Special

TAP the POP 2周年記念特集 ミュージシャンたちの27歳~青春の終わりと人生の始まり〜

かつてロックが、混沌とした社会や人間の迷走する内面を突き動かす力を最も放っていた1960年代後半。その頃の若者の象徴でもあったヒッピーや反戦運動家たちが…

jeffbuckley2_900x450

TAP the LIVE

ジェフ・バックリィが亡き父に捧げた名唱

1997年5月29日に30歳という若さで急逝したジェフ・バックリィ。 残したスタジオ・アルバムは1994年に発表した『グレース』1枚だけだが、天性の歌声とボブ・…

さくらの唄 レコーディング

Extra便

40年ぶりに発見された美空ひばりの未発表レア音源による「さくらの唄」

来年に生誕80周年を迎える美空ひばりの生誕の日、5月29日に合わせて「さくらの唄」の未発売音源が初めてCD化された。 1976年7月1日に発売された「さくらの唄…

news_160529

TAP the NEWS

二人の母、二人の妻、そして二人のレノン・後編

ジョンレノン。 彼には二人の母がいた。 彼は二人の妻と結婚した。 そして彼は二人の息子をこの世に残した。 ジュリアとミミ。 シンシアとヨーコ。 ジュリアンとショ…

story_160528

TAP the STORY

ビリー・ジョエル27歳〜“特別な街”に戻って紡いだ“特別な一曲”〜

日常のわずらわしさから逃れようと 休暇に出かける人達もいる マイアミビーチからハリウッドへひとっ飛びだ でも俺はグレイハウンドバスに乗り込んで ハドソン川を渡る…

US-Festival_crowd_2-1

Extra便

あのIT起業家が約50億円を自腹で投じて開催した夢のロックフェス

もし自分の好きな音楽のアーティストだけを集めて、大規模なライブやコンサートを開けたなら。会話レベルでも十分楽しそうな妄想だが、そんなことを自らの私財を投げ打って…

ローリング・ストーンズ ジュークボックスジュリー

TAP the PIC

ビートルズに次いでBBCの『ジューク・ボックス・ジュリー』に登場したローリング・ストーンズ

1963年6月に「カム・オン」でデビューしたローリング・ストーンズは、まもなく音楽業界でビートルズの対抗馬という位置で売りだされていく。 待望のファースト・アル…

植木等 無責任一代男

TAP the SONG

革命的なブームを巻き起こしたクレイジーキャッツの”変な歌”②「無責任一代男」

①「PTAのおばさまなんかがガタガタ騒ぎ出すようなバカ歌で、バンバン売れる歌を作る」という選択 青島幸男が書いた「スーダラ人生 クレージー・キャッツ物語」による…

screenshot_5_3933

TAP the SCENE

デッドマン〜ニール・ヤングの即興演奏で“特別な域”に達した詩的なロードムービー

僕は自己分析する人間でも計算して何かを創るタイプでもない。自分の中から出てきたシンボルがどんな意味を持っているのか分からないし、分かりたくもない。脚本を書く時、…

paul_simon

TAP the ROOTS

喧騒の中でひろがる沈黙、歌詞を伝えるために必要なもの

♪ やあ、暗闇、僕の昔からの友人よ また君と話しにやってきたよ 何故って、僕が眠っている間に ひとつのビジョンがこっそり近づいてきて 種を残していったのさ そし…

chart_1968

TAP the CHART

ビートルズとストーンズが原点回帰した1968年、ジャニスが「Summertime」を歌った

「TAP the CHART」第39回は、1968年を取り上げます。まずはシングルとアルバムの年間チャートTOP 10から。 【1968年のBillboard年…

The-Departed-Movie-HD-2006

TAP the SCENE

ディパーテッド〜男たちの“甘い夢”が聞こえてくる完璧な映画

「完璧な作品」と呼ばれるものがある。例えば音楽の世界では、ヴァン・モリソンの『アストラル・ウィークス』やジョニ・ミッチェルの『ブルー』といったアルバムがそう評価…

color_red

TAP the COLOR

ロックの殿堂入り2011〜トム・ウェイツ/ドクター・ジョンほか

★ダウンロード/ストリーミング時代の色彩別アルバムガイド 「TAP the COLOR」連載第135回 1986年から始まった「ロックの殿堂」(Rock and…

MR

TAP the SCENE

ムーラン・ルージュ〜“秘密の歌”とボヘミアンたちの世紀末

人がこの世で知る最高の幸せ それは誰かを愛し、その人から愛されること ナット・キング・コールで有名な「Nature Boy」の歌詞の一節に導かれて物語が始まる『…

Duke-Ellington

TAP the LIVE

震災に見舞われた新潟に手を差し伸べたデューク・エリントン

「A列車で行こう」をはじめとして数多くの名曲を残し、ジャズ創成期の20世紀前半を語る上で欠かすことのできない存在、デューク・エリントン。 「一人の人間のサウンド…

TAP the DAY

デューク・エリントンを偲んで〜ジャズ界に偉大な功績を残した“公爵(デューク)”の足跡〜

作家の村上春樹は著書の中で、デューク・エリントンについてこんな風に綴っている。 天才というのは往々にして短気でせっかちで短命なものだが、彼はその才気溢れた人生を…

Untitled 2

TAP the NEXT

HAKASE-SUN──日本屈指のレゲエ・キーボード奏者が送る、心地よくも芯の太いレゲエ・インスト集

フィッシュマンズのメンバーとして頭角を表し、その後はリトル・テンポ、川上つよしと彼のムードメイカーズへの参加をはじめ、数多くのレコーディングやライブにもサポート…

doobie

TAP the DAY

2つの“顔”がひとつになって復活を果たしたドゥービー・ブラザーズ

1970年代を代表するアメリカのロックバンドの1つ、ドゥービー・ブラザーズ。 およそ10数年の活動の中で毎年のようにメンバーが入れ替わっていたドゥービーズだが、…

th_kingrum-5252

TOKYO音楽酒場

【20軒目】池袋・KING RUM──繁華街の中心でカリブにトリップできるラム専門バー

いい音楽が流れる、こだわりの酒場を紹介していく連載「TOKYO音楽酒場」。今回は、池袋で美味しいラムと心地良い南国音楽を堪能させてくれるバーを紹介します。 新宿…

news_160522

TAP the NEWS

二人の母、二人の妻、そして二人のレノン・前編

ジョンレノン。 彼には二人の母がいた。 彼は二人の妻と結婚した。 そして彼は二人の息子をこの世に残した。 ジュリアとミミ。 シンシアとヨーコ。 ジュリアンとショ…

ネップウ表紙

スタジオジブリ『熱風』

『熱風』連載第3回 長崎の臣吾少年から銀巴里の丸山明宏へ成長した青年

(はじめに)  丸山臣吾は一九三五(昭和十)年五月一五日、長崎県長崎市に生を受けた。江戸時代から日本で唯一の国際都市として外国文化に親しんできたこともあって、長…

スポンサーリンク

1 / 7312345...>>
Pagetop ↑