「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

Extra便

追悼・常田富士男~反体制ミュージカル『真田風雲録』で注目を集めて、「私のビートルズ」をレコードに吹き込んだ個性派俳優

1937年1月30日に長野県で生まれた常田富士男は、6歳のときに父親を戦争でなくした。 それから各地を転々とした後、小学3年時より母の郷里となる熊本県阿蘇郡南小…

Extra便

年収132億円のロックバンドは?〜2018年世界のミュージシャン収入ランキング

毎年恒例となる「Celebrity 100」の2018年版を、アメリカの経済誌Forbesが7月16日に発表した。「The World’s Highest-Pa…

Extra便

追悼・永六輔~わかりやすい話し言葉で人の気持ちを伝えるスタンダード・ソングを残した才人

20世紀はラジオやテレビといった放送メディアが発展したことや、レコードの製造や再生機の普及などによって、音楽の表現領域とその影響力大きく拡がった。 そんな時代の…

Extra便

ビートルズの武道館公演を客席で観ていた次世代のスターとシンガー・ソングライターたち

京都のバンドだったザ・タイガース(沢田研二、岸部一徳、森本タロー、加橋かつみ、瞳みのる)は、ビートルズ来日公演を東京の日本武道館まで観に行った直後、プロとしてデ…

Extra便

幻の音楽番組となっていた沢田研二の『セブンスターショー』を作った鬼才・久世光彦

1976年2月15日から3月28日までの7週間 、日曜日の19時30分~21時までという当時のゴールデン・タイムを使って、『サンデースペシャル・セブンスターショ…

Extra便

ハウンド・ドッグに向かって「ハウンド・ドッグ」を歌わせられたエルヴィス・プレスリー

1950年代半ばのアメリカでは一般家庭にテレビの普及が進んでいたので、エルヴィスのマネージメントを手がけるパーカー大佐は新しいメディアの影響力を最大限に利用しよ…

Extra便

歌う楽曲を自分で選んでプロデュースすることで未来を先取りしていたエルヴィス・プレスリー

1965年にロスアンゼルスで設立されたダンヒルは、プロデューサーのルー・アドラーによる新興レーベルだったが、初陣を飾ったバリー・マクガイアの「明日なき世界」が全…

Extra便

追悼・寺尾次郎(2)~ゴダールの名を不滅にした『気狂いピエロ』で語られるランボーの詩の一節

盗んだ車を乗り継いでパリからフランスを南下し、地中海に向かう男(ジャン=ポール・ベルモンド)と、かつて恋人だった女(アンナ・カリーナ)。 女は男をピエロと呼ぶ。…

Extra便

追悼・寺尾次郎(1)~音楽から映画へ道に進み、字幕翻訳家になったシュガー・ベイブのベーシスト

小学生の頃から映画が好きだった寺尾次郎は、よく叔母さんに東宝の怪獣映画と青春ものと外国映画の3本立てに連れて行ってもらったそうだ。 音楽活動を始めていた大学時代…

Extra便

追悼・森田童子~「いまわたしは わたしたちの過ぎていった青春たちに 静かにとても静かに 愛をこめて唄いたい」

初めて森田童子に会ったのは、1975年10月のある日のことだ。 大学を出て音楽業界で働くようになり、主にフォークやロックの分野で原稿を書き始めていた当時のぼくは…

Extra便

あのIT起業家が約50億円を自腹で投じて開催した夢のロックフェス

もし自分の好きな音楽のアーティストだけを集めて、大規模なライブやコンサートを開けたなら。会話レベルでも十分楽しそうな妄想だが、そんなことを自らの私財を投げ打って…

Extra便

追悼・西城秀樹──ヒデキのロックなハートに火をつけた名ギタリスト

1955年4月、広島県広島市に生まれた西城秀樹(本名:木本龍雄)。音楽好きの父親や兄の影響もあって小さい頃から洋楽を慣れ親しみ、ジャズスクールでドラムも学んでい…

1 / 2512345...>>

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ