TAP the COLOR

優しい声を持つ女たち〜カレン・カーペンターほか

2015.04.01

Pocket
LINEで送る

★ダウンロード/ストリーミング時代の色彩別アルバムガイド
「TAP the COLOR」連載第75回

ようやく暖かい季節が到来した4月。音楽もどこか優しさに満ち溢れたものをセレクトしたり、ダウンロードのライブラリーの中から女性アーティストのナンバーを押す人も多いのでは? ハスキーな声、スモーキーな声、甘い声、美しい声。女たちの歌に耳を傾ける春。 

あなたの好きな色は?〜TAP the COLORのバックナンバーはこちらから

mzi.iezvvuln.1200x1200-75 ベット・ミドラー『Beaches』(1988)
ベット・ミドラー主演の映画『フォーエバー・フレンズ』のサウンドトラック。『ローズ』と並んで彼女の歌と演技が堪能できる。「Wind Beneath My Wings」は全米ナンバーワンになった。いまだ来日公演を行っていない大物エンターテイナーの1人。
(こちらもお読みください)
ローズ〜すべての歌い手とロックを心から愛する人々に捧ぐ


Carpenters-Horizon-Frontal カーペンターズ『Horizon』(1975)
32歳という若さで亡くなったカレン・カーペンター。デビュー以来、その声を通じて様々なタイプの曲を歌い、そのどれもが名曲となった。本作ではニール・セダカの「Solitaire」を取り上げ、カレンが表現する哀切なムードに心打たれる。この世にいないと想うと寂しすぎる。


Celine-Dion-Falling-Into-You-Album-Cover セリーヌ・ディオン『Falling into You』(1996)
1990年代において歌の巧さは間違いなくナンバーワンだった歌姫の世界的ブレイク作。ジム・スタインマンの「It’s All Coming Back to Me Now」はドラマチックバラードのスタンダードとなり、エリック・カルメンの「All by Myself」も彼女の声に合う。3200万枚を売った。


Amy_Winehouse_-_Back_To_Black エイミー・ワインハウス『Back to Black』(2006)
2000年代が生んだ最高の歌い手による名作。27歳で亡くなったが、彼女の歌声は永遠に刻まれた。破天荒なキャラクターや薬物アルコール依存のイメージとは逆に、エイミーの表現力は限りなく繊細で優しい。グラミー受賞も話題に。この流れは後にアデルのブレイクも生んだ。


Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the COLOR]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑