TAP the DAY

ダニー・ハサウェイを偲んで〜事故死だったのか?自殺だったのか?その栄光の裏で彼が苦悩しみ続けたものとは?〜

ダニー・ハサウェイを語るのに多くの言葉はいらない。 1970年、キャロル・キングは彼のデビューアルバム『Everything Is Evrything(新しきソ…

TAP the DAY

受験生ブルース〜日本のフォークソングの源流を創った男、高石ともやの偉大な足跡

この歌の原作者は中川五郎。 訳詞家としてボブ・ディランのすべての楽曲の歌詞を翻訳しているほか、フォークシンガー、翻訳家、小説家としても活動する人物だ。 かつて“…

TAP the DAY

Cigarettes and Coffee〜黒人歌手オーティス・レディングが歌ったラブソングの背景にある“自由に対する至上の喜び”とは!?

成人の日にちなんで… 今日は煙草の歴史と煙草の歌をご紹介します。 煙草のルーツに関して多くの文献に綴られているのが、メキシコのチアパス州にあるパレンケ遺跡のレリ…

TAP the DAY

歓喜の歌〜大晦日の大定番「第九」にまつわる3分読み切り豆知識

日本の大晦日の“定番”と言えば… 世代によっては、その過ごし方も違ってくるので、今では「これ!」と言い切るのは難しい。 それでもやはり12月31日〜元旦の午前0…

TAP the DAY

1985年を過ぎたら演奏しないつもりだったブルーハーツ初の自主制作盤「1985」

(写真・井出情児) 1985年に甲本ヒロトと真島昌利 の二人を中心に結成されたザ・ブルーハーツは12月25日、年の瀬も押し迫ったクリスマスの日にライブを行った。…

TAP the DAY

Silent Night(きよしこの夜)〜ネズミにかじられて壊れたオルガンのおかげで!?誕生したメロディー

静かな夜 聖なる夜 すべてのものは静まり輝いている 向こうの聖母と幼子の周りに集おう 聖なる見子はとても繊細で優しい 天国のように安らかに眠っている 静かな夜 …

TAP the DAY

浅川マキが初コンサートの前夜、寺山修司に唄えないと抗議した「ロング・グッド・バイ」

浅川マキが初のワンマン公演を行ったのは、1968年12月13日から15日までの3日間だった。 場所は「アンダーグラウンド蠍座」、前衛芸術とカウンターカルチャーの…

TAP the DAY

Jump Jump〜ガーランド・ジェフリーズがジョン・レノンに捧げた歌

ニューヨークのブルックリンで生まれたシンガーソングライター、ガーランド・ジェフリーズ。 アフロアメリカンの父親とプエルトリカンの母親との間に誕生した彼の音楽は、…

TAP the DAY

仕事の歌〜革命の時代に禁止令をかいくぐって唄い継がれたロシア民謡

悲しい歌 うれしい歌 たくさん聴いた中で 忘れられぬ一つの歌 それは仕事の歌 ヘイ この若者よ ヘイ 前へと進め さあ みんな前へ進め (日本語詞:津川主一) …

TAP the DAY

キャブ・キャロウェイを偲んで〜大恐慌の嵐が吹き荒れたアメリカで黒人エンターテイナーとして最大級の人気を博した男の軌跡〜

1930年代、大恐慌の嵐が吹き荒れたアメリカで“黒人エンターテイナー”の代名詞的な存在だったキャブ・キャロウェイ。 “ズート・スーツ”なる膝まである長い上着と、…

TAP the DAY

泉谷しげる、ザ・タイマーズ、ボ・ガンボス、山口冨士夫が一堂に会した、伝説の学園祭ライブ

1988年11月13日──その年の9月に昭和天皇の重体が報じられ、ニュースでは陛下の下血量が随時速報されていた時期。世間には自粛ムードが少しずつ漂いはじめていた…

TAP the DAY

りりィを偲んで〜十代で天涯孤独となった少女が歌った圧倒的なリアリティー

1972年に1stシンングル「にがお絵」でデビューを果たしたりりィ。 福岡県出身の20歳のハーフ美人だった。 独特のハスキーボイスが話題となり、1973年7月5…

TAP the DAY

11月4日にニューヨークで開かれたボブ・ディランの初コンサートには53人の客しかいなかった

ボブ・ディランの初コンサートが行われたのは1961年の11月4日、場所はニューヨークのマンハッタン7番街と57丁目の一角を占めるカーネギー・ホールだった。 ただ…

TAP the DAY

ソ連でもっとも成功したロック・ミュージシャンとなったポール・マッカートニー

1987年の春、ポール・マッカートニーは時折スタジオにミュージシャンを招いては、ロックンロールのジャム・セッションを開いていた。 そのほとんどはセッション・ミュ…

TAP the DAY

追悼・遠藤賢司~確固たる意志を持って純音楽をめざした孤高の一匹オオカミ

〈写真・1971年中津川全日本フォークジャンボリーにおけるバックステップの遠藤賢司 撮影・井出情児〉 1969年10月28日、お茶の水にあった全電通会館ホールで…

TAP the DAY

ギター教室の生徒だった高田渡が灰田勝彦から教わった”歌を自分のものにする方法”

大好きなフォーク・シンガーのピート・シーガーを目標にして歌手になる決意を固めた高田渡が、「日本人として、日本語の表現を突き進む」と日記に書いたのは17歳の時だっ…

TAP the DAY

追悼・加藤和彦~1968年10月17日のフォークル解散コンサートと幻のアルバム『児雷也』

ザ・フォーク・クルセダーズが大阪フェスティバルホールでの公演と、日本テレビ系『11PM』に出演したのを最後に解散したのは、1968年10月17日のことだ。 彼ら…

TAP the DAY

アート・ブレイキーを偲んで〜ピアニストからドラマーへの突然の転身、親日家、後進たちに刻み続けるハートビート(鼓動)〜

アート・ブレイキー。 脈々と続くジャズ史において、輝かしくその名前を刻んだ名ドラマーである。 1919年10月11日 、アメリカ合衆国のペンシルベニア州ピッツバ…

TAP the DAY

季節が君だけを変える〜BOØWY時代の氷室京介が受け入れた“最初で最後”の歌詞変更と、解散を意識したレコーディング舞台裏のドラマ

ガラスの中の退屈な街 踊りつかれた 今夜バレリーナ じゃあもう お別れのキスをしておくれ 雨のヴェールで隠れてるうちに いつもテンダネス だけどロンリネス ガラ…

TAP the DAY

ブルース・スプリングスティーンが迎える68歳の誕生日によせて(Photo by 井出情児)

75歳になっても元気にツアーを続けているポール・マッカートニーが9月15日の夜、ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで2日間にわたる公演をスタートさせた。…

スポンサーリンク

1 / 1012345...>>
Pagetop ↑