TAP the ROOTS

マイ・マイ・ヘイ・ヘイ~燃え尽きていくロックンローラーたち

2014.05.29

Pocket
LINEで送る

 マイ、マイ、ヘイ、ヘイ
 ロックンロール・イズ・ヒア・トゥ・ステイ


ニール・ヤングの「My My, Hey Hey (Out of the Blue)」はそんな歌詞で始まる。
「ロックンロール・イズ・ヒア・トゥ・ステイ」は「ロックンロールは定着した」というような意味だが、それは1950年代のビバップ・グループ、ダニー・アンド・ザ・ジュニアーズのヒット曲のタイトルだ。

そう、この歌が触れているのは、ニールが見たロック史だ。

1960年代については、「キングは死んだが、彼が忘れられることはない」という歌詞でエルヴィスについて歌い、1970年代については「これはジョニー・ロットンの物語さ」と、セックス・ピストルズに言及している。

さて、そんなロック史を飾るアーティストたちの物語に印象的なフレーズが続く。

消えちまうなら
燃え尽きちまうことさ


多くのロックンローラーたちが消えるより、燃え尽きることを選んできたのも事実だった。

そして遺書に、ニール・ヤングのこの歌詞を抜書きしたのがニルヴァーナのカート・コバーンだった。

「彼には言ってやりたかったよ。大丈夫だって。ツアーもしなくていいんだって。そんなことをしなくてもいいんだって。自分で人生をコントロールして、音楽を作ればいいんだって。いや、作らなくてもいいんだって、ね」

ニール・ヤングは、カート・コバーンについて聞かれ、タイム誌にそんな言葉を残している。



Neil Young『Rust Never Sleeps』
Reprise / Wea

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the ROOTS]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑