「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

宮内 健

1971年東京都生まれ。ライター/エディター。
『バッド・ニュース』『CDジャーナル』の編集部を経て、フリーランスの編集/ライターに。以降『bounce』編集長、東京スカパラダイスオーケストラと制作した『JUSTA MAGAZINE』編集などを歴任し、 2009年にフリー・マガジン『ramblin'』を創刊。並行してイベントのオーガナイズ、 FM番組構成/出演など、さまざまな形で音楽とその周辺にあるカルチャーの楽しさを伝えている。

宮内 健 が最近聴いてるアルバム

宮内 健 の記事一覧

TAP the NEXT

キミーゴ a.k.a. qimygo──ジャマイカ音楽を素地に、等身大のポップスを綴っていく女性SSW

 キーボードの弾き語りスタイルで、ラヴァーズ・ロックに根ざしたポップ・ミュージックを紡いでいく、シンガー・ソングライター〈キミーゴ a.k.a. qimygo〉…

TAP the NEXT

青木慶則──HARCOとしての20年間に区切りをつけ、本名で新たな一歩を踏み出した充実の1stアルバム

心の紐だけはきつく結んで いつでも外へ何も持たずに 飛び出せる支度はできてるかい 白い器を君は見つめる ほんの一瞬の木洩れ陽に気付けたら 出かけよう (「支度」…

TAP the NEXT

畠山美由紀──冨田恵一をプロデュースに迎え、カラフルな装いで表情豊かな歌声を聞かせる充実のアルバム

 時に清廉で、時に妖艶で、時に敬虔で──巧みなボーカル表現の中に、女性のありとあらゆる表情を投影していくような。畠山美由紀の歌声を聴くと、その美しさにうっとりと…

TAP the NEXT

中村佳穂──底知れぬ才気に満ちあふれた、新鋭シンガー・ソングライターの傑作アルバム

有名に 繰り上がる頃には 誰かの悪者になるのかな。 いつか見たその先を覗いたよ、食う寝る いい日に生きて、あの感じになろうね 頑張りが認められる頃には 誰かと比…

Extra便

松重 豊 スペシャル・インタビュー【後編】音楽好きとしての飽くなき好奇心 そして、甲本ヒロトとの友情を語る

「超」がつくほどの音楽偏愛俳優・松重豊さん。彼がパーソナリティを務めるラジオ番組『深夜の音楽食堂』(Fm yokohama・毎週火曜深夜0:30より放送中)は、…

TAP the NEXT

小池龍平──畠山美由紀、bonobosなどで活躍する「リズム・ギタリスト」心地良さ満点のソロ作

1978年東京生まれの彼は、大学在学中にブラジル音楽をはじめ各地の黒人音楽に惹かれて、リズムギターに傾倒していったという。2003年にはシンガーのLica、ベー…

Extra便

松重 豊 スペシャル・インタビュー【前編】パンクからはじまった音楽遍歴と、音楽でつながる家族の絆を語る

ドラマ『孤独のグルメ』をはじめ、テレビ、映画、舞台と八面六臂の大活躍をみせる俳優・松重豊さん。実は無類の音楽好きだってご存知でしたか?  松重さんがパーソナリテ…

Extra便

TAP the POPがセレクトするクリスマス・ソング〈裏〉名曲を一挙紹介!

街はクリスマス・ムード一色。あちこちからクリスマス・ソングが流れてきますが、いつも同じ曲ばかり流れてきてちょっと食傷気味という方も多いのでは? そんなアナタに、…

TAP the NEXT

Saigenji──ブラジル音楽を軸に、ポップスの新たな地平を切り拓くシンガー・ソングライターの新作

 ブラジル音楽や南米のフォルクローレを基軸に置きながら、音の海を自由に泳ぎ渡るように表現していくシンガー・ソングライター、Saigenji(サイゲンジ)。  1…

TAP the STORY

ニューヨークの夢

クリスマス・イヴの夜だっていうのに 酔いつぶれてトラ箱の中 先に檻の中に入ってた爺さんは 「もう、飲めねぇよ…」と俺に向かってつぶやいた 爺さんが歌い出した「T…

TAP the NEXT

ブラッデスト・サキソフォン──結成20周年を迎えたジャンプ・ブルースの雄、テキサス録音の傑作を発表!

 テナーサックス奏者・甲田‘ヤングコーン’伸太郎を中心として1998年に結成されたジャンプ・ブルース・バンド、ブラッデスト・サキソフォン(BLOODEST SA…

TAP the STORY

オーティス・レディング〜フェードアウトしていく口笛に残された「未来」

1967年12月10日、バーケイズのメンバーとともにツアー中だったオーティス・レディングは、次の公演地であるウィスコンシン州マディソンへと向かう途中、自家用飛行…

1 / 2812345...>>

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ