「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the CHART

ポール・ホワイトマン楽団がヒットを連発した1922年、サッチモがシカゴへ渡る

2018.07.19

Pocket
LINEで送る

「TAP the CHART」122回は、1922年を取り上げます。

【1922年のTOP 10 HITS】
❶April Showers / Al Jolson
❷Three O’Clock in The Morning / Paul Whiteman
❸Stumbling / Paul Whiteman
❹Mr.Gallagher & Mr.Shean / Gallagher & Shean
❺Hot Lips / Paul Whiteman
❻Angel Child / Al Jolson
❼On The Alamo / Isham Jones
❽Do it Again / Paul Whiteman
❾Mr.Gallagher & Mr.Shean / Ernest Hare & Billy Jones
❿My Buddy / Henry Burr

*参考/Joel Whitburn監修『Pop Memories 1900-1940』。ナンバー1ヒットのうち、1位の獲得週が多かったもの順に掲載(同点の場合、チャートに留まった週が多い方を優先)。

【1922年の主な音楽的出来事】
○ポール・ホワイトマン楽団がヒットを連発。


○アル・ジョルソンの「April Showers」がヒット。

○ファニー・ブライスの「My Man」がヒット。

○アイリーン・スタンリーの「Sweet Indiana Home」がヒット。

○クラシック・ブルーズ歌手の先駆者メイミー・スミスが「Lonesome Mama Blues」を録音。

○フィドル奏者のエック・ロバートソンが歴史的録音。翌年のフィドリン・ジョン・カーソンと並び、「カントリー音楽最初の録音」と言われている。

○ルイ・アームストロングがニューオーリンズからシカゴに移り、キング・オリヴァー楽団に加入。

【1922年のナンバー1ヒット】○内数字は獲得した週。
April Showers / Al Jolson ⑪
My Man / Fanny Brice ①
Angel Child / Al Jolson ⑤
On The Alamo / Isham Jones ④
Do it Again / Paul Whiteman ②
Stumbling / Paul Whiteman ⑥
Mr.Gallagher & Mr.Shean / Ernest Hare & Billy Jones ②
Hot Lips / Paul Whiteman ⑥
Mr.Gallagher & Mr.Shean / Gallagher & Shean ⑥
My Buddy / Henry Burr ①
Three O’Clock in The Morning / Paul Whiteman ⑧

1922年のナンバー1ヒットは11曲。

年度ごとの音楽の出来事やヒットが分かる!〜TAP the CHARTのバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[TAP the CHART]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ