「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the DAY

ジョー・コッカーが世界に名を知らしめるきっかけとなったアメリカツアーの伝説

2019.12.22

Pocket
LINEで送る


2014年12月22、イギリス出身のブルー・アイド・ソウル・シンガー、ジョー・コッカー(享年70)がアメリカ・コロラド州の自宅で死去した。
死因は肺癌と公表された。
ハスキーなしわがれ声と独特の歌唱が持ち味だった彼には、世界に名を知らしめるきっかけとなったターニングポイントがあった。
1960年代初頭、15歳となった彼はガスの配管工として働きながら“ヴァンス・アーノルド”という芸名を名乗り、労働者達が集う酒場(パブ)で音楽活動を始めた。
大好きなレイ・チャールズやチャック・ベリーの曲をカヴァーし、ジョン・リー・フッカーやマディー・ウォーターズなどのブルースを多く歌っていたという。
1963年、ジョーは19歳にしてザ・ローリング・ストーンズのサポートを務めた後、デッカレコードと契約を結び、翌年ビートルズの「I’ll Cry Instead」のカヴァーしたレコードをリリースすることとなる。
しかし、セールスは伸びることなく…彼のデビュー作は不発に終わる。
地元シェフィールドでライヴ活動を地道に続け1968年(当時24歳)にA&Mレコードから再デビューを果たす。
同年、ビートルズの「With A Little Help Of My Friends」をカヴァーしたシングルがイギリスでトップ10入り一躍人気歌手の仲間入りを果たす。
そして、1969年8月ウッドストック・フェスティヴァルに参加し、彼は成功への階段を登り始める。


このステージでのパフォーマンスが話題となりアメリカでも注目を集めるようになった彼は、その翌年、レオン・ラッセルがバンドリーダーを担当したマッド・ドッグス&イングリッシュメンをバックに従えて全米ツアーを実施する。
同バンドは、60年代後半~70年代に巻き起こったスワンプロックムーヴメントの立役者として知られるデラニー&ボニー&フレンズから抜けてきた(レオン・ラッセルが引き抜いた)腕利きのミュージシャン達に加え、実力派のシンガー達がバックコーラスを固める21人編成となった。
そのメンバーリストには、主役のジョー・コッカー(ボーカル)、バンドリーダーのレオン・ラッセル(ギター/ピアノ)、クリス・ステイントン(ピアノ/オルガン)、カール・レイドル(ベース)、ジム・ゴードン(ドラムス)、ドン・プレストン(ギター)、ジム・ケルトナー(ドラムス)、チャック・ブラックウェル(パーカッション/ドラムス)、サンディ・コニコフ(パーカッション)、ボビー・トレス(コンガ)、ジム・プライス(トランペット)、ボビー・キーズ(テナーサックス)、リタ・クーリッジ(コーラス)、クラウディア・レニア(コーラス)、ドナ・ウォッシュバーン(コーラス)、ドナ・ワイス(コーラス)、ダニエル・ムーア(コーラス)、マシュー・ムーア(コーラス)、パメラ・ポランド(コーラス)、ニコル・バークレイ(コーラス)、ボビー・ジョーンズ(コーラス)の名が並んでいる。
ツアーはこの演奏者達に加え、舞台裏で巡業の世話をしたデニー・コーデル、スタッフ、メンバーの奥さんや子供、ガールフレンド、映画撮影班、それに犬が一匹…総勢42名+1匹という大所帯となった。
1970年3月19日から5月16日までの59日間、チャーター機Matim202でアメリカの20都市(65ステージ)を飛び回った演奏旅行だった。


まず、ジョーがこのツアーのためにイギリスを発ってロサンゼルスに飛んだのが3月11日のことだった。
本国イギリスでのチャートインやウッドストック・フェスティヴァルへの出演によって、音楽ファンからの注目は高まりつつあったが、ハードなスケジュール、巡業先でのバックバンドとのトラブルや、様々なプレッシャーを抱えて当時の彼は疲れていたという。
そんな気持ちをよそに、アメリカのメディアはこんな言葉で彼にプレッシャーをかけてきた。

「今度のツアーの成功不成功は、アメリカにおける彼のエンタテーナーとしての生命を左右するものだ。」


切羽詰まった状況を知ってジョーの支援に乗り出したのが、友人のレオン・ラッセルだった。
レオンは、彼がロサンゼルスに到着してたった二日間で10人の演奏メンバーを決め、その翌日には9人のコーラス歌手を見つけ、21人編成のバンドのリハーサルを行った。
ツアーのコーディネートを担当したデニー・コーデルは、その時のことをこう語っている。

「レオンの組織力は素晴らしく、電撃的早わざだったよ。電話だけであれだけのメンバーをたった二日間で集めるなんて!」


3月14日、集まったメンバーにより12時間にもおよぶリハーサルが行われた。
そのリハーサルスタジオには、関係者を含む300人もの人々が“凄いバンドの誕生を一目見よう”と押しかけてきたという。
15日、16日、17日と、同じく12時間を超えるマラソンリハーサルが行われる中、シングルレコード用に「The Letter(あの娘のレター)」と「Space Captain」が録音された。


3月19日、総勢42名+一匹はチャーター機に乗り込み、最初の演奏地デトロイトに向けてロサンゼルス空港を飛び立った。
20都市での公演チケットは(ジョーの心配を見事に吹き飛ばし)行く先々でソールドアウトとなり、ジョー・コッカーはマッド・ドッグス・アンド・イングリッシュメンと共に爆発的なライブパフォーマンスでセンセーションを巻き起こしてゆく。

「一気に借りを返した気持ちだったよ!」


ジョー・コッカーとレオン・ラッセルの友情から生まれたバンドは各地で素晴らしい演奏を披露し、5月16日、カリフォルニアのサンバーナーディーノ公演でショーの幕を降ろした後に解散した。
腕利きミュージシャン達が集まり連日連夜熱狂的なライブを繰り返し、舞台裏では酒とドラッグにまみれた乱痴気パーティーが行われていたというこのマッド・ドッグス・アンド・イングリッシュメンの旅。
良い意味でも悪い意味でも時代を象徴していた大所帯のツアーは、一枚の名盤(ライブアルバム)と映画作品となり、ロックファンの間では今も伝説として語り継がれている。




<引用元・参考文献『ウイズ・ジョー・コッカー 映画パンフレット』東宝/メトロ・ゴールドウィン・メーヤー映画会社>




Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[TAP the DAY]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ