benlon

TAP the NEXT

ベン・ロンクル・ソウル──フランスの気鋭ソウル・シンガー、シナトラ名曲を大胆に蘇らせるトリビュート

2017.01.09

2008年にモータウン・フランスと契約したシンガー、ベン・ロンクル・ソウル。ホワイト・ストライプスやケイティ・ペリーのヒット曲を、ダンサブルなソウル・ミュージックへと変貌させたカバーで評判を集めた彼は、2010年に自らの名前を冠したファースト・アルバム『Ben L’Oncle Soul』を発表。スタックスやモータウンなど、60年代ソウルへの憧憬に満ちたサウンドにのせて、熱さと深みと朗らかさを兼ね備えた情感あふれる歌声を聴かせる作品でフランスの音楽賞を受賞。フランス発のネオ・ヴィンテージ・ソウルの旗手として、国内はもとよりヨーロッパ全土で人気と評価を着実に高めてきた。

彼がロサンゼルスをドライブしている時、借りた車にたまたまフランク・シナトラのコンピレーション盤が入っていて、そのCDを聴いたことでシナトラの歌に魅了され、いつしかシナトラの人生やキャラクターを研究するまで入れ込むようになったという。そして、自分なりの解釈でシナトラの音楽に新たな息吹を吹き込みたいという思いのもと制作されたのが、このサード・アルバム『Under My Skin』なのだ。

「Fly Me To The Moon」「Moonlight Serenade」「New York New York」など、今なお愛されるスタンダード・ナンバーたちが取り上げられているのだが、ベン・ロンクル・ソウルがこれまで発表した楽曲群のように60年代ソウルの影響をダイレクトに反映した生音サウンドはあえて封印しているところが、本作の興味深いポイントだ。ジャジーなヒップホップ・トラックでクールに印象を変えた「Fly Me To The Moon」、ブレイクビーツとフルート・ループが印象的な「All The Way」、ルーツ・ロック・レゲエに姿を変えた「New York New York」、トリップホップ調の「I’ve Got You Under My Skin」と、聴き手の想像を鮮やかに裏切っていくアレンジが施されていく。ベン・ロンクル・ソウルの多彩なバックグラウンドを浮き彫りにしていく本作だが、それは同時に、フランク・シナトラの残した宝石の数々が、現在進行形のサウンドで新たに磨きをかけることで、今なおフレッシュな光を放つ音楽なのだということを証明する、彼の熱い想いが詰まった作品でもあるのだ。


ベン・ロンクル・ソウル『Under My Skin』

ベン・ロンクル・ソウル
『Under My Skin』

(Blue Note/ユニバーサル ミュージック)


official website
http://www.benlonclesoul.com/
http://www.universal-music.co.jp/ben-loncle-soul

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the NEXT]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑