TAP the DAY

ギター教室の生徒だった高田渡が灰田勝彦から教わった”歌を自分のものにする方法”

大好きなフォーク・シンガーのピート・シーガーを目標にして歌手になる決意を固めた高田渡が、「日本人として、日本語の表現を突き進む」と日記に書いたのは17歳の時だっ…

TAP the DAY

追悼・加藤和彦~1968年10月17日のフォークル解散コンサートと幻のアルバム『児雷也』

ザ・フォーク・クルセダーズが大阪フェスティバルホールでの公演と、日本テレビ系『11PM』に出演したのを最後に解散したのは、1968年10月17日のことだ。 彼ら…

TAP the DAY

アート・ブレイキーを偲んで〜ピアニストからドラマーへの突然の転身、親日家、後進たちに刻み続けるハートビート(鼓動)〜

アート・ブレイキー。 脈々と続くジャズ史において、輝かしくその名前を刻んだ名ドラマーである。 1919年10月11日 、アメリカ合衆国のペンシルベニア州ピッツバ…

TAP the DAY

季節が君だけを変える〜BOØWY時代の氷室京介が受け入れた“最初で最後”の歌詞変更と、解散を意識したレコーディング舞台裏のドラマ

ガラスの中の退屈な街 踊りつかれた 今夜バレリーナ じゃあもう お別れのキスをしておくれ 雨のヴェールで隠れてるうちに いつもテンダネス だけどロンリネス ガラ…

TAP the DAY

ブルース・スプリングスティーンが迎える68歳の誕生日によせて(Photo by 井出情児)

75歳になっても元気にツアーを続けているポール・マッカートニーが9月15日の夜、ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで2日間にわたる公演をスタートさせた。…

TAP the DAY

宮沢賢治の「雨ニモマケズ」にはモデルとなった人物がいた!?

雨にもまけず 風にもまけず 雪にも夏の暑さにもまけぬ 丈夫なからだをもち 欲はなく 決して怒らず いつもしずかにわらっている 一日に玄米四合と 味噌と少しの野菜…

TAP the DAY

ゆりかごの歌〜わんぱく坊主だった作曲家が生み出した珠玉の子守唄

この「ゆりかごの歌」は、日本を代表する詩人・北原白秋が作詞をし、草川信(くさかわしん)という作曲家がメロディーを紡いだ子守唄である。 1921年(大正10年)に…

PICK UPTAP the DAY

手紙〜親愛なる子供たちへ〜“老い”をテーマにした感動の名曲はこうして生まれた

年老いた私が ある日 今までの私と違っていたとしても どうかそのままの私のことを 理解して欲しい 私が服の上に食べ物をこぼしても 靴ひもを結び忘れても あなたに…

TAP the DAY

マリア・カラスを偲んで②〜映画出演、人生最後の恋、ラストステージ…そしてパリでの寂しい晩年〜

1969年、46歳を迎えた彼女は、心の痛手を振り切るかのように映画『王女メディア』(1970年公開)の撮影に挑んでいた。 それは、自身のキャリアにおいて初となる…

TAP the DAY

マリア・カラスを偲んで①〜過食症、年の差婚、大富豪との恋、自殺未遂…波瀾万丈の歌人生〜

1977年9月16日13時30分、パリの自宅の浴室で一人の女性歌手がこの世を去った。 家政婦によれば、彼女は正午頃に目を覚まして朝食をとり、ふらつく足取りで浴室…

TAP the DAY

ビル・エヴァンスを偲んで〜マイルスとの出会い、パートナーや実兄との死別、悲劇の最期〜

「ビル・エヴァンスの演奏には、いかにもピアノという感じの静かな炎のようなものがあった。」(マイルス・デイヴィス) 1980年9月15日午後3時30分、ジャズピア…

TAP the DAY

ロック史上初の海賊盤はどのようにして生まれたのか?

真っ白なところにスタンプが押されただけの簡易的なジャケット。 アーティストの名前も曲名も書かれてなく、一見しただけでは何のレコードか分からない。 ロック史上初の…

TAP the DAY

ビートルズの4人とエルヴィス・プレスリーが一堂に会した夜

「史上最も成功したソロ・アーティスト」とギネスに認定されたエルヴィス・プレスリー。 そして「史上最も成功したグループ・アーティスト」とギネスに認定されたビートル…

TAP the DAY

ペッパー警部〜ピンク・レディーの快進撃

1976年の8月25日にピンク・レディーは「ペッパー警部」でデビューした。 斬新な歌詞と覚えやすいメロディー、セクシーな衣裳と大胆な振り付けで70年代後半の歌謡…

TAP the DAY

Alison〜ウディ・アレンの映画のような傑作ラブソング

63歳を迎えたエルヴィス・コステロ。 彼の本名はデクラン・パトリック・アロイシャス・マクマナスという。 1954年8月25日、ロンドンで生まれた彼のステージネー…

TAP the DAY

Rocky Mountain High〜ジョン・デンバーが自伝的な歌に込めた大自然への想い

2016年から国民の祝日として8月11日が“山の日”になった。 日本の議員連盟による制定により「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ということで祝日になっ…

TAP the DAY

CASE OF BOØWY〜限界点を超えた伝説の全曲演奏GIG

1987年の夏、人気絶頂だったBOØWYが神戸と横浜で2夜限り特別公演を行なった。 CASE OF BOØWYと名打たれたそのステージでは当時のバンドの持ち曲す…

TAP the DAY

一本の鉛筆があれば戦争はいやだと私は書く、一本の鉛筆があれば八月六日の朝と私は書く

その歌が誕生したのは平和をテーマにした音楽祭が、広島で新しく始まったことがきっかけだった。 幼少時に父が徴兵された美空ひばりは、四人の幼子を抱えた母と一緒に戦火…

TAP the DAY

1970年8月5日に発売された1枚のレコード『はっぴいえんど』

1970年の夏、エレックレコードから 6月 1日に発売された吉田拓郎のシングル盤「「イメージの詩」と、B面の「マークⅡ」が口コミから評判になって、深夜放送など一…

TAP the DAY

フラワームーブメント最後にして最大の祭典、ワトキンズ・グレン・サマー・ジャム

1967年に開催されたモンタレー・ポップ・フェスティバルの成功を機に、アメリカを中心にして一気に数が増えていったロックフェス。 ラヴ・アンド・ピースを掲げたヒッ…

スポンサーリンク

1 / 1012345...>>
Pagetop ↑