TAP the SONG

クレージーキャッツの”変な歌”②PTAのおばさまなんかがガタガタ騒ぎ出すようなバカ歌

2017.09.09

Pocket
LINEで送る

青島幸男が書いた「スーダラ人生 クレージーキャッツ物語」によると、「スーダラ節」でレコードを出そうとしたときに、ふたつの選択肢があったという。

プロデューサーの渡邊晋との打ち合わせの席では当初、実力のあるミュージシャンが揃ったバンドなのだから常套的に”良い歌を作る”という案と、はなから割りきって”売れる歌を作る”という案が検討された。

そして選ばれたのは当然ながら、”売れる歌を作る”のほうだった。
青島流に言えば、「PTAのおばさまなんかがガタガタ騒ぎ出すようなバカ歌」で、とにかく「バンバン売れる歌を作る」という方針が決まった。

その結果として誕生したのが、植木等のデビュー曲となった「スーダラ節」だった。
これが大ヒットしたことから、1961年の秋から翌年にかけて「ハナ肇とクレージーキャッツ」の人気が急上昇した。

破竹の勢いを得て12月に発売された第二弾シングルは勢いのある植木等が唄う「ドント節」と、1番から順にハナ肇と谷啓、植木等とリレー式に唄い継いでいく「五万節」のカップリングになった。

♪ サラリーマンは 気楽な稼業ときたもんだ
  二日酔いでも 寝ぼけていても
  タイムレコーダー ガチャンと押せば
  どうにか格好が つくものさ
  チョッコラ チョイと
  パァにはなりゃしねェ
  アッソレ ドンと行こうぜ ドンとね 
  ア、ドンガラガッタ ドンとドンと 行きましょう




ところが「五万節」の歌詞に問題があるとクレームがつき、植木等が唄う3番と6番の歌詞が民放連の自主規制にひっかかった。
放送禁止になったのは以下の部分である。

「五万節」作詞・青島幸男 作・編曲 萩原哲晶

学校出てから十余年
今じゃタクシーの運転手
むやみやたらとブッとばし
書いた始末書五万枚
(サバ言うなこのヤロー)

学校出てから十余年
今じゃヤクザの大幹部
けんかでいりとひと騒ぎ
呼んだパトカー五万台
(サバ言うなこのヤロー)


作・編曲を担当したことでクレージー・ソングの立役者となった萩原哲晶によると、「原案が青島幸男から出て、それからみんなで適当にでっちあげたんですが、でっちあげて面白かったものが全部ボツになって」しまったという。

あらためてレコーディングが行われて、歌詞を変更したヴァージョンは翌年の1月20日に発売された。
だが毒気を抜かれたために、破茶目茶な面白さが抑えられて普通のコミックソングになった。

学校出てから十余年
今じゃ野球の大選手
右に左にうちわけて
打ったホームランが五万本
(サバ言うなこのヤロー)

学校出てから 十余年
今じゃなうての 事件記者
特種さがしの 明け暮れに
つぶしたシューズが 五万足
(サバ言うなこのヤロー)


しかし反骨精神のかたまりだった青島幸男はそうした経緯に懲りるどころか、ますます過激さを打ち出して前進あるのみ、「PTAのおばさまなんかがガタガタ騒ぎ出すようなバカ歌」を誕生させていく。

1962年7月20日発売の第3弾シングル「無責任一代男/ハイそれまでョ」、12月20日発売の「これが男の生きる道/ショボクレ人生」、1963年4月20日発売の「いろいろ節/ホンダラ行進曲」と、いずれもA面だけでなくB面までヒットしてクレージーキャッツの人気は不動なものになっていったのである。





(このコラムは2016年5月27日に公開されたものの改訂版です)

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the SONG]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑