「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the DAY

レイ・マンザレクを偲んで〜ドアーズの天才キーボーディストの偉大な功績〜

2017.05.20

Pocket
LINEで送る

2013年5月20日、レイ・マンザレクは入院中だったドイツの医療センターで息を引き取った。
ザ・ドアーズ(The Doors)のFacebookには、こんなコメントは発表された。

「ザ・ドアーズのキーボーディストで創設メンバーのレイ・マンザレクが、本日午後12時31分、胆管癌との長い闘いの末、ドイツのローゼンハイムにある病院で亡くなりました。74歳でした。妻のドロシー・マンザレク、兄弟のリックとジェイムス・マンザレクに囲まれる中、静かに息を引き取りました。」


昼が 夜を ぶち壊す
夜が 昼を 切り分ける
まず走ってみろ 隠れてみろ
向こう側に突き抜けるんだ!
向こう側に突き抜けるんだ!
向こう側に突き抜けるんだ!

―「Break On Through(To the Other Side)」より―

1965年の夏、彼らはカリフォルニア州ヴェニスビーチで誕生した当初から、真の意味でのバンド=創造的なエネルギーの集合体だった。
その伝説はUCLA(カリフォルニア大学ロス校)の映画学科で学んでいたジム・モリソンとレイ・マンザレク(オルガン・ピアノ)との出会いから始まったという。
ちなみに、後にドアーズの楽曲「The End」を映画『地獄の黙示録』(1979年)の挿入歌として使用したフランシス・F・コッポラ監督は、彼らと同じ教室で学んだ同級生でもある。


シカゴで育ったレイは、クラシックピアノの素養もあったが、土地柄も影響しブルースに深い愛情を持っていた。
レイはドアーズの代表的な楽曲の作曲を数多く手掛け、キーボードを演奏しながら同時に左手でベースラインを弾いて、サウンドをメロデックにドライブさせた。
クラシック風の華やかさを纏ったリック・ウェイクマン(ストローブス、イエス)やジョン・ロード(ディープ・パープル)、あるいは独特のブルースフィーリングを漂わせるイアン・マクレガン(フェイセズ)らの他のキーボード奏者とは大きく異なり、レイのキーボードプレイには楽器そのものが生み出すエレクトリックな機械音をそのまま自らのサウンドとして自在に操るようなユニークさがあった。
加えて、レイがオルガンのフットペダルによって創り上げるベースラインは(フットペダルゆえに)複雑なラインを刻むことができず、結果的にシンプルかつ機械的に刻み続けられる無機質なベースラインがドアーズサウンドにおけるサイケデリックな特色を際立たせる要因として作用した。
彼の名を有名にしたのは、ドアーズの第2弾シングルであり、全米No.1ヒットとなった「Light My Fire(ハートに火をつけて)」のイントロのオルガンフレーズだった。それは“約10秒のプレイだけでレイは音楽家として一生飯を食えるようになった”と表現されるほど革命的なフレーズだった。


ためらいの時間はもう終りだ
泥の中をのたうち回る時じゃない
今すぐやろうぜ 失うものは何もない
俺達の愛は弔いの炎となる

来いよベイビー 俺に火つけておくれ
来いよベイビー 俺を燃やしておくれ
この夜に火を放ってやろうぜ

―「Light My Fire(ハートに火をつけて)」より―


以降、レイはロックバンドにおいての“キーボーディスト”というポジションを確立させた立役者として語られる存在となった。 
ジェリー・リー・ルイスはロックンロールの世界でピアノをフューチャーした第一人者だったが、レイは鍵盤楽器のサウンドそのものをギターと対等な次元まで引っ張り上げた最初のプレイヤーだった。
そして、彼はその広い音楽的裾野でドアーズサウンドに大きな影響を与えたと言われている。
クラッシック、ジャズ、ブルース、カントリー、ロックン・ロール、そしてヨーロッパの舞台音楽などなど…あらゆるジャンルを知り尽くしているかのような知識と演奏力。 ドアーズの高い音楽性は、レイのバックボーンから生まれ出たものだと言っても過言ではないだろう。



お前の意識が無の中に滑り込む前に
もう一度 くちづけさせてくれ
もう一度 目くるめく至福の時を
もう一度 くちづけを…くちづけを

日々は光に満ちて苦悩に満ちる
包まれていたい お前の優しい雨に
お前の生きている時間は狂気に満ちる
もう一度会える…会える

―「The Crystal Ship(水晶の舟)」より―


ドアーズは、1993年にロックの殿堂入り(The Rock and Roll Hall of Fame and Museum)を果たした。
それは長いロックンロールの歴史の中で、彼らが“無双”の存在として多くのアーティストに影響を与え続けてきたことが評価された結果だった。
彼らは60年代の後半にサンフランシスコを中心に台頭したピッピームーブメント(ジェファーソン・エアプレーン、グレイトフル・デッドなどの一派にも加担しなかったし、ブリティッシュ・インヴェイジョン(ビートルズやストーンズやザ・フーが起こしたイギリス発の音楽旋風)にも影響されていなかった。
彼らにとって本拠地だったロサンゼルスにおいてさえ、当時“主流”だったママス&パパスやバーズなどのフォークロックとは“別世界の住人”と考えられていた。
そう、ドアーズはいかなるムーブメントからも超絶していたのだ。
若者達が音楽を通じて“高い理想”を掲げていた時代において、彼らの視線はロックの範囲をはるかに超える軌道を追い求めていた…。
ドアーズのギタリスト、ロビー・クリーガーはその死を悼んで次のようなメッセージをウェブサイトに掲載した。

「レイは私の人生の大きな一部であり、これからもずっと心に残る相手だ。レイとジムは私が知るなかで最も人並み外れた二人だった。ジムについてはすぐにそれがわかった。彼は明らかに天才だったし、人と違ったことをしようと努力して、それに成功していた。一方、レイは遅咲きの花だった。おそらく彼の(そして私たちの)エネルギーがジムを抑えるのに使われていたからだ。本当のレイはジムが死去するまで表れなかった。彼はいつもさまざまな人とプロジェクトを行い、プロデュースを行い、さまざまな詩人と一緒に演奏した。彼はいつも人の良い面を見ていた。それが彼の才能だ。彼はUCLAでジムの中に良い点を見出した唯一の人物だった。他の人はジムを偽物か無価値だと思った。彼だけがジムの言葉の才能を見抜き、その後のことはご存じのとおりだ。レイは私の人生に影響を与えた。あなたにとってもそうであればいいと思う。」



Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[TAP the DAY]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ