宮内 健

1971年東京都生まれ。ライター/エディター。
『バッド・ニュース』『CDジャーナル』の編集部を経て、フリーランスの編集/ライターに。以降『bounce』編集長、東京スカパラダイスオーケストラと制作した『JUSTA MAGAZINE』編集などを歴任し、 2009年にフリー・マガジン『ramblin'』を創刊。並行してイベントのオーガナイズ、 FM番組構成/出演など、さまざまな形で音楽とその周辺にあるカルチャーの楽しさを伝えている。

宮内 健 が最近聴いてるアルバム

宮内 健 の記事一覧

TAP the NEXT

カネコアヤノ──インディー・シーンで注目のシンガー・ソングライター、新章突入の充実作

2012年に自主制作によるCD『印税生活』を発表し、2014年にはアルバム『来世はアイドル』でデビューした、カネコアヤノ。弾き語りとバンド形態によるライブ活動を…

TAP the NEXT

グッドラックヘイワ──ピアノとドラム(と口笛)でめくるめく音楽体験へと誘う奇才デュオ

転がるように旋律を奏でながらカラフルな色彩を描いていくピアノ。多様なリズムを背景に縦横無尽にビートを生み出していくドラム。そして牧歌的な口笛のメロディ──シンプ…

TAP the NEXT

中山うり──ボーダレスでカラフルなサウンドで描く、11篇の歌物語

これは夢の入り口か 音楽隊はうたう 白い花で顔をうずめて僕はいくよ 誰かが呼んでいる 僕の名前を まぶしいよ ああ疲れたなあ 少し眠らせて (「夢ノイリグチ」よ…

Extra便TAP the NEXT

FEELIN’ FELLOWS 2018──ジャンルや世代を超越した、自由で型破りな新しい形のパーティ

下北沢駅を降りて南口商店街を代沢三叉路まで下ると、茶沢通りにぶつかる。そこから三軒茶屋方面にしばらく歩いたところにあるビルの地下に、〈SHIMOKITAZAWA…

TAP the NEXT

ルードボーンズ──結成25周年の節目に完成させた、これぞスカコアの真骨頂!な新作アルバム

今年結成25周年という節目を迎えたスカコア・バンド、ルードボーンズ(RUDE BONES)。Okawa(ボーカル、サックス)を中心に結成されたこのバンドは、長き…

TAP the NEXT

asuka ando──ラヴァーズ・ロックを素地に甘く切ないアーバン・ポップを描く注目の女性シンガー

ラヴァーズ・ロックを素地に甘く切ないアーバン・ポップを描いていくシンガー・ソングライター〈asuka ando〉。以前にも本コラムで紹介したことがある彼女だが、…

Extra便PICK UP

バンバンバザール──福岡に拠点を移して広がった歌と表現、5年ぶりの新作とバンドの現在について訊く

1990年の結成以来、全国各地をツアーで駆け回ってきた〈バンバンバザール〉。ジャグ・バンドとしてスタートし、ジャズ、ジャンプ・ブルース、フォーク、カントリー、ラ…

TAP the NEXT

NakamuraEmi──憂いや想いを赤裸々に吐き出す歌、注目のシンガー・ソングライター待望の新作

立ち上がるんだ 敵はそいつじゃない 立ち上がるんだ 傷が痛いけど 立ち上がるんだ 本当はおっかないけど もう少しなんだ 守るものができそうなんだ 汚い空気も吸っ…

TAP the NEXT

SOLEIL──60年代サウンドをとことん追求!14歳の歌姫を擁する話題のポップ・バンド

恋するギター 夢見心地の メロディ 歌わせて 恋するギター 夜空の星に 輝く アルペジオ マイナー 気分も メジャーセブン 包み込んで 今 この時の ときめきよ…

TAP the NEXT

クォーター・トゥ・アフリカ/ギリ・ヤロ──イスラエル発、ファンクを経由しアフリカのルーツを新解釈する注目の2組

このコーナーでもたびたび紹介してきた、イスラエル発の音楽。今回はともにファンクやジャズを経由しつつ、アフリカのルーツに新たな解釈を加えて、オリジナルなサウンドを…

TAP the NEXT

優河──注目のシンガー・ソングライター、表現者としての変化の萌芽を感じさせる2ndアルバム

あの夜に消えた あなたとの魔法 風がさらっていった あの唄みたいに 降りしきる雨が 突然止んで 虹も出さずに乾いた いつかの空に似ていた (「魔法」より) 20…

TAP the NEXT

Rei──話題のシンガー・ソングライター/ギタリスト、カラフルな魅力を音と映像で凝縮した意欲作

TAP the POPではおなじみのシンガー・ソングライター/ギタリスト、Rei。昨年は国内外問わず数多くのフェスに出演してきた彼女だが、中でもフランス・ベルフ…

TAP the NEXT

ジュリアン・ラージ──アメリカーナを新たな次元へと牽引する、若き俊英ジャズ・ギタリストの新作

1987年生まれ現在30歳のジャズ・ギタリスト、ジュリアン・ラージ(Julian Lage)。4歳の時に父親からギターを与えられた彼はメキメキと腕を上げ、なんと…

TAP the NEXT

ゴーゴー・ペンギン──エレクトロニカからの影響を卓越した演奏でジャズと融合させるUKピアノ・トリオ

マンチェスターの王立ノーザン音楽大学で知り合ったクリス・アイリングワース(ピアノ)とロブ・ターナー(ドラム)、そしてリーズ音楽大学でジャズを学んでいたニック・ブ…

TAP the NEXT

THE STARBEMS──雑多なサウンドに貫かれた、自由なPUNKのアティテュード

Hey ho! When you get bored You’re the one who breaks the rules Let’s go! Open th…

TAP the NEXT

ジェントル・フォレスト・ジャズ・バンド──総勢21名の個性あふれるビッグバンドが、ついにメジャー・デビュー!

在日ファンクのトロンボーン奏者としても活躍するジェントル久保田。彼がコンダクターとして指揮を執るスウィング・ジャズ・オーケストラが、ジェントル・フォレスト・ジャ…

TAP the NEXT

比屋定篤子──沖縄を拠点に活動するシンガー・ソングライター、20年の足跡を総括する充実作

1997年にシングル「今宵このまま」でメジャーデビューし、『のすたるじあ』『ささやかれた夢の話』『Lua laranja』と傑作アルバムを発表してきたシンガー・…

TAP the NEXT

mei ehara──辻村豪文(キセル)が初プロデュースを手がけた、大注目の新鋭シンガー・ソングライター

時は二度と戻らない 髪も切れば くる疼き 投げた賽も下を向いて 涙流す挨拶もある 巡る度もつれた糸 逸れた目に代わる 飛び乗っても枯れて沈む 葉の船では頼りない…

TAP the NEXT

キティー・デイジー&ルイス──ルーツ音楽の影響をサウンドに込めてきた3人姉弟、原点回帰のアルバム

ヴィンテージなサウンドへのこだわりと、ルーツ・ミュージックへの愛情にあふれていながら、どこか現代的な軽やかさを感じさせる音楽──長女のデイジー、長男のルイス、次…

TAP the NEXT

キセル──新たな側面を窺わせながらドリーミーな音世界をより濃密に描いていく3年ぶりの新作アルバム

下り電車は今日も 憂いを運んで 新しい物語りを 紐解くみたいに 夕闇 浮かぶ富士の 山をみていたら 地球の回る音が 聴こえた気がした 今日 一日と 何処までもゆ…

スポンサーリンク

1 / 1512345...>>
Pagetop ↑