宮内 健

1971年東京都生まれ。ライター/エディター。
『バッド・ニュース』『CDジャーナル』の編集部を経て、フリーランスの編集/ライターに。以降『bounce』編集長、東京スカパラダイスオーケストラと制作した『JUSTA MAGAZINE』編集などを歴任し、 2009年にフリー・マガジン『ramblin'』を創刊。並行してイベントのオーガナイズ、 FM番組構成/出演など、さまざまな形で音楽とその周辺にあるカルチャーの楽しさを伝えている。

宮内 健 が最近聴いてるアルバム

宮内 健 の記事一覧

nanook2

TAP the NEXT

ナヌーク──叙情的な美しいメロディを聴かせる、北極圏グリーンランド発のロック・バンド。

北極海と北大西洋の間にある世界最大の島、グリーンランド。北極圏に属したこの地域から音楽を発信しているロック・バンドが〈ナヌーク〉だ。 クリスチャンとフレデリック…

moretheman_b

TAP the NEXT

MORE THE MAN──冷牟田竜之が20代のミュージシャンたちと結成したスカ・バンド

ブルー・トニック、東京スカパラダイスオーケストラの活動で知られるミュージシャン、冷牟田竜之。2008年にスカパラを脱退後、2010年にはウエノコウジ(the H…

nika-gfjb-banner

Extra便

【インタビュー】二階堂和美 with Gentle Forest Jazz Band ──無二の存在感を放つシンガーとビッグバンド、奇跡のケミストリー

1997年よりシンガー・ソングライターとしてのキャリアを始動。2011年発表のオリジナルアルバム『にじみ』が高い評価を集め、さらに2013年公開のスタジオジブリ…

story_170114

TAP the STORY

ジョージ・マイケル──ポップスターの顔と、表現者としてのジレンマに揺れた27歳

君に理解してほしい ショウを終える時間が来たことを 僕の心の奥底に 忘れていた誰かがいたことを 写真立ての中から取り出して 僕はもう二度と戻らないと思ってほしい…

benlon

TAP the NEXT

ベン・ロンクル・ソウル──フランスの気鋭ソウル・シンガー、シナトラ名曲を大胆に蘇らせるトリビュート

2008年にモータウン・フランスと契約したシンガー、ベン・ロンクル・ソウル。ホワイト・ストライプスやケイティ・ペリーのヒット曲を、ダンサブルなソウル・ミュージッ…

emasolo

TAP the NEXT

エマーソン北村──多くのアーティストから信頼を集めるキーボード奏者、2年ぶりのソロ・アルバム

JAGATARAやMUTE BEATでの活動をはじめ、忌野清志郎&2・3’s、EGO-WRAPPIN’、斉藤和義、キセル、シアター・ブルッ…

dopedup-banner

TAP the NEXT

ドープト・アップ・ドーリーズ──スカ/レゲエを基軸に自由なサウンドを展開する、美麗ガールズ・トリオ

ボストンのベテラン・スカパンク/ネオスカ・バンド〈ビッグD&ザ・キッズ・テーブル〉のバックボーカルとしてスタートしたガールズ・ボーカル・グループ〈ドープト・アッ…

story_161224_2

TAP the STORY

ニューヨークの夢

クリスマス・イヴの夜だっていうのに 酔いつぶれてトラ箱の中 先に檻の中に入ってた爺さんは 「もう、飲めねぇよ…」と俺に向かってつぶやいた 爺さんが歌い出した「T…

%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%80%802016%e7%a7%8b-1-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

TAP the NEXT

フィロソフィーのダンス──ファンク/ソウル好きにこそ聴いてほしい!期待の4人組アイドル・グループ

TAP the POPの読者には「アイドル」というだけで拒否反応を示してしまう方も多いかもしれないが、まずは騙されたと思って、この曲を聴いてみてほしい(水着姿の…

rulers-bnner

TAP the NEXT

Okawa & The Rulers──世界中のルードな音楽を呑み込んだ、男のロマンがほとばしる怪作

サックス奏者であり、ジャズシンガーakikoなどを手がける音楽プロデューサーとしても手腕を発揮、さらには〈Okawa78〉名義で世界でも類を見ないSPレコードに…

story_161210

TAP the STORY

オーティス・レディング〜フェードアウトしていく口笛に残された「未来」

1967年12月10日、バーケイズのメンバーとともにツアー中だったオーティス・レディングは、次の公演地であるウィスコンシン州マディソンへと向かう途中、自家用飛行…

timers_banner

TAP the NEXT

玉手初美──アンプ直結のフェンダー ムスタングをかき鳴らし激情を叫ぶ、女性シンガー・ソングライター

まずはこの映像を観てほしい。 フェンダー ムスタングをマーシャルアンプに直結して、やり場のない怒りや悲しみをギターとマイクロフォンにぶつける──ロックンロールに…

timers_banner-1

Extra便PICK UP

ザ・タイマーズ──秘蔵映像に生々しく記録された、熱狂の学園祭ライブ

先日リリースされた『ザ・タイマーズ スペシャル・エディション』は、1989年11月に発表されたファースト・アルバム『ザ・タイマーズ』の内容に加えて、未発表音源や…

名称未設定

TOKYO音楽酒場

【2軒目】渋谷・MILLIBAR──音楽好きに長く愛され続ける、都会のオアシス

いい音楽が流れる、こだわりの酒場を紹介していく連載「TOKYO音楽酒場」。第二回目に訪れたのは、渋谷の喧噪から少し離れたところに20年前から店を構える、レゲエ/…

keishitanaka_3rd-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

TAP the NEXT

Keishi Tanaka──多彩なコラボを経て表現の幅を広げたシンガー・ソングライター、待望の新作

2011年にriddim saunter解散後、ソロ・アーティストとして活動するKeishi Tanaka(ケイシ・タナカ)。2015年までに『Fill』と『A…

conbrio-banner

TAP the NEXT

コン・ブリオ──フジロックで大きな反響を呼んだ、7人組のソウル・バンド

Con brio──音楽の発想標語の「活き活きと」「生気に満ちて」という言葉をバンド名に冠した7人組のソウル・バンド〈コン・ブリオ〉。 長いキャリアを持つドラマ…

organbar_6326-640x360

TOKYO音楽酒場

【25軒目】渋谷・Organ bar──宇田川町の中心でレコード文化の変遷を見守ってきたナイトクラブ

いい音楽が流れる、こだわりの酒場を紹介していく連載「TOKYO音楽酒場」。今回は渋谷・オルガン坂にある、20年以上の歴史を誇るナイトクラブにご案内。有名DJも数…

alabama-shakes-photo-640x360

TAP the NEXT

アラバマ・シェイクス──4年ぶりの来日公演も間近!グラミー4部門受賞のインディー・バンド

「カーティス・メイフィールド の『スーパーフライ』にデイヴィッド・アクセルロード、ギル・スコット=ヘロンのミニマル感………そういった音楽の細部に至…

profile-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

TAP the NEXT

T字路s──名曲の数々をブルーに染め上げる激情カバー集と個性派映画主題歌

ボーカル/ギターの伊東妙子(ex.DIESEL ANN)と、ベースの篠田智仁(COOL WISE MAN)によるT字路s。胸を鷲掴みにするような伊藤のシャウトと…

img_8289-2-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc-2

TAP the DAY

泉谷しげる、ザ・タイマーズ、ボ・ガンボス、山口冨士夫が一堂に会した、伝説の学園祭ライブ

1988年11月13日──その年の9月に昭和天皇の重体が報じられ、ニュースでは陛下の下血量が随時速報されていた時期。世間には自粛ムードが少しずつ漂いはじめていた…

スポンサーリンク

1 / 1112345...>>
Pagetop ↑