TAP the ROOTS

幼き日の記憶から生まれた「ドリーム・オン」

2016.03.24

Pocket
LINEで送る


鏡を見るたび
俺の顔の輪郭が
くっきりとなっていく
過去は過ぎ去った

1973年1月、エアロスミスはアルバム『エアロスミス』(邦題:「野獣生誕」)でコロムビア・レーベルからデビューを果たす。だが、セールスはまったくふるわなかった。

Aerosmith_-_Aerosmith

原因のひとつは、コロムビアが1週間前に発売されていたブルース・スプリングスティーンのデビュー・アルバム『アズベリー・パークからの挨拶』にプロモーション・パワーのほとんどをつぎ込んでいたからだとも言われたが、評論家たちのレビューも好意的とはいえなかった。
「ストーンズの偽物」といった、ありがちなレッテルを貼ろうとする者もいた。

そんな彼らを救ったのが、「ドリーム・オン」だった。
「ドリーム・オン」はAMラジオでかかりやすいように編集されてシングル・カットされると、ボストンを中心に火がついていった。


夕焼けが夜明けに変わるように
変わるために人は
日々の代償を支払ってるのさ

1948年の3月26日、ニューヨークの外れで生まれたスティーヴン・タイラーが「ドリーム・オン」のメロディーに出会ったのは、17歳の頃だ。
彼はピアノを弾いていた。そして突然、そのソネットのようなメロディを指が奏でたのである。


俺の半生は
書物に記されていたこと
愚者や賢者の教えを
そのまま生きてきた

スティーヴン・タイラーは小さな頃からピアノが友達だった。彼の父はクラシック・ミュージックの訓練を受けたミュージシャンだった。物心ついた頃、スティーヴンはよく、ピアノの下にもぐりこみ、父親が弾くピアノの音色に耳を澄ませたものだった。そして「ドリーム・オン」のコード展開は、ピアノの下で小さなスティーヴンの耳に焼きついたものだったのである。


ドリーム・オン
夢を見続けるのさ
その夢が叶うまで

「ドリーム・オン」が厳かなソネットから、ロックのバラードに生まれ変わったのは、ジョー・ペリーがギターを弾いた瞬間だった。
「メロドラマを観たときのように、俺は泣けてきたのさ」
スティーヴンはその時のことについて、そう語っている。

エアロスミスが「ドリーム・オン」を初めて演奏したのは、1971年11月のことだ。
コネチカット州の<シャボー・イン>。ホテルの一階にあるホールでの演奏だった。一晩の演奏で、175ドルのギャラだった。



Aerosmith『Aerosmith』
Sony

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the ROOTS]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑