TAP the LIVE

ジョー・ストラマー~死の直前に叶ったかつての相棒とのステージ

2015.11.15

Pocket
LINEで送る

ジョー・ストラマーが心臓疾患により突如としてこの世を去る日からおよそ1ヶ月前の2002年11月15日。
ロンドン西部のノッティング・ヒルにあるアクトン・タウン・ホールでは、消防団組合のストライキを支援するチャリティイベントが催され、ステージではジョー率いるメスカレロスがライブをしていた。

クラッシュ時代から労働階級の側に立って歌ってきたジョーは、主催側からのオファーを二つ返事で受けたという。

2曲目が終わると、ファンに向けてジョーから嬉しい情報が伝えられた。
クラッシュでのかつての相棒、ミック・ジョーンズも今日のステージを観に来ているというのだ。

この日、ミックは一緒に観に行く予定だった友人がドタキャンしてしまい、行くのをやめるか迷ったという。
そして悩んだ末にタクシーを捕まえて会場に向かったのだった。

ジョーがミックをクラッシュから解雇したのは1983年のこと。
のちにジョーはこの判断を最大の過ちと後悔しており、クラッシュも翌1984年には解散してしまう。
2人はすぐに和解こそしたが、プライベートで親しく付き合っていても共に演奏することはなかった。
しかしジョーはミックとの音楽活動を望んでおり、「曲をつけてほしい」とミックに詩を送ったりしていた。

ライブ本編が終わってアンコールで再び登場したメスカレロスが1曲目に演奏したのはクラッシュの「Bankrobber」だった。
ミックは「Bankrobber」のイントロを聴いた瞬間に、ステージに上がるよう背中を押される気がしたという。

曲の途中、ミック・ジョーンズがギターを持ってステージに登場すると会場は割れんばかりに沸いた。
19年ぶりにジョーとミックの二人によるライブが実現した瞬間だった。

曲が終わるとジョーはミックに声をかける。
「よし、ギターを任すぜ、赤ん坊に聴かせてやりな」
バンドに「Aのキーで行くぞ」と指示すると、クラッシュのデビュー・シングル「White Riot(白い暴動)」を演奏する。

この日の最後を飾ったのは「London’s Burning(ロンドンは燃えている)」だ。
消防団のチャリティ・ライブの締めくくりとして、これ以上にふさわしい曲はなかった。

ロンドンは今、退屈すぎて燃えている

ロンドンは燃えている ダイヤル99999に電話するんだ


この日のジョーについて、妻のルシンダはこう語っている。

「会場から出て行くタクシーに乗ったジョーに、ミックの飛び入りはどうだったって聞いたの。満面に笑顔を浮かべて振り返ったわ。『生意気な奴だな』って。本当に満足してた」




クラッシュ『白い暴動』
SMJ

※このコラムは2014年5月27日に公開されたものです

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the LIVE]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑