stairwaytoheaven_title

TAP the ROOTS

天国への階段~欲しいものだけを手にしようとした女性の歌

2014.03.27

70年代のロックソングの中で、シングルカットされることなくバンドの代表曲となったものといえば、この歌だろう。
1971年にレッド・ツェッペリンが発表した4枚目のアルバムに収録されている。
(このアルバムは『Led Zeppelin IV』と呼ばれているが、実際には名前がない。)

1546141_598825070189989_2102535239_n
詩を書いたのはボーカルのロバート・プラント。
彼は何度も何度もその詩の意味を尋ねられることになる。

「抽象的な詩だよ。その日その日で、違った意味に取れるのさ」

彼ははっきりと語らないが、この歌では女性が天国に行くために必死で金を溜め込む。
そして彼女はその金が無意味だったということを知る。

プラントもその部分だけは認めている。

「そう。与え返すことをせず、欲しいものだけを手にしようとした女性」の歌だと。


1557613_598824920190004_1068906284_n


Led Zeppelin『Led Zeppelin IV』
ワーナーミュージック・ジャパン

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the ROOTS]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑