「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the CHART

ビッグバンドのブームが続く1941年、ハーレムのクラブではビバップ革命が起きていた

2018.01.11

Pocket
LINEで送る

「TAP the CHART」100回は、1941年を取り上げます。まずはシングルの年間チャートTOP 20から。

【1941年のBillboard年間チャート】
★TOP 20 SINGLES
❶Chattanooga Choo Choo / Glenn Miller
❷Daddy / Sammy Kaye
❸Stardust / Artie Shaw
❹Boogie Woogie Bugle Boy / Andrews Sisters
❺Amapola (Pretty Little Poppy) / Jimmy Dorsey
❻Green Eyes / Jimmy Dorsey
❼Elmer’s Tune / Glenn Miller
❽Take The ‘A’ Train / Duke Ellington
❾God Bless the Child / Billie Holiday
❿Maria Elena / Jimmy Dorsey
⓫I Don’t Want to Set the World On Fire / Horace Heidt
⓬Piano Concerto in B Flat / Freddy Martin
⓭I Don’t Want to Set the World On Fire / The Ink Spots
⓮Blue Champagne / Jimmy Dorsey
⓯Song of the Volga Boatmen / Glenn Miller
⓰My Sister & I / Jimmy Dorsey
⓱You Made Me Love You / Harry James
⓲Dolores / Tommy Dorsey
⓳You & I / Glenn Miller
⓴There’ll Be Some Changes Made / Benny Goodman


【1941年の主な音楽的出来事】
◯グレン・ミラー楽団の「Chattanooga Choo Choo」が大ヒット。

◯ジミー・ドーシー楽団がNo.1ヒットを連発。

◯デューク・エリントンの「Take the A Train」がヒット。

◯インク・スポッツの「We Three(My Echo,My Shadow,and Me)」がヒット。

◯カウント・ベイシー楽団が「Going to Chicago Blues」を録音。

◯ウォルター・ブラウンとジェイ・マクシャン楽団が「Confessin’ The Blues」を録音。

◯ビッグ・ビル・ブルーンジーが「Key to the Highway」を録音。

◯メンフィス・ミニーが「Me And My Chauffeur Blues」を録音。

◯ビリー・ホリデイが「God Bless the Child」を録音。

◯NYハーレムの一角にあった「ミントンズ・プレイハウス」では、毎晩のようにスイング楽団での演奏を終えた若きミュージシャンたちが集まっては明け方までアフター・アワーズのジャム・セッションを繰り広げていた。これが後に「ビバップ」と呼ばれる新しいジャズの原型となり、黄金のモダンジャズ時代へと突入していく。チャーリー・クリスチャン、ディジー・ガレスピー、セロニアス・モンク、ケニー・クラークらが行った1941年5月のセッションの模様は、ファンの手によって密かに録音され、後年に『ミントン・ハウスのチャーリー・クリスチャン』として発売。ビバップ誕生の瞬間を記録した歴史的な演奏集として大きな話題を呼んだ。また、カンサス・シティのジェイ・マクシャン楽団にいたチャーリー・パーカーが、同楽団でNYに進出したのもこの年。

◯アーネスト・タブの「Walking the Floor Over You」がヒット。

◯ジェリー・ロール・モートン死去(7月10日)

【1941年のBillboard1位獲得シングル】○内数字は獲得した週。
★SINGLES
*1940年に1位になったものは除きます。
Song of the Volga Boatmen/Glenn Miller ①
Amapola (Pretty Little Poppy)/Jimmy Dorsey ⑩
My Sister and I/Jimmy Dorsey ②
Maria Elena/Jimmy Dorsey ②
Daddy/Sammy Kaye ⑧
Green Eyes (Aquellos Ojos Verdes)/Jimmy Dorsey ④
Blue Champagne/Jimmy Dorsey ①
Piano Concerto in B Flat/Freddy Martin ⑧
Chattanooga Choo Choo/Glenn Miller ⑨
Elmer’s Tune/Glenn Miller ①

*なお、『Pop Memories 1890-1954』では以下の曲も1位としてリスト化。
We Three(My Echo,My Shadow,and Me)/Ink Spots ③
There I Go/Vaughn Monroe ③
Dream Valley/Sammy Kaye ①
I Hear a Rhapsody/Jimmy Dorsey ②
There’ll Be Some Changes Made/Benny Goodman ④
High on a Windy Hill/Jimmy Dorsey ②
Dolores/Tommy Dorsey ①
The Band Played On/Guy Lombardo ②
Intermezzo(Souvenir De Vienne)/Guy Lombardo ①
(Light Out)’Til Reveille/Kay Kyser ②
You & I/Glenn Miller ⑤
I Don’t Want to Set the World On Fire/Horace Heidt ③

1941年のナンバー1ヒットは22曲。

年度ごとの音楽の出来事やヒットが分かる!〜TAP the CHARTのバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[TAP the CHART]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ