「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

Extra便

年収132億円のロックバンドは?〜2018年世界のミュージシャン収入ランキング

2018.07.19

Pocket
LINEで送る

毎年恒例となる「Celebrity 100」の2018年版を、アメリカの経済誌Forbesが7月16日に発表した。「The World’s Highest-Paid Entertainers」と題して、今年も世界のエンターテイナー/スーパースターが1年間(昨年6月1日〜今年6月1日)にどれだけ稼いだかをランキングしたものになった。

1999年〜2014年の「Celebrity 100」」は収入面だけでなく、ネットやソーシャルで話題になった回数、雑誌の表紙やTVや新聞やラジオといったメディアで話題になった回数など影響力も加味したパワーランキング方式だったが、どうしてもアメリカ中心で測ることになってしまい、そこから脱却するために2015年より以前の収入ランキングに回帰している(マイケル・ジャクソンやエルヴィス・プレスリーなどの故人は対象外)。

今回のランキングには、スポーツ選手33名、司会者/タレント12名、俳優11名、コメディアン3名、作家2名、マジシャン1名、TVタレント1名などが並ぶ中、ミュージシャンは最多の37組(バンド含む)となった。

また、ジャンル別ではロックが14組(前年9組)、ヒップホップ/R&Bが11組(前年9組)、ポップ歌手が6組(前年8組)、カントリーが4組(前年8組)、EDMが2組(前年3組)。

ソロアーティストの年齢別では20代が3組(前年7組)、30代が7組(前年6組)、40代が4組(前年8組)、50代が3組(前年3組)、60代が2組(前年2組)、70代が3組(前年4組)となっている。

2018年の「Celebrity 100」ランキングよりミュージシャンだけを並べてみると次の通り。*数字は税引き前の金額。( )内は総合ランキング。1ドル=112円で換算。

1(6) U2 1億1800万ドル(約132億円)
2(7) コールドプレイ 1億1550万ドル(約130億円)
3(9) エド・シーラン 1億1100万ドル(約124億円)
4(11) ブルーノ・マーズ 1億ドル(約112億円)
5(19) ケイティ・ペリー 8300万ドル(約93億円)
6(21) テイラー・スウィフト 8000万ドル(約90億円)
7(25) ジェイ・Z 7650万ドル(約86億円)
8(27) ガンズ・アンド・ローゼス 7100万ドル(約79.5億円)
9(28) ロジャー・ウォーターズ 6800万ドル(約76億円)
10(32) ショーン・コムズ 6400万ドル(約72億円)
11(35) ビヨンセ 6000万ドル(約67億円)
12(37) ケンドリック・ラマー 5800万ドル(約65億円)
13(39) ザ・ウィークエンド 5700万ドル(約64億円)
14(41) イーグルス 5600万ドル(約63億円)
15(44) デペッシュ・モード 5300万ドル(約59億円)
16(45) ルーク・ブライアン 5200万ドル(約58億円)
16(45) ピンク 5200万ドル(約58億円)
18(47) ジミー・バフェット 5100万ドル(約57億円)
19(49) レディー・ガガ 5000万ドル(約56億円)
20(50) カルヴィン・ハリス 4800万ドル(約54億円)
21(51) ポール・マッカートニー 4750万ドル(約53億円)
22(53) ドレイク 4700万ドル(約52.5億円)
22(53) フー・ファイターズ 4700万ドル(約52.5億円)
22(53) ジェニファー・ロペス 4700万ドル(約52.5億円)
25(57) エルトン・ジョン 4600万ドル(約51.5億円)
25(57) メタリカ 4600万ドル(約51.5億円)
27(59) ガース・ブルックス 4550万ドル(約51億円)
27(59) ザ・チェインスモーカーズ 4550万ドル(約51億円)
29(64) ビリー・ジョエル 4350万ドル(約49億円)
30(80) ローリング・ストーンズ 3900万ドル(約44億円)
31(84) リアーナ 3750万ドル(約42億円)
31(84) ブルース・スプリングスティーン 3750万ドル(約42億円)
33(87) ケニー・チェズニー 3700万ドル(約41.5億円)
34(89) イマジン・ドラゴンズ 3650万ドル(約41億円)
35(93) J・コール 3550万ドル(約40億円)
36(98) ドクター・ドレー 3500万ドル(約39億円)
36(98) ナズ 3500万ドル(約39億円)

今回ミュージシャンのトップに立ったのはランキングの常連で、2017年に行ったワールドツアー「The Joshua Tree Tour 2017」が順調だったロックバンドのU2。また、前回から引き続きランクインしたコールドプレイやガンズ・アンド・ローゼスも長期に及ぶコンサートの興行収入が大きく占めたと思われる。

新作『÷』が世界規模で大ヒットしたエド・シーランは前回の3700万ドルからジャンプアップ。ブルーノ・マーズも3900万ドルから大幅に増額した。

女性陣では4年ぶりの新作『Witness』をリリースしたケイティ・ペリーや、3年ぶりの新作『Reputation』がヒットしたテイラー・スウィフトがトップ10に返り咲き。そのほかには前回2位からダウンしたビヨンセ、レディー・ガガやリアーナらの常連組。中でもジェニファー・ロペスは最多となる14回目のランキング入り。

勢いが衰えないヒップホップ/R&B勢からは、実業家の面々(ジェイ・Z、ショーン・コムズ、ドクター・ドレー)のほか、ザ・ウィークエンドやドレイク、そして『Damn』が大ヒットしたケンドリック・ラマーら人気アーティストがランクイン。世界で最も稼ぐDJカルヴィン・ハリスも健在。

カントリー勢はガース・ブルックス、ルーク・ブライアン、ケニー・チェズニーなどいつもの顔ぶれ。大御所ロック勢はこちらもロジャー・ウォーターズ、ローリング・ストーンズ、ポール・マッカートニー、ブルース・スプリングスティーン。そして二人のピアノマン、エルトン・ジョンとビリー・ジョエルが相変わらず人気を維持。

ランキングの顔ぶれに大きな変化はなかった今回、特筆すべきはデペッシュ・モードだろう。意外と思う人もいるかもしれないが欧米では絶大な人気を誇っている。また、前回ランクインしたジャスティン・ビーバー、アデル、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ボン・ジョヴィ、セリーヌ・ディオン、ブリトニー・スピアーズは圏外となった。

*写真はU2オフィシャルサイトより

【2017年のランキングはこちら】
年収115億円の歌姫と復活したロックバンド〜2017年世界のミュージシャン収入ランキング

【2016年のランキングはこちら】
年収175億円を稼ぐ歌姫は?〜2016年世界のミュージシャン収入ランキング発表

【2015年のランキングはこちら】
年収165億円を稼ぐ歌姫は誰?〜最新版・世界のミュージシャン収入ランキング

【1992〜2014年の過去ランキングはこちらの記事でお楽しみください】
630億円を得たラッパーと年収117億円の歌姫~今旬のミュージシャンはいくら稼ぐ?

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[Extra便]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ