Special

ビートルズ特集

今年で来日50周年を迎え、映画「エイト・デイズ・ア・ウィーク」も公開されたビートルズ。1962年のデビューから解散までわずか8年という短い活動期間で、ロック…

TAP the SONG

ジーン・ヴィンセントに出会った日本の若者たちが受けた「オーバー・ザ・レインボウ」の静かなる衝撃

1957年に日本でも公開された映画『女はそれを我慢できない』で、当時の若者たちの心をとらえたのは動くロックンロールの強烈な衝撃だった。 なかでも評判になったのが…

Extra便

カルトになったロックンロール映画『女はそれを我慢できない』とビートルズの「バースデー」

1956年にハリウッドで製作された映画『女はそれを我慢できない』は、悩殺グラマー女優のジェーン・マンスフィールド主演によるエンターテインメント・コメディである。…

TAP the SCENE

ザッツ・エンタテインメント〜アステアやケリーが歌って踊ったミュージカル映画30年史

1996年にジーン・ケリーが亡くなった時、アメリカのABCテレビのニュース番組が流した追悼映像は前代未聞のものだった。 「歌って踊れる偉大な映画スターが83歳の…

TAP the ROOTS

クリームの世界を白と黒に塗りつぶした詩人、ピート・ブラウン

♪ 駅近く、黒いカーテンの白い部屋 そこからは黒い屋根の家並みと 薄汚れた舗道と 疲れ果てたムクドリが見える ♪  クリームが1968年に発表した「ホワイト・ル…

TAP the SCENE

オズの魔法使〜“虹の彼方”からやって来る圧倒的なイノセンスの世界

第2次世界大戦直前の1939年のアメリカでは、人口の60%にあたる約8500万もの人々が週に1回は映画館を訪れて映画を観ていたという。まさしくハリウッドの黄金時…

月刊キヨシ

勝新太郎が弦の神となった一夜 ~スイス、ロシニエール山荘の奇跡

なぜ役者の道を選んだのかと聞かれて、「三味線弾きで終わりたくなかったから」と、勝新太郎は答えている。 彼には「杵屋勝丸」というもうひとつの名前があった。 人間国…

TAP the COLOR

美女の歌声で空に舞い上がる〜ミシェル・ブランチ/ドリーム・アカデミーほか

★ダウンロード/ストリーミング時代の色彩別アルバムガイド 「TAP the COLOR」連載第191回 今回はアルバムジャケットに「空」と「美女」が写り込んでい…

TAP the CHART

No.1アルバム1964-2017〜カントリー音楽のスーパースターたち

日本ではそのあまりにも“アメリカ的なイメージ”が強いこともあって、いまいち馴染みの薄いカントリー・ミュージック。だがロックファンにはすでに60年代後半〜70年代…

TAP the CHANGE

ビーチ・ボーイズに受け継がれたフォー・フレッシュメンの美しいハーモニー

ビーチ・ボーイズが1962年にリリースした「サーフィン・サファリ」は、アメリカの音楽シーンに新たな風を吹かせた。 当時の西海岸で人気を集めていたサーフィンをテー…

TAP the STORY

ブライアン・ウィルソン(ビーチ・ボーイズ)〜バスローブ姿で店番した心の闇

1969年のある夜、テッド・ノーランという雑誌記者がウェストハリウッドの通りに健康食品店を見つけた。暗い店内には客はおらず、バスローブをはおった奇異な姿の長髪の…

TAP the NEXT

REGGAELATION INDEPENDANCE──レゲエとアフリカ音楽を基軸にどこにもないダンス・ミュージックを築く個性派集団

REGGAELATION INDEPENDANCE(レゲレーション・インディペンダンス)──そのバンド名は、Revelation(啓示)とReggae、Inde…

TAP the SCENE

グレイス・オブ・マイ・ハート〜キャロル・キングをモデルにしたソングライター黄金時代

1950年代後半〜60年代前半。ニューヨークのブリル・ビルディングには、多数の楽曲出版社がひしめき合い、新進気鋭のソングライターたちがヒット曲を量産していた。ポ…

ミュージックソムリエ

大ヒット間違いなし!~憂歌団の日本語のブルースが始まった時

憂歌団といえば、内田勘太郎の超絶なブルース&スライドギターにのせて、木村充揮の天使のダミ声と称される独特のヴォーカルが歌う日本語のブルースが魅力だ。 しかし、結…

TAP the NEWS

僕の好きな先生〜高校生時代の忌野清志郎が慕った美術部顧問の教師

ぼくの好きな先生 /  忌野清志郎 投稿者 rcuploader この「僕の好きな先生」は、RCサクセションの記念すべき1stアルバム『初期のRCサクセション』…

街の歌

Le métèque(異国の人)〜エジプト生まれのギリシャ人がパリの街で紡いだ多国籍ソング

よそ者の顔をした僕 彷徨えるユダヤ人 ギリシャの牧人 泥棒の浮浪者の顔 僕の肌 それはすべての夏の太陽に刃向かう… ジョルジュ・ムスタキという男をご存知だろうか…

TAP the DAY

親父の一番長い日〜感動の一曲が初演された舞台裏で起きていた“ちょっといい話”

それは、この曲が人前で初めて歌われた日の出来事だった。 「僕が歌いながら長い中間演奏でふっと後ろを振り向くと、指揮者が大きなタオルで豪快に涙を拭きながら譜面も見…

TAP the STORY

ブルース・スプリングスティーンとクラレンス・クレモンズ〜永遠のミッシング・リンク

ブルース・スプリングスティーンの自伝的作品「Tenth Avenue Freeze-Out」(『Born To Run』収録)にはこう歌われている。「ビッグ・マ…

TAP the STORY

ポール・ウェラーの27歳~ジャムを解散してようやくたどり着いた自分の音楽

イギリスで絶大な人気を誇っていたバンド、ザ・ジャム。 その活動は1982年12月11日のコンサートを最後に幕を閉じた。 そして1983年。 精神的に大きな負担と…

TAP the DAY

モンタレー・ポップ・フェスティバルが生んだ伝説~ジャニス・ジョップリンの神がかりのような熱唱 

1967年6月16日から18日にかけて、カリフォルニア州サンフランシスコ市の南に位置する港町のモンタレーで、ロック史における伝説となったモンタレー・ポップ・フェ…

TAP the SONG

スティングの運命を変えた「ロクサーヌ」③~ニューヨークのCBGBから始まったアメリカ・ツアー

1978年10月20日、スティングとアンディ・サマーズは格安航空チケットで、ロンドンからニューヨークへ向かった。 午後10時半ごろにケネディ空港に到着し、迎えに…

スポンサーリンク

1 / 10812345...>>
Pagetop ↑