TAP the NEWS

節目の歌〜See You Again〜

2014.10.12

Pocket
LINEで送る

「ウェブ25周年」記念サイト公開(INTERNET Watchより)
ティム・バーナーズ=リー氏がウェブを発明してから25年となることを祝して、特設サイト「Web at 25」が公開された。
<日本語版プレスリリース/世界で祝すWeb25周年>
http://www.webat25.org/news/press-release-launch-jp

「日本の大動脈」運んだ56億人 東海道新幹線50年(朝日新聞デジタルより)
東海道新幹線(東京―新大阪)は10月1日、開業50年を迎えた。50年間の総走行距離は地球5万周分にあたる約20億キロ、延べ乗客数は56億人に上る。この間、列車事故での死者はゼロ。車両の改善やスピードアップも続き、「日本の大動脈」の役割を担い続けている。

♪「See You Again」/博多ザ・ブリスコ


涙 
笑顔
希望
孤独
やりたいこと全部考えてみた
まだ何も始まってない
全てはこれからなのさ
Allright!今から始まる



愛おしさ
憎む
太陽がまぶしくて目が開けられない
まだ悟ってなんかないぜ
やり残してる事ばかり
俺は夢を見つめる

目の前に見えるのに届かない光
消えてゆく太陽に明日も会えるかな?
Hey Sunshine See you again
Hey Sunshine See you again



博多ザ・ブリスコというバンドをご存知だろうか?
この不思議な響きを持つ“ブリスコ(BRHYSSCO)”という言葉は、25年間に渡りバンドを牽引してきたフロントマンであるジャガー・イケミ(池見龍彦)が作った造語である。
「B」「RHY」「S」「S」「CO」とは、ブルース、リズム、ソウル、スピリッツ、コミュニケーションの頭文字を合わせたもので、彼等の音楽性やライブパフォーマンスを語る上において欠かせない“要素”から生まれた言葉である。
今週は、結成25周年の彼等が10/11にリリースしたばかりのNEW CD『A SONG FOR YOU』に収録されている素敵なメッセージソング「See You Again」をご紹介します。
今回TAP the POPでご紹介させていただくにあたって、現在50歳を迎えたジャガー・イケミ氏に新曲への“想い”をコメントしていただきました。

==========================================

自分の人生も折り返し地点を過ぎ、
自分の周りの友達、先輩、家族の死の中で、
自分自身の人生に悔いは残してないだろうか?
自問自答の中で、目の前に沈んでゆく太陽を自分の夢に置き換えて作った歌です。

みんながそれぞれ同じ悩みを抱えて生きていると思い、
言葉を最小限に減らして、どの世代にも伝わるように作っています。


profile01
「オーライ!」それが彼の口癖だ。
そして、多くの人達と笑顔でコミュニケーションしてきた合言葉だ。
“博多のJB(ジェイムス・ブラウン)”とも呼ばれているジャガー・イケミ(Vo.Gu.)が1989年に結成した博多ザ・ブリスコは、長い歴史の中で様々な壁を乗り越え、何度となくメンバーチェンジを繰り返しながら進化を遂げてきた。
現在は3人組のベースレスロックバンドとなって精力的に活動を続けている。
chee(Dr.)、ゆかりんご(Key.)という女性陣を従えてのメンバー構成も実に個性的である。
ジャガー・イケミの卓越したPOPセンスと、彼女達が三位一体となって織り成す圧倒的なライブパフォーマンスで今や“福岡を代表する存在”となった。
また、彼等は“ライブホリック”と言っても過言ではないくらい、年間を通じて数多くのステージをこなしている本物のライブバンドでもある。
その活動範囲は地元九州だけにとどまらず、関東、関西、全国(北海道~沖縄)、そして海外にまで及ぶ。

20130811_522769
ジャガー・イケミを頼りに博多にツアーに来るアーティストも多く、KONTA(バービーボーイズ)、中山加奈子(プリンセスプリンセス)、エンリケ(バービーボーイズ)、佐藤タイジ(シアターブルック)、EBBY(ex.じゃがたら)等も、博多ザ・ブリスコのイベントに何回も出演し共演を通じて親交を深めている。
また、2012年にジョニー・サンダース&ハートブレイカーズのメンバー、ウォルター・ルーが来日公演を行った際にサポート共演を果たし話題となった。
インディーズ、メジャー問わずに多くのミュージシャン達から慕われるジャガー・イケミのルーツをさかのぼると、アメリカ国籍を持つ祖母の存在に辿り着くという。
長年に渡るステージ経験を通じて、様々な観客・ミュージシャン達と触れ合ってきた彼が作り出す歌には“真実”と“優しさ”がある。
結成から四半世紀、そして50歳を迎えた彼がロックし続ける理由とは何なのか?
それはバンド名と同様に、幾つかの欠かせない“要素”が重なり合っているのかもしれない。
涙、笑顔、希望、孤独、光、影、愛おしさ、そして憎しみ…
年齢、そして音楽人生の“節目”に発表した新曲「See You Again」。
この歌詞で歌われている一言一句こそが、彼の心を突き動かしている“大切な要素”なのだろう。
「オーライ!」
彼は今夜も何処かの街のライブハウスで、ありったけの声を振り絞りながら歌っている。

【博多ザ・ブリスコ オフィシャルサイト】
http://rock.hakatathebrhyssco.com/


博多ザ・ブリスコ


深く
鼓動
響く
誰もがその手に涙を握りしめ
君だけにしか分からない笑顔があってもいいだろう
Allright!それでいいのさ

大声も張り上げず死ぬのはゴメンだよ
消えてゆく太陽を明日も見たいから
Hey Sunshine See you again
Hey Sunshine See you again
Hey Sunshine See you again
Hey Sunshine See you again
Allright!


「繰り返す日々の中で 俺は大切な光を見つけた
 目の前に映る太陽は 君だけにしか見えないものさ
 そう君だけに分かるものなのさ オーライ!」


♪「どうやら俺も」/博多ザ・ブリスコ 最新ミュージックビデオ―メイキング動画


さて、今週は「人生の節目や門出にふさわしい歌」を紹介して下さい♪
皆様からのコメント欄への投稿をお待ちしております。
洋楽・邦楽・性別・世代を超えて“音楽と出逢う”歓びを、皆さんで分かち合いませんか?
「私ならこの一曲!」
YouTube動画のURLをコメント欄に貼付けて、歌詞の内容や選曲理由と共に「一曲」聴かせて下さい。
投稿方法がわからない方は、直接メッセージでご返信(メール投稿)下さい。
曲名/アーティスト名と選曲理由だけの投稿でもかまいません。
info@tapthepop.net
コメント欄の方へ代理投稿させていただきます。
宜しくお願い致します。

71mc-+tmN+L._SL1500_

博多ザ・ブリスコ『A SONG FOR YOU』

(2014/キャッスルレコード)
今回のNEW CD『A SONG FOR YOU』は、人間の生死がテーマとなっている作品。ジャガー・イケミ自身の家族、友人、先輩、身近な死を見つめることで、今、自分が死んだとして、悔いは残らないか?やり残してることはないか?様々な死に直面した中で、自分の人生を見つめなおし、自分の人生に夢を持ち続け生きていくことが、魂の夜明けに繋がっていくと言った、死の中に見つけ出した生きることが、作品のコンセプトとなっている。
フォト&ジャケットデザインは、HEAT WAVEの渡辺圭一。
奈良敏博(シーナ&ザ・ロケッツ)がサウンドアドバイザーとして参加。


【博多ザ・ブリスコ ライブスケジュール】
http://rock.hakatathebrhyssco.com/live.htm
◆10/11 福岡CB『博多ザ・ブリスコ結成25周年祭』
◆10/12 福岡CB『博多ザ・ブリスコ結成25周年祭』
◆10/13 福岡CB『博多ザ・ブリスコ結成25周年祭』
◆10/24 東京 吉祥寺 Rock Joint GB w/タケバン、DeeDeeFever
◆10/26 東京 代々木 Zher The Zoo w/ラーマアメーバ、VooDooHawaiian
◆11/3 福岡CB
◆11/8 佐賀Rag-G
◆11/15 佐賀 Rock Ride
◆11/21 大阪十三ファンダンゴ
◆11/22 神戸ハーバーランド
◆11/23 京都 夜想
◆11/30 黒崎マーカス
◆12/13 札幌SUSUKINO 810
◆12/14 札幌SUSUKINO 810
◆2015/1/17 大分 ビッツホール

【UST番組「ジャガー・イケミのLOVE&HAPPINESS」配信中!】
http://www.ustream.tv/channel/loveandhappiness

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

    関連記事が見つかりません

[TAP the NEWS]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑