TAP the NEXT

堂島孝平

2014.04.07

Pocket
LINEで送る

今日も“トゥモロー”を 口ずさめよ “シンギンインザレイン”を
愛に“メモリー”を 歌え“ドレミ”
(中略)
どんな歌でも 君のために これこそが事実!
(「フィクションの主題歌」より)


Kinki Kids、太田裕美、住岡梨奈をはじめとする多くのアーティストへの楽曲提供やサウンド・プロデュース、佐野元春『SOMEDAY』ライブのバンド・メンバーとしての参加など多彩なミュージシャンたちのセッション・ワーク、さらには西寺郷太とのユニット〈Small Boys〉としての活動など、さまざまなアプローチで自ら描くポップ・ワールドを世に問うてきた音楽家、堂島孝平。来年デビュー20周年を迎える彼が、通算15作目となる最新アルバム『フィクション』を完成させた。

この10年はすべてセルフ・プロデュースによる作品を発表してきた堂島だが、本作では同世代のミュージシャン石崎光(cafelon)を共同プロデューサーに迎え、これまでのキャリアで培ったスタイルに新たな風を吹き込む。両者の幅広い音楽性に裏打ちされたサウンドは、先達へのオマージュも随所に見え隠れし、音楽通もニヤリとさせる懐の深さを感じさせる。

堂島版「マイ・ウェイ」とでも評したくなる、壮大なバラード「俺は、ゆく」で幕を開けるアルバムは、まるで1本のミュージカル映画を観ているかのように目まぐるしくシーンが展開。フィクションの世界を踊るように遊びながら、時にコミカルに、時にシニカルに、人生の悲喜こもごもを描いていく。冒頭に引用した歌詞のように、憂鬱な雨の日にも晴れやかな明日への希望と笑顔を与えてくれる、堂島孝平の巧みなポップ・マジックがいかんなく発揮された作品だ。


FICTION_booklet-h1-4??30
堂島孝平『フィクション』
テイチクエンタテインメント

堂島孝平 official website
http://djkh.jp/

堂島孝平「俺は、ゆく」 MV

【堂島孝平×A.C.E. 2014ツアー「ノンフィクション」】
5月18日(日)東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGE
5月23日(金)北海道・札幌KRAPS HALL

5月25日(日)宮城・HooK SENDAI

5月30日(金)福岡・Queblick

5月31日(土)広島・ナミキジャンクション

6月7日(土)愛知・ell.FITS ALL

6月27日(金)東京・草月ホール

6月29日(日)大阪・梅田CLUB QUATTRO

<堂島孝平×A.C.E. メンバー>
堂島孝平(Vo, G)/ 小松シゲル(Dr / NONA REEVES)/ 奥田健介(G / NONA REEVES)/ 隅倉弘至(B / 初恋の嵐)/ sugarbeans(Key)

【堂島孝平×SOLO】
6月2日(月)岡山・城下公会堂
6月3日(火)愛媛・今治カフェ・ルルド
6月5日(木)京都・SOLE CAFE
6月8日(日)愛知・名古屋 ell. SIZE
6月13・14日(金・土)東京・南青山MANDALA

詳細は堂島孝平 official website http://djkh.jp/

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the NEXT]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑