「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the DAY

宿命の女、ニコを偲んで…

ジム・モリソン、イギー・ポップ、ブライアン・ジョーンズ、ボブ・ディラン、そしてアラン・ドロン…みんな彼女の恋人だった。 「カヴァーガールの女王」 「アンディ・ウ…

TAP the DAY

同じ苦しみを抱える女性へ、ポジティヴなメッセージを送り続けたミニー・リパートン

ミニー・リパートンの名を知らなくても、この歌を一度や二度耳にしたことはあるだろう。「ラヴィング・ユー」は、天使の声と称される5オクターヴの高音域が美しい彼女の代…

TAP the DAY

ヘディ・ウエストを偲んで〜その足跡と名曲「500 Miles」の源流を辿る旅

2005年7月3日、名曲「500 Miles(500マイルも離れて)」で知られるアメリカの歌手ヘディ・ウエストが闘病の末に癌で亡くなった。享年67だった。 今日…

TAP the DAY

武道館公演を観て「ビートルズは自分がやらなければいけない」と決意し、解散後に実行してみせた石坂敬一

日本武道館で1966年6月30日から7月2日まで合計5回行われたビートルズのコンサートは、会場に観に来た人たちの人生にもまた大きな影響を及ぼした。 7月1日に大…

TAP the DAY

ジョン・レノンがシャウトする「ミスター・ムーンライト」がテレビから流れてきた瞬間の衝撃

ビートルズの武道館公演の独占中継権を得たのは、主催した読売新聞の系列だった日本テレビである。 コンサートの模様は7月1日の夜9時から1時間にわたって、特別番組「…

TAP the DAY

ティム・バックリィを偲んで〜“フォーク界のカルト的ヒーロー”と呼ばれた男の足跡と功績

1975年6月29日、米国カリフォルニア州サンタモニカで“フォーク界のカルト的ヒーロー”と呼ばれた男が28歳という若さでこの世を去った。 死因はアルコール及びヘ…

TAP the DAY

「一本の鉛筆があれば戦争はいやだと私は書く」と美空ひばりが歌った反戦と平和の歌

「一本の鉛筆」という歌が誕生したのは、1974年に広島で平和をテーマにした音楽祭が新しく始まることがきっかけだった。 美空ひばりは幼少時に父が徴兵されたので、四…

TAP the DAY

ベニー・グッドマンを偲んで〜アメリカ音楽史上初めて黒人と白人を同じバンドで演奏させたスウィングジャズの立役者〜

作家の村上春樹は著書の中でベニー・グッドマンについてこんな風に綴っている。 肌の色なんかよりは、その時代その時代の優れたミュージシャンをリクルートし、新しい息吹…

TAP the DAY

オーネット・コールマンを偲んで〜新しいジャズ=フリージャズを創り出した革命家の偉業〜

2015年の6月11日の朝、従来のジャズの演奏スタイルを覆した“ジャズの革命家”がニューヨークのマンハッタンで死去した。 家族の代理人によれば、死因は心不全。8…

TAP the DAY

ロニー・レーンを偲んで〜琴線に触れる“ロッキンフォーク”を紡いだ男の功績と足跡〜

1997年6月4日、アメリカ合衆国コロラド州ラスアニマス郡にあるトリニダードという小さな街で一人の才能豊かなミュージシャンがこの世を去った。 彼の名はロニー・レ…

TAP the DAY

ボ・ディドリーを偲んで〜名立たるロックスター達がこぞって継承してきたビートの発明者

「俺はチャック・ベリーみたいに器用なことは出来ねえ!ガンガン鳴らすだけだ!」 2008年6月2日、ボ・ディドリー(享年79)が米国フロリダ州アーチャーの自宅で息…

TAP the DAY

シルヴィ・バルタン~「アイドル」という言葉を日本に定着させたのは、「ロック」の洗礼をうけたフランスの美しい妖精だった

1965年5月11日に行われたシルヴィ・バルタンの東京公演後に、朝日新聞に載った「“よう精”にも似た魅力」と題した記事は、「アイドル」と「ロック」という新しい言…

1 / 1912345...>>

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ