Extra便

年収115億円の歌姫と復活したロックバンド〜2017年世界のミュージシャン収入ランキング

2017.07.05

Pocket
LINEで送る

毎年恒例となる「Celebrity 100」の2017年版を、アメリカの経済誌Forbesが6月13日に発表した。「The World ‘s Top-Paid Celebrities」と題して、今年も世界のエンターテイナー/スーパースターが1年間(昨年6月1日〜今年6月1日)にどれだけ稼いだかをランキングしたものになった。

1999年〜2014年の「Celebrity 100」」は収入面だけでなく、ネットやソーシャルで話題になった回数、雑誌の表紙やTVや新聞やラジオといったメディアで話題になった回数など影響力も加味したパワーランキング方式だったが、どうしてもアメリカ中心で測ることになってしまい、そこから脱却するために2015年より以前の収入ランキングに回帰している(マイケル・ジャクソンやエルヴィス・プレスリーなどの故人は対象外)。

今回のランキングには、スポーツ選手30名、司会者13名、俳優11名、コメディアン6名、作家2名、マジシャン1名などが並ぶ中、ミュージシャンは最多の37組(バンド含む)となった。また、ジャンル別ではロックが9組、ヒップホップ/R&Bが9組、ポップ歌手が8組、カントリーが8組、EDMが3組。ソロアーティストの年齢別では20代が7組、30代が6組、40代が8組、50代が3組、60代が2組、70代が4組となっている。

2017年の「Celebrity 100」ランキングよりミュージシャンだけを並べてみると次の通り。*( )内は総合ランキング。1ドル=110円で換算。

1(1) ショーン・コムズ 1億3000万ドル(約143億円)
2(2) ビヨンセ 1億500万ドル(約115億円)
3(4) ドレイク 9400万ドル(約103億円)
4(6) ザ・ウィークエンド 9200万ドル(約101億円)
5(8) コールドプレイ 8800万ドル(約97億円)
6(11) ガンズ・アンド・ローゼズ 8400万ドル(約92億円)
7(13) ジャスティン・ビーバー 8350万ドル(約92億円)
8(17) ブルース・スプリングスティーン 7500万ドル(約82億円)
9(18) アデル 6900万ドル(約76億円)
10(21) メタリカ 6650万ドル(約73億円)
11(26) ガース・ブルックス 6000万ドル(約66億円)
11(26) エルトン・ジョン 6000万ドル(約66億円)
13(32) ポール・マッカートニー 5400万ドル(約59億円)
13(32) レッド・ホット・チリ・ペッパーズ 5400万ドル(約59億円)
15(35) ジミー・バフェット 5050万ドル(約55億円)
16(40) カルヴィン・ハリス 4850万ドル(約53億円)
17(49) テイラー・スウィフト 4400万ドル(約48億円)
18(53) ケニー・チェズニー 4250万ドル(約47億円)
19(55) ルーク・ブライアン 4200万ドル(約46億円)
19(55) セリーヌ・ディオン 4200万ドル(約46億円)
19(55) Jay-Z 4200万ドル(約46億円)
22(60) ブルーノ・マーズ 3900万ドル(約43億円)
22(60) ティエスト 3900万ドル(約43億円)
24(65) ジェニファー・ロペス 3800万ドル(約42億円)
24(65) ザ・チェインスモーカーズ 3800万ドル(約42億円)
26(71) ドリー・パートン 3700万ドル(約41億円)
26(71) エド・シーラン 3700万ドル(約41億円)
28(77) リアーナ 3600万ドル(約40億円)
29(80) ボン・ジョヴィ 3550万ドル(約39億円)
30(82) ビリー・ジョエル 3500万ドル(約38億円)
31(83) ドクター・ドレー 3450万ドル(約38億円)
31(83) フロリダ・ジョージア・ライン 3450万ドル(約38億円)
31(83) トビー・キース 3450万ドル(約38億円)
34(89) ブリトニー・スピアーズ 3400万ドル(約37億円)
35(95) ケイティ・ペリー 3300万ドル(約36億円) 
35(95) チャンス・ザ・ラッパー 3300万ドル(約36億円)
37(98) ジェイソン・アルディーン 3250万ドル(約36億円)

ミュージシャンだけでなく、総合ランキングでもトップに立ったのは、常連のディディことショーン・コムズ。ツアー収入やスポンサー契約、自身のアパレル事業の株式売却などで、昨年の6200万ドルから倍増した。3年前に驚愕の6億ドル以上を稼いだドクター・ドレーのように、ラッパーと言うよりは実業家と呼ぶべきだろう。

昨年は1億7000万ドルでトップだったテイラー・スウィフトは、積極的な活動がなくランクダウン。それでも4400万ドルもの収入があるから驚きだ。一昨年に1億3500万ドルでトップだったケイティ・ペリーも同様だ。アルバムセールスが好調のアデルは、昨年の8500万ドルから少しダウン。そしてジェニファー・ロペスは最多となる13回目のランキング入り。

ヒップホップ/R&B勢では、ビヨンセが評価の高かった新作やワールドツアーで稼いだ。夫でランキング常連のJay-Zとともに「世界で最も稼ぐ有名で影響力のある夫婦」を継続中。今、最も人気が高いと言われるドレイクやザ・ウィークエンドも昨年から倍増。また、世界で最も稼ぐDJカルヴィン・ハリスは今年もランクイン。

カントリー勢も強い。復活した「90年代に最もCDを売った男」ガース・ブルックスは、トリーシャ・イヤーウッドとのツアーが好調で昨年に引き続き登場。日本ではほとんど馴染みがないが、ケニー・チェズニー、ルーク・ブライアン、トビー・キース、ジェイソン・アルディーンらももはや常連。伝説のドリー・パートンや人気のフロリダ・ジョージア・ラインもランクインした。

最後にロック勢。やはり注目すべきは、黄金期のメンバーを加えて復活ツアー「Not in This Lifetime…Tour」を継続中のガンズ・アンド・ローゼズ。90年代にはランキングのトップに立ったこともある。ロックの高齢化は今後も加速するだろう。

*写真はGuns N’ Roses Wikipediaより

【2016年のランキングはこちら】
年収175億円を稼ぐ歌姫は?〜2016年世界のミュージシャン収入ランキング発表

【2015年のランキングはこちら】
年収165億円を稼ぐ歌姫は誰?〜最新版・世界のミュージシャン収入ランキング

【1992〜2014年の過去ランキングはこちらの記事でお楽しみください】
630億円を得たラッパーと年収117億円の歌姫~今旬のミュージシャンはいくら稼ぐ?

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[Extra便]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑