏はギターの音を合わせたのである。
そんないきさつを経て出来た曲だったと思う。


大滝詠一がギターを手にしてメロディをつけると、ノートにいたずら書きした言葉が歌になった。
それは才能と才能の、出会い頭の衝突だった。

そして触媒の役割を果たしたのは、漫画家・永島慎二の作品だったのである。

%e9%9d%92%e6%98%a5%e6%ae%8b%e9%85%b7%e7%89%a9%e8%aa%9e%e3%80%80%e8%83%8c%e8%a1%a8%e7%b4%99
%e9%9d%92%e6%98%a5%e6%ae%8b%e9%85%b7%e7%89%a9%e8%aa%9e%e7%9b%ae%e6%ac%a1


『漫画家残酷物語』という連作のなかにある「春」という物語は、家を出て漫画家を志している主人公が一人寂しく正月を迎える話だ。

 「春よ来い」
 作詞:松本隆 作曲:大瀧詠一

 家さえ飛び出なけれぱ 今頃皆揃って
 お目出度うが言えたのに
 何処で間違えたのか
 だけど全てを賭けた 今は唯やってみよう
 春が訪れるまで 今は遠くないはず
 春よ来い
 春よ来い
 春よ来い


日本の新しくロックを作るためにバンドを組もうとしていた若者たちの思いが、斬新なデザイン・センスと文学的なストーリーを持つ漫画にインスパイアされて、「春よ来い 春よ来い」という言葉とメロディになった。
そこにはっぴいえんどを結成しようとしていたメンバーたちの、覚悟のほどがストレートに結実したのだった。

松本隆は解散コンサートで演奏した「春よ来い」についてこうも述べている。

あの日の「春よこい」は今までいちばんいい出来だったと思う。
おそらくもうこれっきりで誰も歌わないだろうけど、あの歌は〈はっぴいえんど〉のなかでは、異端の感じを持っているのに、最後にはいつもあの曲にもたれかかってしまった。
岡本おさみ氏がぼくに言った初期の〈吐きすて〉の歌、「春よ来い」。
思えばぼくらの作った歌の中で一番素朴だったのだろう。


ここに出てくる〈吐きすて〉の歌という言い回しは、詩人の岡本おさみの命名らしく、言い得て妙である。

その頃のはっぴいえんどのメンバーはどんなふうに歌を作り、どう音楽で表現するのかについていつも真剣に話し合っていた。

細野晴臣は松本隆と出会った1969年の段階で、いくつかの日本語の曲と英語の曲をだいたい半々ぐらいずつ書いていた。
だがアメリカナイズされた音に日本語の歌詞を乗せること、それがバンドの指標としてまとまったことからファースト・アルバム『はっぴいえんど』が誕生した。
音楽的な完成度よりも表現の源にある衝動が優先されるとき、啖呵を切るような〈吐きすて〉の歌が生まれてくるのかもしれない。

それからの3年間はまたたくまに過ぎてしまった。

60年代と70年代の間にぽっかり口をあけた時代に産声を上げて、ひとつの世代の原風景を描いたはっぴいえんどは、使命を果たしたかのように潔くシーンから退場した。
松本隆のライナーノーツはこう締めくくられている。

あの晩はとても素敵だったと思う。ぼくらはすごく楽しく演れたし、それぞれが自らの青春らしきものに終止符を打つような淋しさを感じていたにちがいない。
〈はっぴいえんど〉よさようなら!


単に若さと素朴さだけではなく、才能と才能の出会い頭の衝突ゆえのエナジーが生じて、それが〈吐きすて〉の歌になる。



(注)文中の言葉はすべてアルバム『ライブ!!はっぴいえんど』のライナーノーツ、松本隆「はやすぎた回想録」からの引用です。


「かくれんぼ~『ライブ!!はっぴいえんど』より」

「春よ来い」

『BSマンガ夜話~「漫画家残酷物語」永島慎二』


Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the SONG]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑