「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

Extra便

小泉今日子が恩師・久世光彦のために続けている舞台『マイ・ラスト・ソング』

2016.02.04

Pocket
LINEで送る

女優になれたのは「久世さんのおかげ」だと語る小泉今日子は、「前略久世光彦様」という書き出しの手紙で、『マイ・ラスト・ソング』の成長について次のように触れている。

あなたが大好きだった、歌について綴ったエッセイ「マイ・ラスト・ソング」を、浜田真理子さんの素敵な歌声と私の朗読で聞いていただくという会をここ数年続けています。
そちらにも聞こえていますか?
「浜田真理子の歌っていうのはなんともいいもんだねぇ」なんて感心していらっしゃるのではないかしら。
それから、「小泉今日子は相変わらず朗読が下手だなぁ」と呆れていらっしゃるかも知れませんね。
ナレーションが上手にできなかった私に、毎日声を出して新聞を読め、と教えてくれたのは私が17歳の時でした。
私にとって恩師と言える唯一の存在。
演技を通してたくさんのことを学びました。
昭和の歌謡曲が好きなのも、純文学が好きなのも、センチメンタルが好きなのも、ユーモアが好きなのも、全てあなたの影響のような気がします。
出会う以前からあなたのドラマが大好きだった私ですしね。
真理子さんも私と同世代。
もちろん久世ドラマを見て育ったと言っていました。
そんな私たちの『マイ・ラスト・ソング』は少しずつ成長しています。


2016年1月26日、第50回紀伊国屋演劇賞の授賞式が東京・新宿の紀伊国屋ホールで行われた。
個人賞を受賞して挨拶に立った小泉今日子は、「アイドル歌手だったので、舞台に立ったのは30過ぎてから。まぐれとならないように精進したいと思います」と喜びを述べた。

小泉今日子は2月4日で50歳を迎えるにあたって、以前から”節目なのでとても意識している”と語っていた。
正月にオンエアされたテレビ朝日系『小泉今日子50歳 ニューヨーク』でも、正直にそのことをこう話した。

「この年になると、自分に残された時間っていうのを自然と意識するようになる。 これからをもっとアクティブに生きたい」


そんな彼女がコツコツと積み重ねているのが、久世光彦の書いたエッセイを舞台化した歌と朗読によるライブである。


image

作家で演出家だった恩師が2006年3月2日に急逝したのをきっかけに始まった『マイ・ラスト・ソング』では、シンガーソングライターの浜田真理子がピアノの弾き語りで歌い、小泉今日子が朗読とトークで久世光彦がこよなく愛し、また涙した歌の数々を描き出していく。

koizumi

生前の久世光彦が書いたエッセイの「マイ・ラスト・ソング」には、軽く100を超える数の歌がとりあげられているが、歌謡曲からポップス、童謡や唱歌、讃美歌、軍歌、演歌、そして外国の曲も含まれている。
それらを一人で歌いこなすのは普通では考えられないが、「浜田さんなら、それができると直感した」ところから実現したという。

hamada

「浜田さんがいれば全部歌えるね」と思った小泉今日子は、「私は久世さんの文学者としての一面を朗読で表現することならできる」とこの企画を進めたのだった。

東京の世田谷パブリックシアターで行われた初演以降、縁や絆がつながって山口県や鹿児島県、石川県、富山県、新潟県と、毎年どこかで必ず開催されてきた。

マイ・ラスト・ソング 山口チラシ

久世光彦の手がけたドラマからは、劇中歌や主題歌で多くのヒット曲が生まれている。
天地真理「みずいろの恋」、堺正章「街の灯り」、浅田美代子「赤い風船」、郷ひろみ・樹木希林の「お化けのロック」「林檎殺人事件」、藤竜也「花一輪」、さくらと一郎「昭和枯れすゝき」、徳久広司「北へ帰ろう」、、、。

なかでも天地真理と浅田美代子は『時間ですよ』という、人気ドラマが生んだアイドルといってもいいくらいだ。
久世ドラマはタイアップによるヒット曲の先駆けとなり、ドラマからアイドルが生まれる先駆けともなった。

また久世光彦は作詞家としても小谷夏や市川睦月のペンネームで、天地真理「ひとりじゃないの」、郷ひろみ「真夜中のヒーロー」、沢田研二「コバルトの季節の中で」、香西かおり「無言坂」といったヒット曲を書いている。

今年で9年目を迎える「マイ・ラスト・ソング」は恩師の没後10年にあたる。
これまでとは少し変わって久世光彦が書いた歌謡曲や、番組から生まれた「街の灯」などの新たなレパートリーが増えるという。


「街の灯り~Mr.Lonely」 浜田真理子



【追加公演】
浜田真理子×小泉今日子
「マイ・ラスト・ソング」~久世さんが残してくれた歌~


【ビルボードライブ東京】
4/14(土)
4/15(日)
1stステージ 開場15:30 開演16:30 / 2ndステージ 開場18:30 開演19:30
サービスエリア¥9,000-
カジュアルエリア¥7,500-(1ドリンク付き)

[ご予約・お問い合せ] ビルボードライブ東京 03-3405-1133
〒107-0052
東京都港区赤坂9丁目7番4号 東京ミッドタウン ガーデンテラス4F

【発売日】
Club BBL会員先行=3/09(金)
一般予約受付開始=3/23(金)

浜田真理子(歌・ピアノ)
小泉今日子(朗読)
久世光彦(テキスト)
佐藤 剛(構成・演出)

久世光彦『ベスト・オブ・マイ・ラスト・ソング』(文庫)
文藝春秋

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[Extra便]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ